キリングループが気候変動、及び水資源管理対応でCDPから最高評価のAリストを獲得

[ 2017/10/27 ]


国際的な非営利団体CDPがキリングループ気候変動、水資源管理対応において最高評価のAリストに認定する。
(参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工場に導入、日本水環境学会の技術奨励賞を受賞。


image from キリンホールディングスのウェブサイト

2017年10月24日、キリンホールディングス株式会社は、環境情報開示システムを提供する国際的な非営利団体であるCDPにより「気候変動Aリスト」「ウォーターAリスト」企業に認定された。2017年Aリストは160社のグローバル企業で構成され、「気候変動」、「ウォーター」ともにAリストに認定された日本企業は6社。同社がAリストに認定されるのは、「気候変動」については2014年から4年連続、「ウォーター」については2年連続。

CDPは2000年に英国で発足。旧名称はCarbon Disclosure Project。企業や都市の重要な環境情報を測定、開示、管理し、共有するための唯一のグローバルなシステムを提供している非営利組織。企業や政府が温室効果ガスの排出を減らし、水資源を守り、森林を守ることを促進している。
キリングループは、「キリングループ長期環境ビジョン」の中で、生物資源、水資源、容器包装、地球温暖化を重要な4つのテーマとして定めている。

その中の水資源については、事業を行う各地域で工程を見直し、水の循環利用を進めるなどの節水活動を行なっている。また、工場からの排水においては使い終わった水を綺麗にして自然にかえす取り組み、そして業界に先駆けて製造拠点の水源地での森林保全活動を開始し従業員や地域の方々を取り組みを進めるなど、水資源を持続可能にするための取り組みを積極的に行なっている。さらに、水資源は国や地域によって大きく偏るので、世界に展開している35ヶ所の主要製造拠点の流域で水のリスク調査を行い、その結果を踏まえた対応を行うようにしているという。

今回はこれらの積極的な活動が高く評価された形だ。キリングループは、今後も豊かな地球の恵みを将来に渡って享受し引き継ぎたいという思いをつないでいくために、様々な活動に取り組んでいく姿勢だ。


関連する記事

アーカイブス

赤穂化成 海洋深層水で幻の魚「サツキマス」を養殖、販売へ

赤穂化成 海洋深層水で幻の魚「サツキマス」を養殖、2020年9月より販売へ (参照:赤穂化成(株) 手軽にマグ [&he・・・

記事全文

渋谷駅 地下雨水貯留施設供用開始へ 再開発で整備

渋谷駅東口 地下雨水貯留施設供用開始へ 再開発で整備 (参照:大阪府 治水用の地下神殿「寝屋川北部地下河川讃良 [&he・・・

記事全文

宇都宮市 田んぼダム普及で水害に強い街づくりを目指す

宇都宮市 田んぼダム普及で水害に強い街へ 目標雨水貯留量を達成 (参照: 農研機構 農業用水路の流水熱をヒート [&he・・・

記事全文

福島県郡山地方消防本部 水難救助隊に水上バイクを導入

福島県郡山地方消防本部 水難救助隊に水上バイクを導入、配置式と訓練を行なう (参照: (株)セキド 水中スクー [&he・・・

記事全文

静岡県富士山世界遺産センター 富士山の湧水についての秘密に迫る企画展スタート

静岡県富士山世界遺産センター 企画展「富士山の湧水―その道のりと歴史」10/4まで (参照:(一社)海洋連盟  [&he・・・

記事全文

近畿地方整備局 天ヶ瀬ダムのトンネル工事完了で国内最大級の放流設備へ

近畿地方整備局 天ヶ瀬ダムのトンネル貫通、国内最大級の放流設備が完成へ (参照:国土交通省 ダム貯水の事前放流 [&he・・・

記事全文

(株)JR東日本ウォータービジネス From AQUA 天然水ゼリー好調により緊急増産

(株)JR東日本ウォータービジネス 天然水ゼリーの出荷実績好調、緊急増産を決定 (参照:無印良品 「自分で詰め [&he・・・

記事全文

クボタ機工(株) 排水機場河川ポンプのサビ点検をAIで検知するツールを開発

クボタ機工(株) 排水機場河川ポンプのサビ点検、AI検知ツールで効率化へ (参照:)[ 2020/09/28 ]

記事全文

国土交通省 下水処理場を広域管理できる監視システム 本格検討へ

国土交通省 下水処理場を広域管理できる監視システム検討 省力化へ (参照:国土交通省 下水処理場を広域管理でき [&he・・・

記事全文

キリンビバレッジ(株) 年内で「ボルヴィック」の国内販売終了を決定

キリンビバレッジ(株) 2020年末で「ボルヴィック」の国内販売を終了 (参照:無印良品 「自分で詰める水のボ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR