第一原発トリチウム水の処分に苦慮。「海洋放出」発言に波紋も。

[ 2017/07/18 ]


東京電力福島第一原発のトリチウム水処理に苦慮。汚染水処理の道は厳しい。
(参照:東京電力 地震で核燃料プールの冷却システムが自動停止


image from 福島民友ネットのウェブサイト

東京電力福島第一原発の地上タンクで保管が続いている放射性トリチウムを含む水の処理方法について、東電の川村会長が、「(海に放出する判断を)もうしている」と発言したことが波紋を呼んでいる。
核燃料冷却のために注ぐ水と、山からの地下水で事故直後から汚染水は増加し続けている。トリチウムの濃度は高く、水に混ざると除去設備でも取り除けないという。6日現在、第一原発の敷地内には約77万トン、タンク約600基の処理水が保管されている。

15日に第一原発を視察した、トリチウム水の処分方法を検討する経済産業省の「多核種除去設備等処理水の取扱に関する小委員会」は、これらのタンクを目の当たりにして、処理方法の解決を急ぐ必要性を報道陣に語った。
この処分方法として、地層への注入、海洋放出、蒸発、水素に変化されて大気放出、セメントで固めて地下に埋没の5つが挙がっている。コストと期間の面から、政府は昨年の6月に水で薄めて海洋放出する方法が妥当というを報告書にまとめている。

しかし、海への放出に、福島県の漁業関係者は反対の姿勢だ。原発事故で深刻な打撃を受けた漁業者が、再興に必死で取り組んでいる最中、風評への懸念は拭えない。この東電の川村会長の発言は小委員会が風評や社会的な影響などを考慮して処理方法と絞り込んでいる間のものだった。
政府や東京電力には福島の県民に向き合い、生態系への影響など、それぞれのリスクを十分に検討し、誠意のある対応が求められるが、解決への道は険しい。


関連する記事

アーカイブス

小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水利施設への興味促す

小山市 「土地改良施設カード」作成&配布し、農業水利施設への興味促す (参照:長野県 茅野市の農業水利施設を利 [&he・・・

記事全文

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用 (参照:魚津埋没林博物館 地下 [&he・・・

記事全文

新潟県佐渡海洋深層水 南蛮エビを生きたままで出荷可能に

新潟県佐渡海洋深層水 海洋深層水で育てた南蛮エビを生きたままで出荷可能に (参照:IWA世界会議が東京で開催さ [&he・・・

記事全文

ジョンソンヘルスケア株式会社 水流でケアするアイケア用アイマスク発売

ジョンソンヘルスケア株式会社 水流でケアするアイケア用アイマスク「SYNCA(シンカ)ウォーターアイマスク」発 [&he・・・

記事全文

山梨県 ミネラルウォーター税導入検討へ

山梨県 ミネラルウォーター税を導入の見通しへ (参照:オリコン ウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果 [&he・・・

記事全文

(株)バスクリン 森林を整え、水資源と地球環境を守る活動をスタート

(株)バスクリン 森林を整え、水資源と地球環境を守る「バスクリンの森」プロジェクトをスタート (参照:北海道コ [&he・・・

記事全文

(株)クロスパブリシティ 国内製造初のCBD入り清涼飲料水を発売

(株)クロスパブリシティ 国内製造初のCBD入り清涼飲料水「キャノヴィ ウォーター」発売 (参照:株式会社AQ [&he・・・

記事全文

WOTA(株)AI水処理による水浄化システム「WOTA BOX」本格発売へ

WOTA(株)AI水処理により排水の98%を浄化する「WOTA BOX」本格発売へ (参照:浪速工作所と日本ス [&he・・・

記事全文

ユニチカ コンクリートを高品質化させる湿潤養生シート開発

ユニチカ コンクリートを高品質化させる湿潤養生シート『アクアパック』開発 (参照:島津製作所 水中でも使用可能 [&he・・・

記事全文

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 初販売へ

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 4月に初販売へ (参照:龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境D [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR