原子力規制委員会、福島第一原発の凍土壁の完全凍結を認可

[ 2017/08/21 ]


2017年8月15日、原子力規制委員会は東京電力福島第1原発の凍土壁の完全凍結への工事を認可した。
(参照:福島第一原発の地下水の水位が低下。一時漏洩の恐れ。


image from 福島民報のウェブサイト

2017年8月15日、原子力規制委員会は、東京電力福島第1原発の放射能汚染水対策として、1〜4号機周囲の約1.5km凍らせて汚染水の流出抑制を図る、「凍土遮水壁」の完成に向けて、建屋西側に残った見凍結部分の凍結を正式に認可した。
東京電力は今月22日に作業を始める予定で、今秋にも全面凍結が完了する見通しだ。

凍土壁は地盤に配管を埋め込み、セ氏零下30度の冷却液を流して管の周囲の土を凍らせて作る。東京電力は2016年3月末に凍結を開始して、少しずつ範囲を広げていた。未凍結部分を残していたのは、全面凍結すると周囲の地下水位が低くなり、反対に建屋内の汚染水の水位が上がり汚染水が外に漏れ出す危険性が指摘されていたからだ。
東京電力は、6月28日の廃炉作業に関する規制委員会の会合で、建屋周辺の井戸で地下水位を制御して、この汚染水の漏えいを防げると説明し、規制委員会が完全凍結をおおむね了承していた。

ただ、遮水効果については未だはっきりせず、建設に345億円の国費が投じられ、維持費にも今後かかっていくということで、その効果の検証が不可欠だと指摘されている。
一方、東京電力はそれぞれの詳細な詳細な効果について検証する必要性は薄いという考えだという。


関連する記事

アーカイブス

DCMホールディングス 水に浸して使う土のう袋を発売

DCMホールディングス 水に浸すと膨らむ土のう袋を発売 (参照: 厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等 [&he・・・

記事全文

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用新配送サービスを開始

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用の新しい配送サービスを開始 (参照:ヒルトン名古屋 [&he・・・

記事全文

アトラスコプコ(株) 東ティモールで「Water for All」プロジェクトを始動

アトラスコプコ(株) 東ティモールで水や衛生環境改善のための「Water for All」プロジェクトを始動 [&he・・・

記事全文

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、本格スタート

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、セネガルで本格導入 (参照:三井住友建設(株) カンボジアでの上水道 [&he・・・

記事全文

未来工業と和仁農園 田んぼで使える自動止水装置を共同開発 

未来工業と和仁農園 田んぼの自動止水装置を共同開発 (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統 [&he・・・

記事全文

サントリー 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結

サントリーホールディングス(株) 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結 (参照:(株)バスクリン 森 [&he・・・

記事全文

産総研 地下水情報が目で見てわかる地図「水文環境図」を更新

産総研 地下水情報が可視化された地図「水文環境図」を更新しWEBで公開 (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能 [&he・・・

記事全文

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け川の調査へ

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け、川のプラごみ調査を開始 (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ま [&he・・・

記事全文

鳥繁産業 大分県立看護科学大と共同で医療用除菌水の商品化を目指す

大分県産学共同で医療用除菌水の商品化を目指す (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御 [&he・・・

記事全文

JR前橋駅 自然環境に優しい駅「エコステ」モデル駅に

JR前橋駅 水をテーマとした自然環境に優しい駅「エコステ」モデル駅へ (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR