水質汚染が深刻化する中国。世界中の水処理企業が好機をうかがう。

[ 2017/07/11 ]


廃棄物が増加し、水質汚染が深刻化する中国に対し、世界の水処理企業が注目、好機を伺っている
(参照:「汚染水アイスキャンディー」が話題。台湾の学生が水質汚染問題を訴える。


image from Reutersのウェブサイト

中国では、無許可の排水や基準値を超えた汚染水の排出等が日常的に起き、河川の水質汚染は長い間、問題視されていた
2015年の調査によると、地下水の約3分の2、地上水の約3分の1が、人間が接触するのに適していないと結果が出たという。多くの専門家が中国の水汚染はもはや改善不能と指摘、警告をしていたが、最近になって政府が改善策を発表した。

それは2020年までに地球3周分にあたる長さ、12万6000キロの下水管を新たに建設し、都市部の下水処理能力を、1日当たり、5000万立方メートル増やすというものだ。

この中国政府の方針に、世界の大手水処理関連期企業、イスラエルのエメフシー、米化粧品大手エスティーローダーの、ロン・ローダー氏が設立したRWLウォーター、仏ヴェオリアなどが参入の機会を伺っている。2016年に発表された中国の5カ年計画では、汚染対策が強調され、巨額の資金が投じられる予定だ。各社ともこの大きな額の年間環境予算を組んだ中国市場のシェアを狙っている。

エメフシーは中国で小型の汚染処理装置を稼働予定、現在同国で工場を建設中と言われている。また、ベンチャー企業のRWLウォーターは、中国の地方での汚水処理事業に注力するため、7月にエメフシーと合弁企業を設立する。

しかし、中国の主要プロジェクトを支配しているのは国有企業で、このような中国進出を検討する外国企業にとって、同国で敷かれている規制のハードルを超えるのは地元企業に比べて、非常に高く、現地の企業とパートナーを組む必要がある。その上で、他社には無い高い技術力で地元企業と、市場獲得に争う構えだ。


関連する記事

アーカイブス

国土交通省「ダムを見に行こう(秋号)」発刊

国土交通省は9月、平成25年6月以降第23回目となる「ダムを見に行こう(秋号)」を発刊した。 (参照:東北整備 [&he・・・

記事全文

滋賀 茨城ほか3県で「湖沼水環境保全に関する自治体連携」設立 世界湖沼会議で

滋賀県や茨城県を含む5県で水環境保全のため「湖沼水環境保全に関する自治体連携」を設立、世界湖沼会議で発表予定 [&he・・・

記事全文

長野原町役場、八ッ場ダム建設で消えゆく町の景色を動画とフリー素材で後世へ

長野原町役場、ジモフルやぱくたそと提携し、八ッ場ダム建設で消える町の姿を動画とフリー素材で後世へ残す (参照: [&he・・・

記事全文

JAXA、はやぶさ2「リュウグウ」にロボット投下を発表 水の存在を探る

JAXA、探査機はやぶさ2が小惑星「リュウグウ」に小型着陸機MASCOTを投下したことを発表。「リュウグウ」で [&he・・・

記事全文

ソニー、水中でも音楽が楽しめるワイヤレスイヤホン「WF-SP900」を発売

ソニーが水中でも音楽が楽しめる防水防じん機能搭載のワイヤレスイヤホンを「WF-SP900」10月27日に発売す [&he・・・

記事全文

全清飲、清涼飲料水の賞味期限表示を年月表示へ自主ガイドライン策定

2018年9月27日、全清飲が清涼飲料水の賞味期限表示を従来の年月日表示から年月表示へ切り替える自主ガイドライ [&he・・・

記事全文

現代につながる江戸時代からの上水

かつて世界最大の都市であった江戸から現代の東京に受け継がれている上水 (参照:東京都水道局、「東京水」のデザイ [&he・・・

記事全文

炭酸水・強炭酸の人気は定着化のきざし

炭酸水・強炭酸飲料は一過性のブームに留まらず、日常生活に溶け込みつつある。 (参照:サントリー食品インターナシ [&he・・・

記事全文

大阪の水族館「海遊館」 海水運搬船の座礁で海水供給ストップ

大阪の水族館「海遊館」、海水運搬船が座礁したため海水の供給がストップし人工海水で飼育 (参照:福島第一原発、台 [&he・・・

記事全文

水道水を充填したペットボトル水のモンドセレクション受賞が盛んに

日本の各水道事業体が発売しているペットボトル水が好評価を得ている。 (参照:日本の名水百選)[ 2018/10/11 ]

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR