交換時期を迎えた水道管 対応追いつかずトラブル続く

[ 2017/02/20 ]


全国で老朽化した水道管が原因の水のトラブルが増加している。
(参照:JSWA 下水道全国データベース(G-NDB)を民間事業者等にも開放すると発表

Image from Sig.

 

水道管が破裂して周辺を冠水させる、マンホールから水が噴出すなど、ニュースになるトラブルの原因は水道管の老朽化であることが多い。

現在、日本の水道管の大部分は高度経済成長期にまでに設置されており、その距離は約8万キロに上る。そして設置から約40年経った現在、それらの水道管が交換の必要な時期を迎えているが、交換が進んでいないのが実情だ。

この原因は、大都市ではガス管等、他のインフラ管とのからみで交換に手間と時間がかかるということ、人口が多く工事時間が夜間に限られるなどの理由がある。また地方では、人口減少により水道料金収入の減少があり、水道管交換に当てる予算の捻出が厳しいという事情がある。

また、水道管交換以外の方法でトラブルを防止する技術や水道管自体の性能を上げる開発も進んでいるが、続発しているトラブルには追いつけていない。さらには、クローズアップ現代で紹介された秩父市のように、水道管のあり方自体についての見直しを行う自治体もあり、日本中の自治体が老朽化した水道管への対応に頭を抱えている。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR