コーヒー豆のカフェインを二酸化炭素と水だけで除去。国内初のデカフェコーヒー発売へ

[ 2017/10/05 ]


アンカフェシュクレ日本国内加工で初めて生豆からカフェインを抜いたデカフェコーヒーを発売へ。
(参照:郡上発!水出しコーヒープロジェクト始まる。

image from アンカフェシュクレのウェブサイト

Un Cafe Sucre(アンカフェシュクレ)株式会社は超臨界技術センターと共同で、二酸化炭素と水だけを使用して、国内初となるコーヒーの生豆からカフェインを取り除く技術を確立した。これは「超臨界二酸化炭素抽出」という技術で、今年12月には日本初となる国内加工でのデカフェコーヒーを「innocent coffee」という名称で発売をする予定だ。

現在、日本に輸入されている生豆の脱カフェイン法は、ほぼ海外技術に依存しているという。一般的にデカフェ処理は、有機溶媒抽出法、水抽出法、超臨界二酸化炭素抽出法が主流で、有機溶媒処理されたデカフェは日本国内で販売が禁止されている。今回アンカフェシュクレと超臨界技術センターが開発した方法は、水抽出法と違い短時間で、そして工程の中で一切有機溶媒を使用することなく、水と二酸化炭素のみを使用して抽出が出来る。

世界中のコーヒー流通量の中で、デカフェの占める割合は約10%以上と言われる中、日本国内の流通量は1%未満という。世界的には成長分野でありながら、日本では味や風味が損なわれて美味しくないのではという考えを持つ方が多いことなど、まだまだ認知度が広まっていないのが現状だ。
この日本初の国内加工技術が開発されたことにより、日本のデカフェ市場に「安心安全」というキーワードが加わり、妊婦や体調などの理由でカフェイン摂取に制限のある方、仕事中に何倍もコーヒーを飲む習慣のある方などに美味しく安心安全なデカフェという選択肢を提供出来ることになる。


関連する記事

アーカイブス

赤穂化成 海洋深層水で幻の魚「サツキマス」を養殖、販売へ

赤穂化成 海洋深層水で幻の魚「サツキマス」を養殖、2020年9月より販売へ (参照:赤穂化成(株) 手軽にマグ [&he・・・

記事全文

渋谷駅 地下雨水貯留施設供用開始へ 再開発で整備

渋谷駅東口 地下雨水貯留施設供用開始へ 再開発で整備 (参照:大阪府 治水用の地下神殿「寝屋川北部地下河川讃良 [&he・・・

記事全文

宇都宮市 田んぼダム普及で水害に強い街づくりを目指す

宇都宮市 田んぼダム普及で水害に強い街へ 目標雨水貯留量を達成 (参照: 農研機構 農業用水路の流水熱をヒート [&he・・・

記事全文

福島県郡山地方消防本部 水難救助隊に水上バイクを導入

福島県郡山地方消防本部 水難救助隊に水上バイクを導入、配置式と訓練を行なう (参照: (株)セキド 水中スクー [&he・・・

記事全文

静岡県富士山世界遺産センター 富士山の湧水についての秘密に迫る企画展スタート

静岡県富士山世界遺産センター 企画展「富士山の湧水―その道のりと歴史」10/4まで (参照:(一社)海洋連盟  [&he・・・

記事全文

近畿地方整備局 天ヶ瀬ダムのトンネル工事完了で国内最大級の放流設備へ

近畿地方整備局 天ヶ瀬ダムのトンネル貫通、国内最大級の放流設備が完成へ (参照:国土交通省 ダム貯水の事前放流 [&he・・・

記事全文

(株)JR東日本ウォータービジネス From AQUA 天然水ゼリー好調により緊急増産

(株)JR東日本ウォータービジネス 天然水ゼリーの出荷実績好調、緊急増産を決定 (参照:無印良品 「自分で詰め [&he・・・

記事全文

クボタ機工(株) 排水機場河川ポンプのサビ点検をAIで検知するツールを開発

クボタ機工(株) 排水機場河川ポンプのサビ点検、AI検知ツールで効率化へ (参照:)[ 2020/09/28 ]

記事全文

国土交通省 下水処理場を広域管理できる監視システム 本格検討へ

国土交通省 下水処理場を広域管理できる監視システム検討 省力化へ (参照:国土交通省 下水処理場を広域管理でき [&he・・・

記事全文

キリンビバレッジ(株) 年内で「ボルヴィック」の国内販売終了を決定

キリンビバレッジ(株) 2020年末で「ボルヴィック」の国内販売を終了 (参照:無印良品 「自分で詰める水のボ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR