野菜の育て方を変える。話題の水耕栽培ガジェット、「foop」。

[ 2017/10/23 ]


野菜をオフィスで室内で育てる。IoT水耕栽培機「foop」でスマート菜園。
(参照:(株)グリーンウインド、底面供給方式による水耕栽培、アジア展開へ。


image from foopのウェブサイト

食と健康の関心が高まりで、安心して野菜を食べたいと家庭菜園に興味を持っている人は多い。しかし実際は大半の人が場所の問題や、世話の大変さ、時間がないなどの問題で始めるきっかけがつかめていないのが現実だ。
そんな中、スマートフォンで水耕栽培を始められる新しいタイプのインテリア「foop」が注目を浴びている。「foop」はアドトロンテクノロジー株式会社が開発、販売を手がける水耕栽培機。温度センサーや照度センサーなど複数のセンサーから検出されたデータを専用のアプリから確認し、野菜を従来の家庭菜園より手軽に育てることができる。

円柱形のスタイリッシュなデザインでインテリアとしても使え、室内のどんな場所にもフィットしそうなデザイン。野菜を育てる生活を楽しむということにも開発においてこだわりを見せている。そしてこのスタイリッシュなデザインの中にはたくさんの革新的な機能が備わっている。

お手入れから食べごろまでの野菜の様子は20種類以上の表情アイコンがお知らせする。また、光の強さやCO2の濃度、温度・湿度情報をセンサーが常にモニタリング。LEDライト、エアーポンプ、送風ファンが栽培をサポートする。

こちらを購入するとすぐに栽培を開始することができるスターターキットとして種子の入ったカプセルと液体肥料が入った「foop capsule(カプセル)」がついてくる。あとはアプリで栽培する野菜を選ぶだけで、「foop」が栽培をサポートしてくれるので、だれでも簡単に野菜を育てることができる仕組みだ。
野菜・現在、べビーリーフ、リーフレタス、クレソン、コリアンダーなどの葉物野菜と、ミント、バジル、オレガノなどのハーブ類など、15種類ほど育てることができる。価格は38,500円〜。サイズは、幅498x奥行き320x高さ326mm。


関連する記事

アーカイブス

国土交通省「ダムを見に行こう(秋号)」発刊

国土交通省は9月、平成25年6月以降第23回目となる「ダムを見に行こう(秋号)」を発刊した。 (参照:東北整備 [&he・・・

記事全文

滋賀 茨城ほか3県で「湖沼水環境保全に関する自治体連携」設立 世界湖沼会議で

滋賀県や茨城県を含む5県で水環境保全のため「湖沼水環境保全に関する自治体連携」を設立、世界湖沼会議で発表予定 [&he・・・

記事全文

長野原町役場、八ッ場ダム建設で消えゆく町の景色を動画とフリー素材で後世へ

長野原町役場、ジモフルやぱくたそと提携し、八ッ場ダム建設で消える町の姿を動画とフリー素材で後世へ残す (参照: [&he・・・

記事全文

JAXA、はやぶさ2「リュウグウ」にロボット投下を発表 水の存在を探る

JAXA、探査機はやぶさ2が小惑星「リュウグウ」に小型着陸機MASCOTを投下したことを発表。「リュウグウ」で [&he・・・

記事全文

ソニー、水中でも音楽が楽しめるワイヤレスイヤホン「WF-SP900」を発売

ソニーが水中でも音楽が楽しめる防水防じん機能搭載のワイヤレスイヤホンを「WF-SP900」10月27日に発売す [&he・・・

記事全文

全清飲、清涼飲料水の賞味期限表示を年月表示へ自主ガイドライン策定

2018年9月27日、全清飲が清涼飲料水の賞味期限表示を従来の年月日表示から年月表示へ切り替える自主ガイドライ [&he・・・

記事全文

現代につながる江戸時代からの上水

かつて世界最大の都市であった江戸から現代の東京に受け継がれている上水 (参照:東京都水道局、「東京水」のデザイ [&he・・・

記事全文

炭酸水・強炭酸の人気は定着化のきざし

炭酸水・強炭酸飲料は一過性のブームに留まらず、日常生活に溶け込みつつある。 (参照:サントリー食品インターナシ [&he・・・

記事全文

大阪の水族館「海遊館」 海水運搬船の座礁で海水供給ストップ

大阪の水族館「海遊館」、海水運搬船が座礁したため海水の供給がストップし人工海水で飼育 (参照:福島第一原発、台 [&he・・・

記事全文

水道水を充填したペットボトル水のモンドセレクション受賞が盛んに

日本の各水道事業体が発売しているペットボトル水が好評価を得ている。 (参照:日本の名水百選)[ 2018/10/11 ]

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR