キリングループが気候変動、及び水資源管理対応でCDPから最高評価のAリストを獲得

[ 2017/10/27 ]


国際的な非営利団体CDPがキリングループ気候変動、水資源管理対応において最高評価のAリストに認定する。
(参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工場に導入、日本水環境学会の技術奨励賞を受賞。


image from キリンホールディングスのウェブサイト

2017年10月24日、キリンホールディングス株式会社は、環境情報開示システムを提供する国際的な非営利団体であるCDPにより「気候変動Aリスト」「ウォーターAリスト」企業に認定された。2017年Aリストは160社のグローバル企業で構成され、「気候変動」、「ウォーター」ともにAリストに認定された日本企業は6社。同社がAリストに認定されるのは、「気候変動」については2014年から4年連続、「ウォーター」については2年連続。

CDPは2000年に英国で発足。旧名称はCarbon Disclosure Project。企業や都市の重要な環境情報を測定、開示、管理し、共有するための唯一のグローバルなシステムを提供している非営利組織。企業や政府が温室効果ガスの排出を減らし、水資源を守り、森林を守ることを促進している。
キリングループは、「キリングループ長期環境ビジョン」の中で、生物資源、水資源、容器包装、地球温暖化を重要な4つのテーマとして定めている。

その中の水資源については、事業を行う各地域で工程を見直し、水の循環利用を進めるなどの節水活動を行なっている。また、工場からの排水においては使い終わった水を綺麗にして自然にかえす取り組み、そして業界に先駆けて製造拠点の水源地での森林保全活動を開始し従業員や地域の方々を取り組みを進めるなど、水資源を持続可能にするための取り組みを積極的に行なっている。さらに、水資源は国や地域によって大きく偏るので、世界に展開している35ヶ所の主要製造拠点の流域で水のリスク調査を行い、その結果を踏まえた対応を行うようにしているという。

今回はこれらの積極的な活動が高く評価された形だ。キリングループは、今後も豊かな地球の恵みを将来に渡って享受し引き継ぎたいという思いをつないでいくために、様々な活動に取り組んでいく姿勢だ。


関連する記事

アーカイブス

大阪水上バス アクアライナー「お花見ナイトクルーズ」運航 4/5まで

大阪水上バス アクアライナー3/26〜4/5限定「お花見ナイトクルーズ」運航 (参照:ラグナシア 冬季限定イベ [&he・・・

記事全文

ナイキ 新たな企業宣言を策定 北極海航路不使用の立場を明確化

ナイキ コーポレイトプレッジを策定 北極海航路の不使用を宣言 (参照:サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲 [&he・・・

記事全文

スウェーデン SmartShakeシリーズの新製品が日本初上陸

スウェーデン 大人気シェーカー「SmartShake」シリーズ新作が日本上陸 (参照:セブンイレブン ジェイデ [&he・・・

記事全文

東京五輪 会場内へペットボトルの持ち込み容認か

2020年東京五輪 熱中症リスク軽減のためペットボトルの持ち込み容認か  (参照: サンフランシスコ空港 ペッ [&he・・・

記事全文

三浦工業(株) バラスト水処理装置が米認証取得、米国への寄港可能に

浦工業(株) バラスト水処理装置が米国沿岸警備隊の認証取得、米国への寄港可能に (参照:サンフランシスコ空港  [&he・・・

記事全文

ラグナシア 冬季限定イベントに水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場

ラグーナテンボス ラグナシア園内 水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場 (参照:山陰海岸ジオパ [&he・・・

記事全文

国土交通省 内水氾濫のハザードマップ作成を自治体に求める

国土交通省 内水ハザードマップ作成を自治体に求める (参照:首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献)

記事全文

防災科学技術研究所 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験

防災科学技術研究所と一条工務店 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験 (参照:四日市市 応急給水栓として水供給でき [&he・・・

記事全文

長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活用した実証実験をスタート

長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活用した実証実験をスタート NTT東日本が協力 (参照:(株)Rist AI [&he・・・

記事全文

日立 国内の上下水道向け水処理機械設備の新設・更新事業を子会社に譲渡

(株)日立製作所 水処理機械設備の新設・更新事業を(株)日立プラントサービスに譲渡 (参照:日立 10月に高硬 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR