安全な水をマダカスカルの子供達に。「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベンド「ROAD to WATER」開催。

[ 2017/08/01 ]


きれいで安全な水をマダカスカルの子供達に届けよう。 「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベント「ROAD to WATER」が代官山で開催される。
(参照:ビヨンセがユニセフ(国連児童基金)とパートナーシップを組み、アフリカ、ブルンジに安全できれいな水を提供。)


image from TAP PROJECT JAPANのウェブサイト

公益財団法人日本ユニセフ協会と博報堂DYグループの有志メンバーが行っている「きれいで安全な水」を必要とする世界の子供達を支援する活動「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベント「ROAD to WATER」が代官山T-SITE GARDEN GALLERYで開催される。期間は、8月21日(月)から8月24日(木)の4日間。

このTAP PROJECTは、世界中の人々が「清潔で安全な水」を使えるよう、水問題への関心を高め、ユニセフの活動を支援するプロジェクト。2007年ニューヨークで始まり、2008年には全米とカナダに拡大し、その後フィンランド、ニュージーランドに拡大している。日本では、2009年から上記の博報堂DYグループの有志メンバーが活動を開始、2011年には全国各地へ活動が広がり、世界の水問題やマダカスカルの子供達への募金を募っている。

国際NGO、ウォーターエイドの発表する報告書によると、現在世界では6億6300万人が清潔な水にアクセスできず、その大部分が農村部に暮らしているという。マダカスカルは農村部における清潔な水へのアクセスが世界で5番目に難しい国と言われている。現地では、「きれいで安全な水」を手に入れるために、子供達が何キロも離れた場所から毎日水を運んでいて、学校に通えないなどの問題にもつながっている。
今回のシンボルイベント「ROAD to WATER」では、センサーを内蔵したバケツ型デバイスを使って、マダガスカルの子供達の水運びの大変さを疑似体験できるような内容になっており、日本で生活する人々に「水に関わる様々な問題」について関心を寄せてもらうことを目的としている。


関連する記事

アーカイブス

三菱ケミカル キッチンカープロジェクトの運用開始 水を考えるきっかけに

三菱ケミカル キッチンカー『MIZUgo』全国訪問スタート 水を考えるきっかけに (参照:アスクル(株) 「L [&he・・・

記事全文

大阪水上バス アクアライナー「お花見ナイトクルーズ」運航 4/5まで

大阪水上バス アクアライナー3/26〜4/5限定「お花見ナイトクルーズ」運航 (参照:ラグナシア 冬季限定イベ [&he・・・

記事全文

ナイキ 新たな企業宣言を策定 北極海航路不使用の立場を明確化

ナイキ コーポレイトプレッジを策定 北極海航路の不使用を宣言 (参照:サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲 [&he・・・

記事全文

スウェーデン SmartShakeシリーズの新製品が日本初上陸

スウェーデン 大人気シェーカー「SmartShake」シリーズ新作が日本上陸 (参照:セブンイレブン ジェイデ [&he・・・

記事全文

東京五輪 会場内へペットボトルの持ち込み容認か

2020年東京五輪 熱中症リスク軽減のためペットボトルの持ち込み容認か  (参照: サンフランシスコ空港 ペッ [&he・・・

記事全文

三浦工業(株) バラスト水処理装置が米認証取得、米国への寄港可能に

浦工業(株) バラスト水処理装置が米国沿岸警備隊の認証取得、米国への寄港可能に (参照:サンフランシスコ空港  [&he・・・

記事全文

ラグナシア 冬季限定イベントに水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場

ラグーナテンボス ラグナシア園内 水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場 (参照:山陰海岸ジオパ [&he・・・

記事全文

国土交通省 内水氾濫のハザードマップ作成を自治体に求める

国土交通省 内水ハザードマップ作成を自治体に求める (参照:首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献)

記事全文

防災科学技術研究所 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験

防災科学技術研究所と一条工務店 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験 (参照:四日市市 応急給水栓として水供給でき [&he・・・

記事全文

長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活用した実証実験をスタート

長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活用した実証実験をスタート NTT東日本が協力 (参照:(株)Rist AI [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR