横浜市、APECに合わせ下水管理技術をアピール 今後の水ビジネスとして下水管理市場も注目

[ 2010/11/11 ]


11月8日、9日、横浜市で開催されるAPECの取材で来日中の海外マスコミ関係者が同市の下水処理施設を視察した。海外の水ビジネスというと上水道に目が行きがちであり、自治体などによる海外進出の動きも、上水道システムに偏重している傾向がある。しかし、水害などに悩むアジア諸国の間では、下水管理技術への潜在需要は大きいと見られている。


今回視察の対象となったのは、横浜市港北区の下水処理施設「港北水再生センター」。この施設で処理された下水が日産スタジアムに送られ、冷暖房の熱源に利用されているという説明などが行われたようだ。
横浜市では、これまでも海外技術者の受け入れに力を注いでおり、昨年度は国際協力機構を通じ、中国、韓国などから300人以上の研修生を受け入れている。とくに注目の高い技術は汚水から窒素、リンを除く高度処理や、下水や汚泥から発生するガスを利用した発電などのシステムだという。

アジアなどのインフラがまだ不十分な諸国では雨水と汚水が分離されずに流れてしまう「合流式下水」となっており、衛生面での懸念が大きい。近年は異常気象による豪雨なども相次ぎ、日本の雨水と汚水を分離する分流式による下水管理技術に注目が集まっている。自治体の水ビジネスへの進出が活発となっているが、今後は上水だけではなく、下水管理市場にも注目が集まりそうである。


関連する記事

アーカイブス

大阪水上バス アクアライナー「お花見ナイトクルーズ」運航 4/5まで

大阪水上バス アクアライナー3/26〜4/5限定「お花見ナイトクルーズ」運航 (参照:ラグナシア 冬季限定イベ [&he・・・

記事全文

ナイキ 新たな企業宣言を策定 北極海航路不使用の立場を明確化

ナイキ コーポレイトプレッジを策定 北極海航路の不使用を宣言 (参照:サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲 [&he・・・

記事全文

スウェーデン SmartShakeシリーズの新製品が日本初上陸

スウェーデン 大人気シェーカー「SmartShake」シリーズ新作が日本上陸 (参照:セブンイレブン ジェイデ [&he・・・

記事全文

東京五輪 会場内へペットボトルの持ち込み容認か

2020年東京五輪 熱中症リスク軽減のためペットボトルの持ち込み容認か  (参照: サンフランシスコ空港 ペッ [&he・・・

記事全文

三浦工業(株) バラスト水処理装置が米認証取得、米国への寄港可能に

浦工業(株) バラスト水処理装置が米国沿岸警備隊の認証取得、米国への寄港可能に (参照:サンフランシスコ空港  [&he・・・

記事全文

ラグナシア 冬季限定イベントに水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場

ラグーナテンボス ラグナシア園内 水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場 (参照:山陰海岸ジオパ [&he・・・

記事全文

国土交通省 内水氾濫のハザードマップ作成を自治体に求める

国土交通省 内水ハザードマップ作成を自治体に求める (参照:首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献)

記事全文

防災科学技術研究所 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験

防災科学技術研究所と一条工務店 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験 (参照:四日市市 応急給水栓として水供給でき [&he・・・

記事全文

長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活用した実証実験をスタート

長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活用した実証実験をスタート NTT東日本が協力 (参照:(株)Rist AI [&he・・・

記事全文

日立 国内の上下水道向け水処理機械設備の新設・更新事業を子会社に譲渡

(株)日立製作所 水処理機械設備の新設・更新事業を(株)日立プラントサービスに譲渡 (参照:日立 10月に高硬 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR