第一原発トリチウム水の処分に苦慮。「海洋放出」発言に波紋も。

[ 2017/07/18 ]


東京電力福島第一原発のトリチウム水処理に苦慮。汚染水処理の道は厳しい。
(参照:東京電力 地震で核燃料プールの冷却システムが自動停止


image from 福島民友ネットのウェブサイト

東京電力福島第一原発の地上タンクで保管が続いている放射性トリチウムを含む水の処理方法について、東電の川村会長が、「(海に放出する判断を)もうしている」と発言したことが波紋を呼んでいる。
核燃料冷却のために注ぐ水と、山からの地下水で事故直後から汚染水は増加し続けている。トリチウムの濃度は高く、水に混ざると除去設備でも取り除けないという。6日現在、第一原発の敷地内には約77万トン、タンク約600基の処理水が保管されている。

15日に第一原発を視察した、トリチウム水の処分方法を検討する経済産業省の「多核種除去設備等処理水の取扱に関する小委員会」は、これらのタンクを目の当たりにして、処理方法の解決を急ぐ必要性を報道陣に語った。
この処分方法として、地層への注入、海洋放出、蒸発、水素に変化されて大気放出、セメントで固めて地下に埋没の5つが挙がっている。コストと期間の面から、政府は昨年の6月に水で薄めて海洋放出する方法が妥当というを報告書にまとめている。

しかし、海への放出に、福島県の漁業関係者は反対の姿勢だ。原発事故で深刻な打撃を受けた漁業者が、再興に必死で取り組んでいる最中、風評への懸念は拭えない。この東電の川村会長の発言は小委員会が風評や社会的な影響などを考慮して処理方法と絞り込んでいる間のものだった。
政府や東京電力には福島の県民に向き合い、生態系への影響など、それぞれのリスクを十分に検討し、誠意のある対応が求められるが、解決への道は険しい。


関連する記事

アーカイブス

日立 国内の上下水道向け水処理機械設備の新設・更新事業を子会社に譲渡

(株)日立製作所 水処理機械設備の新設・更新事業を(株)日立プラントサービスに譲渡 (参照:日立 10月に高硬 [&he・・・

記事全文

道立総合研究機構工業試験場 地下水からの採熱実証試験を本格スタート

道立総合研究機構工業試験場と当別町 地下水からの採熱実証試験を開始、地下熱の普及を目指す (参照:日立 10月 [&he・・・

記事全文

アスクル(株) 「LOHACO Water」が2019年度グッドデザイン賞を受賞

アスクル(株) オリジナル天然水「LOHACO Water」が2019年度グッドデザイン賞を受賞 (参照:(株 [&he・・・

記事全文

首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献

東京「地下神殿」 台風19号による河川の氾濫対策に貢献 (参照:インド 大雨や洪水の対策に日本の首都圏外郭放水 [&he・・・

記事全文

神戸学院大学とブルボン 「ひょうごBOSAI天然水」共同開発、商品化へ

神戸学院大学とブルボン 兵庫県の協力を得て「ひょうごBOSAI天然水」共同開発、商品化へ (参照:福光屋 日本 [&he・・・

記事全文

河川環境楽園オアシスパーク 水中探検「水中ドローンアドベンチャー」をスタート

河川環境楽園オアシスパーク 水中の魚が見られる「水中ドローンアドベンチャー」をスタート (参照:(株)チック  [&he・・・

記事全文

葉山町 町管理施設でペット飲料販売廃止 ウォーターサーバー設置へ

神奈川県葉山町 町管理施設でペットボトル飲料販売廃止 ウォーターサーバー設置 (参照:ヒルトン名古屋 マイボト [&he・・・

記事全文

宮崎 大淀川右岸地区管理体制整備推進協議会「水の恵みカード」発行

宮崎 大淀川右岸地区管理体制整備推進協議会 天神ダムの「水の恵みカード」発行 (参照:国土交通省琵琶湖河川事務 [&he・・・

記事全文

(株)プリンスホテル 「南魚沼のおいしい湧き水」を使ったオリジナル日本酒「あさぎ」を発売

(株)プリンスホテル 「南魚沼のおいしい湧き水」を仕込み水に使った日本酒「あさぎ」を発売へ (参照: 福光屋  [&he・・・

記事全文

(株)日本トリム 整水器業界初 健康セミナー体験ARアプリをリリース

(株)日本トリム 整水器業界初 健康セミナー体験ARアプリ「日本トリム」をリリース (参照:日立 10月に高硬 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR