南アフリカ共和国、ダーバン市 水資源資源の節約へ、トイレの節水のために「尿買取プロジェクト」開始

[ 2010/11/15 ]


南アフリカ共和国は水資源が少なく、「水ストレス受けた国」と評される。現在、同国のダーバン市では、水を使用しないドライトイレ普及促進のために、「尿買取プロジェクト」が開始されようとしている。


ダーバン市では、各家庭の空き地にドライトイレ9万個を設置している。今後は500個のトイレに尿をためるための20リットルタンクを設置する予定だという。この尿は週1回集められ、各家庭に30ランド(約350円)で買取られるという。国民の半数近くが週2ドル以下で生活している南アフリカではこの金額は馬鹿にできないものだ。買取られた尿はリン、カリウムを多く含むため、肥料の原料として転用される予定だ。

ドライトイレには使用のたびに、砂をかけなければならない上に、尿と糞便を別々にしなければいけないなど手間がかかる欠点がある。更にタンクは定期的に空にしなければならない。このような不便さから都市部などでは敬遠され、お金ができると人々は浄化槽を買ってドライトイレを使用しなくなる。今回の尿買取プロジェクトはそのドライトイレ使用を促進するための方策である。


ダーバン市では2002年にコレラの流行があり、衛生面での欠陥を露呈している。同市は首都ヨハネスブルグに次ぐ大都市で、当時の人口は400万人。当時のトイレを使用してない市民はその人口の25%である約100万人と推計されている。完全な衛生システムの導入と、水資源の節約という妥協から同市はドライトイレを推進している。この尿買取プロジェクト関係者からは「飲料水需要が増加するなかで貴重な水をトイレに流すことはできない」という声も上がっており、同国の水事情がしのばれる話である。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR