(株)グリーンウインド、底面供給方式による水耕栽培、アジア展開へ。

[ 2017/08/27 ]


沖縄美ら島財団の子会社の(株)グリーンウインド、底面供給方式による水耕栽培で、アジア展開を目指す。
(参照:経済産業省 「水ビジネスの今後の海外展開の方向性」を公表


image from 琉球新報のウェブサイト

沖縄美ら島財団の子会社、株式会社グリーンウインドが、「底面給水式植物工場システム」を開発し、アジア展開を狙っている。底面給水方式による水耕栽培は、他の水耕栽培と違い植物の根っこごと収穫でき、冷蔵施設がなくても新鮮な野菜を流通させられるというメリットがある。その為、台風や気候条件で水の供給が安定的でない地域、インフラ整備が不十分な地域での農業に適している。

底面給水式の水耕栽培は、ウレタンなどの人工土壌を使い、そこに野菜を植え、プランターの底面を培養液で浸して水や養液を吸い上げるシステムだ。このシステムのメリットは、根っこ全体を培養液の中で成長させる従来の養液循環方式に比べて水の使用量が少なく、ポンプを使用する必要もないので生産コストを低く抑えることが出来ることだ。

また、栽培棚を縦型に配置することで、省スペース化ができるので単位面積当たりの生産量を上げることが出来、効率も高いという。
沖縄美ら島財団の敷地内で、コンテナ型の植物工場を設置して、からし菜やレタスなどの葉野菜を栽培している。
同社が開発、設置した底面給水植物工場は、国際協力機構(JICA)の中小企業海外展開支援事業に採択された。現在ベトナムでの案件化に向けた調査が行われているという。
美ら島財団の研究成果の実用化を進める同社は、世界で初の水耕栽培下での有機無農薬栽培にも挑戦している。


関連する記事

アーカイブス

農研機構 農業用水路の流水熱をヒートポンプの熱源として活用可能に

農研機構 農業用水路に高い熱利用が期待できることを発表 ヒートポンプの熱源に (参照:山形・福島・新潟 水田で [&he・・・

記事全文

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR