水質汚染が深刻化する中国。世界中の水処理企業が好機をうかがう。

[ 2017/07/11 ]


廃棄物が増加し、水質汚染が深刻化する中国に対し、世界の水処理企業が注目、好機を伺っている
(参照:「汚染水アイスキャンディー」が話題。台湾の学生が水質汚染問題を訴える。


image from Reutersのウェブサイト

中国では、無許可の排水や基準値を超えた汚染水の排出等が日常的に起き、河川の水質汚染は長い間、問題視されていた
2015年の調査によると、地下水の約3分の2、地上水の約3分の1が、人間が接触するのに適していないと結果が出たという。多くの専門家が中国の水汚染はもはや改善不能と指摘、警告をしていたが、最近になって政府が改善策を発表した。

それは2020年までに地球3周分にあたる長さ、12万6000キロの下水管を新たに建設し、都市部の下水処理能力を、1日当たり、5000万立方メートル増やすというものだ。

この中国政府の方針に、世界の大手水処理関連期企業、イスラエルのエメフシー、米化粧品大手エスティーローダーの、ロン・ローダー氏が設立したRWLウォーター、仏ヴェオリアなどが参入の機会を伺っている。2016年に発表された中国の5カ年計画では、汚染対策が強調され、巨額の資金が投じられる予定だ。各社ともこの大きな額の年間環境予算を組んだ中国市場のシェアを狙っている。

エメフシーは中国で小型の汚染処理装置を稼働予定、現在同国で工場を建設中と言われている。また、ベンチャー企業のRWLウォーターは、中国の地方での汚水処理事業に注力するため、7月にエメフシーと合弁企業を設立する。

しかし、中国の主要プロジェクトを支配しているのは国有企業で、このような中国進出を検討する外国企業にとって、同国で敷かれている規制のハードルを超えるのは地元企業に比べて、非常に高く、現地の企業とパートナーを組む必要がある。その上で、他社には無い高い技術力で地元企業と、市場獲得に争う構えだ。


関連する記事

アーカイブス

日田天領水 長期飲用のマウス実験の結果を国際誌に掲載 抗肥満効果など

日田天領水 長期飲用のマウス実験の結果を国際誌に掲載 大分大学医学部と共同研究 (参照: アサヒ飲料(株) 「 [&he・・・

記事全文

農研機構 農業用水路の流水熱をヒートポンプの熱源として活用可能に

農研機構 農業用水路に高い熱利用が期待できることを発表 ヒートポンプの熱源に (参照:山形・福島・新潟 水田で [&he・・・

記事全文

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR