北九州市 北九州市海外水ビジネス推進協議会が派遣団 ベトナム・ハイフォン市、水ビジネス進出へ

[ 2010/11/17 ]


2010年11月23日に、北九州市は、ベトナム・ハイフォン市に水技術を売り込む初の派遣団を送り込む。北九州市は官民一体でアジアなど新興国への水ビジネスの進出を目指すため、本年8月に「北九州市海外水ビジネス推進協議会」を発足させている。(参考:北九州市も海外水ビジネス参入 地元企業と「北九州市海外水ビジネス推進協議会」発足)今回の派遣団は同協議会の海外進出に関する初ミッションとなる。

ベトナム

今回の派遣団は8月に発足した「北九州市海外水ビジネス推進協議会」の加盟企業を中心に地元民間企業約10社が参加。水処理メーカ、設計関係の企業がその中心となる。現地到着後は、北九州市幹部がハイフォン市水道公社との関係を強化をはかるとともに、ベトナムで開催される全国規模の上下水道関連の展示会に出展。更に、商談を行う予定となっている。

ベトナムのハイフォン市は、人口185万人でベトナム第三の都市。ハノイ、ホーチミン市と並ぶ、ベトナムの中央直轄市である。北九州市とは2009年4月に友好交流協定を締結している。ベトナムの水ビジネス市場は、経済成長の潜在力、人口規模などから、今後も大きな発展が見込まれている。(参考:日メコン首脳会議にて、経済発展の協力に関する共同声明発表。緑化、水資源管理などを盛り込む

水ビジネスは、日本の国家成長戦略の柱と目されているものであるが、ここにきて、各自治体、企業と官民の海外水ビジネスへの進出はいっそう過熱化しているようだ。


関連する記事

アーカイブス

いちごホールディングス 地下水探査新システムの開発に成功、販売へ

いちごホールディングス 地下水探査の新システムの開発に成功、探査範囲拡大へ (参照:JAXA、はやぶさ2「リュ [&he・・・

記事全文

横浜ウォーター JICAから水道事業支援プロジェクトを受注 南アの水道事業を支援

横浜ウォーター 南アフリカ共和国の水道事業支援プロジェクトをJICAから受注 (参照:安全な水をマダカスカルの [&he・・・

記事全文

双葉地方水道企業団 福島の安全な水をPR「ふくしま木戸川の水」発売

双葉地方水道企業団 福島の安全な水をPRする「ふくしま木戸川の水」約2万本を発売 (参照:水道水を充填したペッ [&he・・・

記事全文

株式会社MTG 「SIXPAD」シリーズに水を使った新たなトレーニングアイテムを発売

株式会社MTG  「SIXPAD」シリーズに新たなトレーニングアイテム、水で身体を鍛える「SIXPAD Wat [&he・・・

記事全文

株式会社ファーストリテイリング ジーンズの加工時の水使用量を最大99%削減

「ユニクロ」の株式会社ファーストリテイリングがジーンズ加工時の水使用量を9割以上削減する技術を開発 (参照:ト [&he・・・

記事全文

高知 豪雨対策に地下に巨大貯留管を整備

高知市、豪雨対策として江ノ口地区北部の地下に大規模貯留管を整備  (参照:現代につながる江戸時代からの上水)

記事全文

デンマーク 雨水を循環させて環境に役立てながら洪水を防止する画期的な歩道塗装を採用

デンマークの首都コペンハーゲンで雨水を自然循環させながら洪水を防止する歩道塗装を採用 (参照:運河の大掃除!オ [&he・・・

記事全文

関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2024年6月から一般開放へ

関西電力、富山県と「黒部ルートの一般開放・旅行商品化に関する協定」締結。2024年6月から黒部ルート一般開放へ [&he・・・

記事全文

JR東海 リニアトンネル工事に伴う大井川水系流量問題で妥協案

JR東海、リニア新幹線南アルプストンネル静岡工区の大井川水系流量問題で妥協案 (参照:現代につながる江戸時代か [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、小学生向け出張「水育」授業~こどもSDGsスクール~

アサヒ飲料が小学生にSDGsの観点から「水育」の出張授業を行う (参照:アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「ア [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR