安全な水をマダカスカルの子供達に。「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベンド「ROAD to WATER」開催。

[ 2017/08/01 ]


きれいで安全な水をマダカスカルの子供達に届けよう。 「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベント「ROAD to WATER」が代官山で開催される。
(参照:ビヨンセがユニセフ(国連児童基金)とパートナーシップを組み、アフリカ、ブルンジに安全できれいな水を提供。)


image from TAP PROJECT JAPANのウェブサイト

公益財団法人日本ユニセフ協会と博報堂DYグループの有志メンバーが行っている「きれいで安全な水」を必要とする世界の子供達を支援する活動「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベント「ROAD to WATER」が代官山T-SITE GARDEN GALLERYで開催される。期間は、8月21日(月)から8月24日(木)の4日間。

このTAP PROJECTは、世界中の人々が「清潔で安全な水」を使えるよう、水問題への関心を高め、ユニセフの活動を支援するプロジェクト。2007年ニューヨークで始まり、2008年には全米とカナダに拡大し、その後フィンランド、ニュージーランドに拡大している。日本では、2009年から上記の博報堂DYグループの有志メンバーが活動を開始、2011年には全国各地へ活動が広がり、世界の水問題やマダカスカルの子供達への募金を募っている。

国際NGO、ウォーターエイドの発表する報告書によると、現在世界では6億6300万人が清潔な水にアクセスできず、その大部分が農村部に暮らしているという。マダカスカルは農村部における清潔な水へのアクセスが世界で5番目に難しい国と言われている。現地では、「きれいで安全な水」を手に入れるために、子供達が何キロも離れた場所から毎日水を運んでいて、学校に通えないなどの問題にもつながっている。
今回のシンボルイベント「ROAD to WATER」では、センサーを内蔵したバケツ型デバイスを使って、マダガスカルの子供達の水運びの大変さを疑似体験できるような内容になっており、日本で生活する人々に「水に関わる様々な問題」について関心を寄せてもらうことを目的としている。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR