エミレーツ航空、水資源を配慮した機体洗浄法を採用。

[ 2017/07/03 ]


2017年6月4日、エミレーツ空港水資源を配慮した機体洗浄法の採用を発表した
(参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工場に導入、日本水環境学会の技術奨励賞を受賞。)


image from サステナブル ブランド・ジャパンのサイト

2017年6月4日、世界環境デーの記念行事の一環としてエミレーツ航空は、新しく採用している環境に配慮した航空機の洗浄法を紹介した。
同社では機体を洗浄する方法として、「エアクラフト・ドライウォッシュ」を使用している。この名前が示すように、この方法は水を殆ど使わないで済むので、節水効果が非常に高い。同社では年間に約1100万リットルという水を節約出来ているという。それに比べて、従来の高水圧洗浄法は、1機体、1回の洗浄で約1万リットルという水を必要とする。

毎回の飛行によって機体の表面にはたくさんの汚れが付着する、この汚れは見た目に悪いだけではなく、燃料の効率性も悪くする。そのため、通常は年間に4,5回、高水圧洗浄法で各機体の洗浄が行われている。

エミレーツ航空が2016年から採用しているこの「エアクラフト・ドライウォッシュ」という方法は、同社の約250台の機体に取り入れられている。
この方法はまず、水溶性の洗浄剤を機体全体の表面に塗布する。その後、マイクロファイバーの繊維で、汚れとともに洗浄剤を拭き取って磨くというもの。機体には薄い被膜が付き、長い間表面に光沢を与える。この作業を15人のスタッフが9時間から12時間をかけて行っている。

この作業の利点は、多くの水を節水でき、機体の表面を長く綺麗に保てるだけではない。作業中に水を使用しないために、この作業に並行して他のメンテナンス作業も行える事も大きな利点と言える


関連する記事

アーカイブス

株式会社日立製作所が2018年10月よりIoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを提供開始

株式会社日立製作所は、IoTを活用した上下水道事業を支援するクラウドサービス「O&M支援デジタルソリ [&he・・・

記事全文

IWA世界会議が東京で開催される。

国際水協会(IWA:International Water Association)東京世界会議が9月16日か [&he・・・

記事全文

アメリカ中西部穀倉地帯におけるの水源の危機

アメリカでは1970年代から中西部穀倉地帯と呼ばれている地域におけるオガララ帯水層の水位低下が指摘されている。 [&he・・・

記事全文

バーチャルウォーターを考える

今日食べた食物を作るためにどれくらいの水が使われているか考えたことはあるだろうか (参照:プラスチックごみもC [&he・・・

記事全文

日本の名水百選

日本各地にある平成の名水選を紹介する。 (参照:静岡・三島の源兵衛川が世界水遺産に登録。)[ 2018/09/10 ]

記事全文

日本水フォーラムがはじめた水検定

水に関して知識に自信のある方受けてみませんか? (参照:東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル)

記事全文

水道の検診にもスマートメーター

水道スマートメーターの活用に向けて開発・研究が動き始めている。 (参照:株式会社クボタ、次世代の水道管を開発)

記事全文

荒瀬ダム国内初のダム撤去

国内初の本格的なダムの撤去となった熊本県八代市坂本町の県営荒瀬ダムの工事が終わった。 (参照:八ッ場ダム 費用 [&he・・・

記事全文

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR