日立プラントテクノロジー、中国西部大手水ビジネス企業グループ興蓉集団と事業協定 水ビジネスのグローバル化加速

[ 2010/11/22 ]


2010年11月22日、株式会社日立プラントテクノロジーが、中国西部地区大手の水ビジネス企業グループ興蓉集団(成都市興蓉集団有限公司)と水環境ソリューションの事業協定に関する覚書を締結したと発表があった。今後は、この協定により、日立製作所、日立プラントテクノロジー、興蓉集団は連携し、中国、更には東南アジア、中東などグローバルな水ビジネスの拡大を図っていくという。


興蓉集団は、中国西部地区12省区において大手の国営水ビジネス企業グループである。水事業関連の事業範囲は、上下水道事業の投資、融資、設計から製造、管理、運営に及ぶ。上水処理施設は3箇所保有し、給水能力は178万立方メートル/日であり、給水人口は450万人となる。下水処理施設は9箇所保有し、処理能力は150万立方メートルとなる。

今回の提携により、日立グループの水ビジネス分野における高い技術力とグローバルネットワークと、興蓉集団の中国国内における水ビジネスに関する各種ノウハウを融合することで、水関係ソリューションビジネスの拡大を図っていく予定だ。具体的には、2011年には、中国西部地区の上下水処理施設の新設・改造に伴う建設・運営・公的機関への譲渡などのプロジェクトが計画されている。このため、日立グループと興蓉集団により、共同で特別目的会社が設立される。

更にはこの会社を基点とし、中国における水ビジネスを展開し、日立グループの提唱する「インテリジェントウォーターシステム」も適用していく計画となっている。「インテリジェントウォーターシステム」とは、IT技術を活用した水循環の効率化を実現するシステムである。

日立グループでは世界的な水需要の逼迫(ひっぱく)、水問題の顕在化が懸念される中で、水ビジネス分野を強力に推進してく方向となっている。そのため2010年6月には「水環境ソリューション事業統括本部」は日立の社長直轄の組織として設立されている。先月は、中国大連市における協業のニュースもあった。(参考:日立製作所、水資源の高度利用、資源リサイクル事業で中国・大連市と協業

今後は、中国、東南アジア、中東などの新興国を中心に、最先端をいく水循環システムと、ITと融合させてトータルソリューションビジネスの拡大を目指すとのことである。


関連する記事

アーカイブス

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、「ラベルレス」ミネラルウォーター発売。環境負荷軽減。

アサヒ飲料、商品にロールラベルをつけない(ラベルレス商品)「アサヒおいしい水 天然水 ラベルレスボトル」を発売 [&he・・・

記事全文

日東電工、滋賀事務所において今後5年以内に、「循環型グリーン工場」を目指す

日東電工、滋賀事務所において自社逆浸透膜技術を活用し、今後5年以内に「循環型グリーン工場」を目指す (参照:ラ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR