水質汚染が深刻化する中国。世界中の水処理企業が好機をうかがう。

[ 2017/07/11 ]


廃棄物が増加し、水質汚染が深刻化する中国に対し、世界の水処理企業が注目、好機を伺っている
(参照:「汚染水アイスキャンディー」が話題。台湾の学生が水質汚染問題を訴える。


image from Reutersのウェブサイト

中国では、無許可の排水や基準値を超えた汚染水の排出等が日常的に起き、河川の水質汚染は長い間、問題視されていた
2015年の調査によると、地下水の約3分の2、地上水の約3分の1が、人間が接触するのに適していないと結果が出たという。多くの専門家が中国の水汚染はもはや改善不能と指摘、警告をしていたが、最近になって政府が改善策を発表した。

それは2020年までに地球3周分にあたる長さ、12万6000キロの下水管を新たに建設し、都市部の下水処理能力を、1日当たり、5000万立方メートル増やすというものだ。

この中国政府の方針に、世界の大手水処理関連期企業、イスラエルのエメフシー、米化粧品大手エスティーローダーの、ロン・ローダー氏が設立したRWLウォーター、仏ヴェオリアなどが参入の機会を伺っている。2016年に発表された中国の5カ年計画では、汚染対策が強調され、巨額の資金が投じられる予定だ。各社ともこの大きな額の年間環境予算を組んだ中国市場のシェアを狙っている。

エメフシーは中国で小型の汚染処理装置を稼働予定、現在同国で工場を建設中と言われている。また、ベンチャー企業のRWLウォーターは、中国の地方での汚水処理事業に注力するため、7月にエメフシーと合弁企業を設立する。

しかし、中国の主要プロジェクトを支配しているのは国有企業で、このような中国進出を検討する外国企業にとって、同国で敷かれている規制のハードルを超えるのは地元企業に比べて、非常に高く、現地の企業とパートナーを組む必要がある。その上で、他社には無い高い技術力で地元企業と、市場獲得に争う構えだ。


関連する記事

アーカイブス

株式会社日立製作所が2018年10月よりIoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを提供開始

株式会社日立製作所は、IoTを活用した上下水道事業を支援するクラウドサービス「O&M支援デジタルソリ [&he・・・

記事全文

IWA世界会議が東京で開催される。

国際水協会(IWA:International Water Association)東京世界会議が9月16日か [&he・・・

記事全文

アメリカ中西部穀倉地帯におけるの水源の危機

アメリカでは1970年代から中西部穀倉地帯と呼ばれている地域におけるオガララ帯水層の水位低下が指摘されている。 [&he・・・

記事全文

バーチャルウォーターを考える

今日食べた食物を作るためにどれくらいの水が使われているか考えたことはあるだろうか (参照:プラスチックごみもC [&he・・・

記事全文

日本の名水百選

日本各地にある平成の名水選を紹介する。 (参照:静岡・三島の源兵衛川が世界水遺産に登録。)[ 2018/09/10 ]

記事全文

日本水フォーラムがはじめた水検定

水に関して知識に自信のある方受けてみませんか? (参照:東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル)

記事全文

水道の検診にもスマートメーター

水道スマートメーターの活用に向けて開発・研究が動き始めている。 (参照:株式会社クボタ、次世代の水道管を開発)

記事全文

荒瀬ダム国内初のダム撤去

国内初の本格的なダムの撤去となった熊本県八代市坂本町の県営荒瀬ダムの工事が終わった。 (参照:八ッ場ダム 費用 [&he・・・

記事全文

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR