エミレーツ航空、水資源を配慮した機体洗浄法を採用。

[ 2017/07/03 ]


2017年6月4日、エミレーツ空港水資源を配慮した機体洗浄法の採用を発表した
(参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工場に導入、日本水環境学会の技術奨励賞を受賞。)


image from サステナブル ブランド・ジャパンのサイト

2017年6月4日、世界環境デーの記念行事の一環としてエミレーツ航空は、新しく採用している環境に配慮した航空機の洗浄法を紹介した。
同社では機体を洗浄する方法として、「エアクラフト・ドライウォッシュ」を使用している。この名前が示すように、この方法は水を殆ど使わないで済むので、節水効果が非常に高い。同社では年間に約1100万リットルという水を節約出来ているという。それに比べて、従来の高水圧洗浄法は、1機体、1回の洗浄で約1万リットルという水を必要とする。

毎回の飛行によって機体の表面にはたくさんの汚れが付着する、この汚れは見た目に悪いだけではなく、燃料の効率性も悪くする。そのため、通常は年間に4,5回、高水圧洗浄法で各機体の洗浄が行われている。

エミレーツ航空が2016年から採用しているこの「エアクラフト・ドライウォッシュ」という方法は、同社の約250台の機体に取り入れられている。
この方法はまず、水溶性の洗浄剤を機体全体の表面に塗布する。その後、マイクロファイバーの繊維で、汚れとともに洗浄剤を拭き取って磨くというもの。機体には薄い被膜が付き、長い間表面に光沢を与える。この作業を15人のスタッフが9時間から12時間をかけて行っている。

この作業の利点は、多くの水を節水でき、機体の表面を長く綺麗に保てるだけではない。作業中に水を使用しないために、この作業に並行して他のメンテナンス作業も行える事も大きな利点と言える


関連する記事

アーカイブス

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

WOTA(株) 環境省創設「環境スタートアップ事業構想賞」受賞

WOTA(株) 第1回環境スタートアップ大賞「環境スタートアップ事業構想賞」受賞 (参照:WOTA 自律分散型の水循環型・・・

記事全文

秋田県 水の効率化を図った発電 水力発電用新型水車の実証実験をスタート

秋田県 水力発電用新型水車の実証実験をスタート 水量効率化のため (参照:新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験・・・

記事全文

星野リゾート 「星のや 竹富島」で飲料水の自給をスタート

星野リゾート 「星のや 竹富島」で海水淡水化装置を利用した飲料水自給をスタート (参照:(株)星野リゾート 「星のや」ブ・・・

記事全文

西宮市 「給水スポット」設置へ 市役所本庁舎や公民館から

西宮市 「給水スポット」を市役所本庁舎や公民館に設置 プラ製品削減へ (参照:「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス・・・

記事全文

東京大学やNECネッツエスアイ(株)ら、水中ドローンでカキの養殖を見守る実証実験

東京大学やNECネッツエスアイ(株)ら、水中ドローンでカキの養殖環境を確認へ (参照:長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養・・・

記事全文

アサヒ飲料(株) ラベルレス飲料の単品販売をスタート タックシールに内容表示

アサヒ飲料(株) タックシール活用、転倒のラベルレス飲料の単品販売を開始 (参照:ビーテック(株) オリジナルラベルの炭・・・

記事全文

国土交通省 浸水リスクの高い区域の特定施設を建築許可制へ

国土交通省 「特定都市河川浸水被害対策法」改正へ動き 浸水区域の建築を許可制へ (参照:国土交通省 「水の里の旅コンテス・・・

記事全文

(株)マーフィード 洗車後の拭き取りが不要な超純水ユニットの販売を開始

(株)マーフィード 洗車後に水滴跡が残らない超純水ユニットの販売を開始 (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレ・・・

記事全文

アイリスオーヤマ(株) 飲料水事業に参入 2022年2月稼働予定

アイリスオーヤマ(株) 飲料水事業参入計画で生産ラインを新設 春稼働予定 (参照:「ミズコム」による調査 新型コロナウイ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR