北九州市 今後は人口減少により水関連インフラ維持が困難に。海外水ビジネスに活路 北九州市立大などが研究発表会

[ 2010/11/19 ]


2010年11月18日、北九州市立大アクア研究センター同市環境科学研究所による水環境問題水ビジネスの展開などについての合同研究発表会が開催された。尚、発表会は2年前から毎年開催されている。

今年の発表会では北九州市立大教授など5人が発表。アクア研究センター長で、流域水マネジメント、都市における水代謝、水環境保全が専門である楠田哲也教授からは、海外水ビジネスの展開により地元経済の活性化の可能性が強調されたようである。同教授は、北九州市の抱える水問題についても指摘。人口の減少により水関連インフラ維持が困難になるという点、また大陸からの黄砂が環境悪化を進行させる危険性も上げた。人口減少と水関係インフラの老朽化は北九州市だけではなく、多くの自治体が抱える問題でもある。

(参考:日本総合研究所 全国自治体に、今後の上水道事業の経営課題をアンケート調査

その上で、同教授は、水ビジネスの進出による地域産業の活性化に言及した。公害対策、上下水道などの設備だけではなく広範な環境分野での国際協力の必要性を主張。海外への水ビジネスを展開し、その技術を地元企業が販売することが重要であると主張した。

尚、北九州市では、北九州市海外水ビジネス推進協議会による海外水ビジネスの展開が進められており、ベトナムへの進出に関しても今月発表があったばかりである。(参考:北九州市 北九州市海外水ビジネス推進協議会が派遣団 ベトナム・ハイフォン市、水ビジネス進出へ)


関連する記事

アーカイブス

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、「ラベルレス」ミネラルウォーター発売。環境負荷軽減。

アサヒ飲料、商品にロールラベルをつけない(ラベルレス商品)「アサヒおいしい水 天然水 ラベルレスボトル」を発売 [&he・・・

記事全文

日東電工、滋賀事務所において今後5年以内に、「循環型グリーン工場」を目指す

日東電工、滋賀事務所において自社逆浸透膜技術を活用し、今後5年以内に「循環型グリーン工場」を目指す (参照:ラ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR