ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工場に導入、日本水環境学会の技術奨励賞を受賞。

[ 2017/06/27 ]


ライオン株式会社は自社で開発し、同社の千葉工場に導入した製造工程排水のリサイクル技術で、公益社団法人日本水環境学会の「技術奨励賞」を受賞した。
(参照:ライオン株式会社、「雨水有効活用のアイデアコンテスト2017」を全国の小学生・中学生を対象に開始。

image from ライオン株式会社のウェブサイト

ライオンは同社で掲げた環境目標、「Eco Vision 2020」の達成に向け、製造工程排水のリサイクル技術を開発、千葉工場への排水リサイクル設備を導入し、2016年より本格的に稼働している。この技術が洗剤製造工場における高い節水効果で水環境保護に貢献し、将来と期待される技術と認められ、公益社団法人日本水環境学会の「技術奨励賞」と受賞することとなった。

同社では特に水資源保護活動に力を入れており、節水に貢献する活動を推進している。工場において製造工程で多くの水が使用される為、使用後の排水をリサイクルして再利用すれば、節水効果が大きく、将来的に水環境課題の解決に貢献できると考えた。そこで、排水リサイクルシステムを開発、同社工場の中で水使用の最も多い千葉工場での導入に至った。

この千葉工場では、製造工程で発生していた排水の汚れ成分を除いて全量を繰り返し使用することが出来る。この排水リサイクルシステムによる水環境、水資源に配慮した取り組みは国内の日用品工場では初の取り組みということで期待と注目をされている。

このシステムの特徴はリサイクル用途に応じて設備洗浄用水とボイラー用水の2種類の設備に分け、それぞれで必要な水量や水質を設定できること。設備洗浄用水は、水道水の水質基準を準拠する必要があり、ろ過・活性炭・次亜塩素酸処理で基準に適合させた。ボイラー用水はそれより高い水質が要求される為、さらにカオチン交換樹脂処理とRO膜(逆浸透膜)処理を加えて水質基準を達成している。
このシステムは2016年1月の稼動開始から現在まで、年間の節水量は約4万㎥という成果を得ている。


関連する記事

アーカイブス

散水ショーで踊って盛り上がろう。東京ディスニーランドで「ディズニー夏祭り2017」が開催。

散水ショーでびしょ濡れ必至。東京ディスニーランドで日本の祭りをアレンジした「ディズニー夏祭り2017」がスター [&he・・・

記事全文

第一原発トリチウム水の処分に苦慮。「海洋放出」発言に波紋も。

東京電力福島第一原発のトリチウム水処理に苦慮。汚染水処理の道は厳しい。 (参照:東京電力 地震で核燃料プールの [&he・・・

記事全文

ビヨンセがユニセフ(国連児童基金)とパートナーシップを組み、アフリカ、ブルンジに安全できれいな水を提供。

米国出身の世界的歌手、ビヨンセがユニセフと組んでアフリカ、ブルンジに安全な水と衛生環境を提供した。 (参照:イ [&he・・・

記事全文

水質汚染が深刻化する中国。世界中の水処理企業が好機をうかがう。

廃棄物が増加し、水質汚染が深刻化する中国に対し、世界の水処理企業が注目、好機を伺っている。 (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

福岡市水道局が「水道水パーク」を期間限定でオープン。

2017年7月28日から30日、福岡市水道局がJR博多シティつばめの杜ひろばにて「屋上de水道水パーク」を開催 [&he・・・

記事全文

エミレーツ航空、水資源を配慮した機体洗浄法を採用。

2017年6月4日、エミレーツ空港が水資源を配慮した機体洗浄法の採用を発表した。 (参照:ライオン、排水リサイ [&he・・・

記事全文

「汚染水アイスキャンディー」が話題。台湾の学生が水質汚染問題を訴える。

台湾の学生が水質汚染問題を訴えるために考案した「汚染水アイスキャンディー」が話題。 (参照:豊洲市場 地下水か [&he・・・

記事全文

ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工場に導入、日本水環境学会の技術奨励賞を受賞。

ライオン株式会社は自社で開発し、同社の千葉工場に導入した製造工程排水のリサイクル技術で、公益社団法人日本水環境 [&he・・・

記事全文

袋に土の代わりとして水を入れ土のうの代わりとして使える画期的な新商品、「水のう君」。モニター募集。

2017年6月7日、株式会社総合サービスは、袋に水を入れるだけで、「土のう」の役割を果たす新商品「水のう君」の [&he・・・

記事全文

サントリー「オランジーナ」シリーズから「フレンチスパークリング」を新発売。

2017年6月5日、サントリーが「オランジーナ」ブランドから新商品の「フレンチスパークリング」を発売すると発表 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR