ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工場に導入、日本水環境学会の技術奨励賞を受賞。

[ 2017/06/27 ]


ライオン株式会社は自社で開発し、同社の千葉工場に導入した製造工程排水のリサイクル技術で、公益社団法人日本水環境学会の「技術奨励賞」を受賞した。
(参照:ライオン株式会社、「雨水有効活用のアイデアコンテスト2017」を全国の小学生・中学生を対象に開始。

image from ライオン株式会社のウェブサイト

ライオンは同社で掲げた環境目標、「Eco Vision 2020」の達成に向け、製造工程排水のリサイクル技術を開発、千葉工場への排水リサイクル設備を導入し、2016年より本格的に稼働している。この技術が洗剤製造工場における高い節水効果で水環境保護に貢献し、将来と期待される技術と認められ、公益社団法人日本水環境学会の「技術奨励賞」と受賞することとなった。

同社では特に水資源保護活動に力を入れており、節水に貢献する活動を推進している。工場において製造工程で多くの水が使用される為、使用後の排水をリサイクルして再利用すれば、節水効果が大きく、将来的に水環境課題の解決に貢献できると考えた。そこで、排水リサイクルシステムを開発、同社工場の中で水使用の最も多い千葉工場での導入に至った。

この千葉工場では、製造工程で発生していた排水の汚れ成分を除いて全量を繰り返し使用することが出来る。この排水リサイクルシステムによる水環境、水資源に配慮した取り組みは国内の日用品工場では初の取り組みということで期待と注目をされている。

このシステムの特徴はリサイクル用途に応じて設備洗浄用水とボイラー用水の2種類の設備に分け、それぞれで必要な水量や水質を設定できること。設備洗浄用水は、水道水の水質基準を準拠する必要があり、ろ過・活性炭・次亜塩素酸処理で基準に適合させた。ボイラー用水はそれより高い水質が要求される為、さらにカオチン交換樹脂処理とRO膜(逆浸透膜)処理を加えて水質基準を達成している。
このシステムは2016年1月の稼動開始から現在まで、年間の節水量は約4万㎥という成果を得ている。


関連する記事

アーカイブス

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」で大型の排水施設の出土を発表

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」東方官衙地区 大型の排水施設が出土 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所・・・

記事全文

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

WOTA(株) 環境省創設「環境スタートアップ事業構想賞」受賞

WOTA(株) 第1回環境スタートアップ大賞「環境スタートアップ事業構想賞」受賞 (参照:WOTA 自律分散型の水循環型・・・

記事全文

秋田県 水の効率化を図った発電 水力発電用新型水車の実証実験をスタート

秋田県 水力発電用新型水車の実証実験をスタート 水量効率化のため (参照:新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験・・・

記事全文

星野リゾート 「星のや 竹富島」で飲料水の自給をスタート

星野リゾート 「星のや 竹富島」で海水淡水化装置を利用した飲料水自給をスタート (参照:(株)星野リゾート 「星のや」ブ・・・

記事全文

西宮市 「給水スポット」設置へ 市役所本庁舎や公民館から

西宮市 「給水スポット」を市役所本庁舎や公民館に設置 プラ製品削減へ (参照:「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス・・・

記事全文

東京大学やNECネッツエスアイ(株)ら、水中ドローンでカキの養殖を見守る実証実験

東京大学やNECネッツエスアイ(株)ら、水中ドローンでカキの養殖環境を確認へ (参照:長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養・・・

記事全文

アサヒ飲料(株) ラベルレス飲料の単品販売をスタート タックシールに内容表示

アサヒ飲料(株) タックシール活用、転倒のラベルレス飲料の単品販売を開始 (参照:ビーテック(株) オリジナルラベルの炭・・・

記事全文

国土交通省 浸水リスクの高い区域の特定施設を建築許可制へ

国土交通省 「特定都市河川浸水被害対策法」改正へ動き 浸水区域の建築を許可制へ (参照:国土交通省 「水の里の旅コンテス・・・

記事全文

(株)マーフィード 洗車後の拭き取りが不要な超純水ユニットの販売を開始

(株)マーフィード 洗車後に水滴跡が残らない超純水ユニットの販売を開始 (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR