第一原発トリチウム水の処分に苦慮。「海洋放出」発言に波紋も。

[ 2017/07/18 ]


東京電力福島第一原発のトリチウム水処理に苦慮。汚染水処理の道は厳しい。
(参照:東京電力 地震で核燃料プールの冷却システムが自動停止


image from 福島民友ネットのウェブサイト

東京電力福島第一原発の地上タンクで保管が続いている放射性トリチウムを含む水の処理方法について、東電の川村会長が、「(海に放出する判断を)もうしている」と発言したことが波紋を呼んでいる。
核燃料冷却のために注ぐ水と、山からの地下水で事故直後から汚染水は増加し続けている。トリチウムの濃度は高く、水に混ざると除去設備でも取り除けないという。6日現在、第一原発の敷地内には約77万トン、タンク約600基の処理水が保管されている。

15日に第一原発を視察した、トリチウム水の処分方法を検討する経済産業省の「多核種除去設備等処理水の取扱に関する小委員会」は、これらのタンクを目の当たりにして、処理方法の解決を急ぐ必要性を報道陣に語った。
この処分方法として、地層への注入、海洋放出、蒸発、水素に変化されて大気放出、セメントで固めて地下に埋没の5つが挙がっている。コストと期間の面から、政府は昨年の6月に水で薄めて海洋放出する方法が妥当というを報告書にまとめている。

しかし、海への放出に、福島県の漁業関係者は反対の姿勢だ。原発事故で深刻な打撃を受けた漁業者が、再興に必死で取り組んでいる最中、風評への懸念は拭えない。この東電の川村会長の発言は小委員会が風評や社会的な影響などを考慮して処理方法と絞り込んでいる間のものだった。
政府や東京電力には福島の県民に向き合い、生態系への影響など、それぞれのリスクを十分に検討し、誠意のある対応が求められるが、解決への道は険しい。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR