エミレーツ航空、水資源を配慮した機体洗浄法を採用。

[ 2017/07/03 ]


2017年6月4日、エミレーツ空港水資源を配慮した機体洗浄法の採用を発表した
(参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工場に導入、日本水環境学会の技術奨励賞を受賞。)


image from サステナブル ブランド・ジャパンのサイト

2017年6月4日、世界環境デーの記念行事の一環としてエミレーツ航空は、新しく採用している環境に配慮した航空機の洗浄法を紹介した。
同社では機体を洗浄する方法として、「エアクラフト・ドライウォッシュ」を使用している。この名前が示すように、この方法は水を殆ど使わないで済むので、節水効果が非常に高い。同社では年間に約1100万リットルという水を節約出来ているという。それに比べて、従来の高水圧洗浄法は、1機体、1回の洗浄で約1万リットルという水を必要とする。

毎回の飛行によって機体の表面にはたくさんの汚れが付着する、この汚れは見た目に悪いだけではなく、燃料の効率性も悪くする。そのため、通常は年間に4,5回、高水圧洗浄法で各機体の洗浄が行われている。

エミレーツ航空が2016年から採用しているこの「エアクラフト・ドライウォッシュ」という方法は、同社の約250台の機体に取り入れられている。
この方法はまず、水溶性の洗浄剤を機体全体の表面に塗布する。その後、マイクロファイバーの繊維で、汚れとともに洗浄剤を拭き取って磨くというもの。機体には薄い被膜が付き、長い間表面に光沢を与える。この作業を15人のスタッフが9時間から12時間をかけて行っている。

この作業の利点は、多くの水を節水でき、機体の表面を長く綺麗に保てるだけではない。作業中に水を使用しないために、この作業に並行して他のメンテナンス作業も行える事も大きな利点と言える


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR