野菜の育て方を変える。話題の水耕栽培ガジェット、「foop」。

[ 2017/10/23 ]


野菜をオフィスで室内で育てる。IoT水耕栽培機「foop」でスマート菜園。
(参照:(株)グリーンウインド、底面供給方式による水耕栽培、アジア展開へ。


image from foopのウェブサイト

食と健康の関心が高まりで、安心して野菜を食べたいと家庭菜園に興味を持っている人は多い。しかし実際は大半の人が場所の問題や、世話の大変さ、時間がないなどの問題で始めるきっかけがつかめていないのが現実だ。
そんな中、スマートフォンで水耕栽培を始められる新しいタイプのインテリア「foop」が注目を浴びている。「foop」はアドトロンテクノロジー株式会社が開発、販売を手がける水耕栽培機。温度センサーや照度センサーなど複数のセンサーから検出されたデータを専用のアプリから確認し、野菜を従来の家庭菜園より手軽に育てることができる。

円柱形のスタイリッシュなデザインでインテリアとしても使え、室内のどんな場所にもフィットしそうなデザイン。野菜を育てる生活を楽しむということにも開発においてこだわりを見せている。そしてこのスタイリッシュなデザインの中にはたくさんの革新的な機能が備わっている。

お手入れから食べごろまでの野菜の様子は20種類以上の表情アイコンがお知らせする。また、光の強さやCO2の濃度、温度・湿度情報をセンサーが常にモニタリング。LEDライト、エアーポンプ、送風ファンが栽培をサポートする。

こちらを購入するとすぐに栽培を開始することができるスターターキットとして種子の入ったカプセルと液体肥料が入った「foop capsule(カプセル)」がついてくる。あとはアプリで栽培する野菜を選ぶだけで、「foop」が栽培をサポートしてくれるので、だれでも簡単に野菜を育てることができる仕組みだ。
野菜・現在、べビーリーフ、リーフレタス、クレソン、コリアンダーなどの葉物野菜と、ミント、バジル、オレガノなどのハーブ類など、15種類ほど育てることができる。価格は38,500円〜。サイズは、幅498x奥行き320x高さ326mm。


関連する記事

アーカイブス

株式会社日立製作所が2018年10月よりIoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを提供開始

株式会社日立製作所は、IoTを活用した上下水道事業を支援するクラウドサービス「O&M支援デジタルソリ [&he・・・

記事全文

IWA世界会議が東京で開催される。

国際水協会(IWA:International Water Association)東京世界会議が9月16日か [&he・・・

記事全文

アメリカ中西部穀倉地帯におけるの水源の危機

アメリカでは1970年代から中西部穀倉地帯と呼ばれている地域におけるオガララ帯水層の水位低下が指摘されている。 [&he・・・

記事全文

バーチャルウォーターを考える

今日食べた食物を作るためにどれくらいの水が使われているか考えたことはあるだろうか (参照:プラスチックごみもC [&he・・・

記事全文

日本の名水百選

日本各地にある平成の名水選を紹介する。 (参照:静岡・三島の源兵衛川が世界水遺産に登録。)[ 2018/09/10 ]

記事全文

日本水フォーラムがはじめた水検定

水に関して知識に自信のある方受けてみませんか? (参照:東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル)

記事全文

水道の検診にもスマートメーター

水道スマートメーターの活用に向けて開発・研究が動き始めている。 (参照:株式会社クボタ、次世代の水道管を開発)

記事全文

荒瀬ダム国内初のダム撤去

国内初の本格的なダムの撤去となった熊本県八代市坂本町の県営荒瀬ダムの工事が終わった。 (参照:八ッ場ダム 費用 [&he・・・

記事全文

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR