日立プラントテクノロジー、中国西部大手水ビジネス企業グループ興蓉集団と事業協定 水ビジネスのグローバル化加速

[ 2010/11/22 ]


2010年11月22日、株式会社日立プラントテクノロジーが、中国西部地区大手の水ビジネス企業グループ興蓉集団(成都市興蓉集団有限公司)と水環境ソリューションの事業協定に関する覚書を締結したと発表があった。今後は、この協定により、日立製作所、日立プラントテクノロジー、興蓉集団は連携し、中国、更には東南アジア、中東などグローバルな水ビジネスの拡大を図っていくという。


興蓉集団は、中国西部地区12省区において大手の国営水ビジネス企業グループである。水事業関連の事業範囲は、上下水道事業の投資、融資、設計から製造、管理、運営に及ぶ。上水処理施設は3箇所保有し、給水能力は178万立方メートル/日であり、給水人口は450万人となる。下水処理施設は9箇所保有し、処理能力は150万立方メートルとなる。

今回の提携により、日立グループの水ビジネス分野における高い技術力とグローバルネットワークと、興蓉集団の中国国内における水ビジネスに関する各種ノウハウを融合することで、水関係ソリューションビジネスの拡大を図っていく予定だ。具体的には、2011年には、中国西部地区の上下水処理施設の新設・改造に伴う建設・運営・公的機関への譲渡などのプロジェクトが計画されている。このため、日立グループと興蓉集団により、共同で特別目的会社が設立される。

更にはこの会社を基点とし、中国における水ビジネスを展開し、日立グループの提唱する「インテリジェントウォーターシステム」も適用していく計画となっている。「インテリジェントウォーターシステム」とは、IT技術を活用した水循環の効率化を実現するシステムである。

日立グループでは世界的な水需要の逼迫(ひっぱく)、水問題の顕在化が懸念される中で、水ビジネス分野を強力に推進してく方向となっている。そのため2010年6月には「水環境ソリューション事業統括本部」は日立の社長直轄の組織として設立されている。先月は、中国大連市における協業のニュースもあった。(参考:日立製作所、水資源の高度利用、資源リサイクル事業で中国・大連市と協業

今後は、中国、東南アジア、中東などの新興国を中心に、最先端をいく水循環システムと、ITと融合させてトータルソリューションビジネスの拡大を目指すとのことである。


関連する記事

アーカイブス

現代につながる江戸時代からの上水

かつて世界最大の都市であった江戸から現代の東京に受け継がれている上水 (参照:東京都水道局、「東京水」のデザイ [&he・・・

記事全文

炭酸水・強炭酸の人気は定着化のきざし

炭酸水・強炭酸飲料は一過性のブームに留まらず、日常生活に溶け込みつつある。 (参照:サントリー食品インターナシ [&he・・・

記事全文

大阪の水族館「海遊館」 海水運搬船の座礁で海水供給ストップ

大阪の水族館「海遊館」、海水運搬船が座礁したため海水の供給がストップし人工海水で飼育 (参照:福島第一原発、台 [&he・・・

記事全文

水道水を充填したペットボトル水のモンドセレクション受賞が盛んに

日本の各水道事業体が発売しているペットボトル水が好評価を得ている。 (参照:日本の名水百選)[ 2018/10/11 ]

記事全文

水道法改正はあるのか

7月の国会を賑わせた水道法改正。今後、水道事業の民営化が進むのか注目が集まる。 (参照:株式会社日立製作所が2 [&he・・・

記事全文

水の有効利用と食糧危機を救う技術『アクアポニックス』

古くからの歴史を持つ技術が人類を水環境問題や食糧危機から救う可能性を秘めている。 (参照:野菜の育て方を変える [&he・・・

記事全文

石狩川を氾濫から守った男、岡崎文吉

岡崎文吉の尽力無くして現在の石狩川はないとまで言われている。 (参照:米南部、記録的大雨で洪水。死者は少なくと [&he・・・

記事全文

運河の大掃除!オランダで3,300円の「ごみ釣り観光ツアー」が好評

オランダで運河のゴミを小型ボートに乗ってすくう「ごみ釣り観光ツアー」が人気 (参照:プラスチックごみもCO2排 [&he・・・

記事全文

関西電力 IoTと気象データを活用し水力発電の運用効率化の研究を開始すると発表

2018年9月18日、関西電力はIoTを活用した水力発電運用効率化技術の研究を開始すると発表した (参照 :荒 [&he・・・

記事全文

東北整備局 成瀬ダム本体の着工開始、国内最大の台形CSGに

2018年9月15日成瀬ダム本体が着工スタート、国内最大の台形CSGが2024年度竣工予定 (参照:荒瀬ダム国 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR