安全な水をマダカスカルの子供達に。「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベンド「ROAD to WATER」開催。

[ 2017/08/01 ]


きれいで安全な水をマダカスカルの子供達に届けよう。 「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベント「ROAD to WATER」が代官山で開催される。
(参照:ビヨンセがユニセフ(国連児童基金)とパートナーシップを組み、アフリカ、ブルンジに安全できれいな水を提供。)


image from TAP PROJECT JAPANのウェブサイト

公益財団法人日本ユニセフ協会と博報堂DYグループの有志メンバーが行っている「きれいで安全な水」を必要とする世界の子供達を支援する活動「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベント「ROAD to WATER」が代官山T-SITE GARDEN GALLERYで開催される。期間は、8月21日(月)から8月24日(木)の4日間。

このTAP PROJECTは、世界中の人々が「清潔で安全な水」を使えるよう、水問題への関心を高め、ユニセフの活動を支援するプロジェクト。2007年ニューヨークで始まり、2008年には全米とカナダに拡大し、その後フィンランド、ニュージーランドに拡大している。日本では、2009年から上記の博報堂DYグループの有志メンバーが活動を開始、2011年には全国各地へ活動が広がり、世界の水問題やマダカスカルの子供達への募金を募っている。

国際NGO、ウォーターエイドの発表する報告書によると、現在世界では6億6300万人が清潔な水にアクセスできず、その大部分が農村部に暮らしているという。マダカスカルは農村部における清潔な水へのアクセスが世界で5番目に難しい国と言われている。現地では、「きれいで安全な水」を手に入れるために、子供達が何キロも離れた場所から毎日水を運んでいて、学校に通えないなどの問題にもつながっている。
今回のシンボルイベント「ROAD to WATER」では、センサーを内蔵したバケツ型デバイスを使って、マダガスカルの子供達の水運びの大変さを疑似体験できるような内容になっており、日本で生活する人々に「水に関わる様々な問題」について関心を寄せてもらうことを目的としている。


関連する記事

アーカイブス

太陽光発電で空気から飲料水を作り出す水筒。自己充電ボトル、Fontus(フォンタス)

太陽光発電で空気中の湿気から水を作り出す水筒、Fontus(フォンタス)。 約1時間で500mlの水生成も可能 [&he・・・

記事全文

東京五輪、お台場会場で基準値を超える大腸菌検出、対策を求められる。

東京五輪、お台場のトライアスロン会場の水質に懸念。基準値を超える大腸菌検出。 (参:「汚染水アイスキャンディー [&he・・・

記事全文

コーヒー豆のカフェインを二酸化炭素と水だけで除去。国内初のデカフェコーヒー発売へ

アンカフェシュクレ、日本国内加工で初めて生豆からカフェインを抜いたデカフェコーヒーを発売へ。 (参照:郡上発! [&he・・・

記事全文

サントリー、「サントリー天然水」ブランドから無色透明のミルクティーを新発売。

2017年9月26日、サントリーが無色透明のミルクティー、「サントリー天然水 PREMIUM MORNING [&he・・・

記事全文

ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催。「日本パビリオン」出展申し込み受付中

2018年3月、第8回世界水フォーラムがブラジルの首都ブラジリアで開催。日本政府主催、「日本パビリオン」出展申 [&he・・・

記事全文

郡上発!水出しコーヒープロジェクト始まる。

水出しコーヒーで町の活性化!郡上八幡湧き水スポット巡り (参照:原料は、豆、水、カフェインのみ。話題の世界初、 [&he・・・

記事全文

電気、ガス、火不要。雨水、海水で加熱できる調理器具。

バロクックジャパン株式会社、水だけで加熱ができる調理器具「バロクックシリーズ」の販売に注力する。 (参照:袋に [&he・・・

記事全文

米南部、記録的大雨で洪水。死者は少なくとも31人。

アメリカ南部に上陸したハリケーン。記録的な大雨で少なくとも死者は31人。 (参照:台風で被災の北海道 治水対策 [&he・・・

記事全文

水を入れるだけで、粉雪のようなかき氷が完成!ートウマ電子工業。

トウマ電子工業、水を入れるだけでふわふわのかき氷ができる瞬間製氷機を製造。 (参照:炭酸水メーカーのソーダスト [&he・・・

記事全文

(株)グリーンウインド、底面供給方式による水耕栽培、アジア展開へ。

沖縄美ら島財団の子会社の(株)グリーンウインド、底面供給方式による水耕栽培で、アジア展開を目指す。 (参照:経 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR