株式会社スカイディスク、水処理関連の工場にAI・loT導入に向け、関連企業を連携に踏み出す。

[ 2018/01/20 ]


株式会社スカイディスク中島工業株式会社が水処理向けAI・IoTサービス構築検討のため基本合意書を締結。
(参照:トヨタとFuelCell Energy社、米国カリフォルニア州でバイオマスから水素・電気・水を生み出す「Tri-Gen」を建設

 


image from 株式会社スカイディスクのウェブサイト

「IoT」技術を開発するスタートアップの株式会社スカイディスクは、工場用設備設計、施工を専門とする中島工業株式会社と食品工場の水処理向けのAI・IoTサービス構築検討のための基本合意書を締結したことを発表した

それにより、工場向けの水源開発から浄水、排水まで効率化、業務改善を進めるという。また、中島工業株式会社は同時にAI・IoTサービスを専門とする子会社「AIエンジリニアリング株式会社」を設立。中島工業は創業93年になる、工場の水処理に関する経験がある、工場・工場設備の設計、施工、メンテナンスを行っている会社。AI・loTを活用しスマートファクトリー化することで浄水技術が向上し、より効率よくメンテナンスが行えることが可能になり、最終的に工場の生産性向上が見込めると考え、今回の合意書の締結に至った。

そして、特に水処理関連の工場のスマートファクトリー化をより推進していくために、自社が持っている食品工場向けの設備設計、構築、水処理技術、ITの専門家を集めて新たにAIエンジニアリングを設立することとなった。
第一弾としては、この3社で協働し、大手食品メーカー向けのスマートファクトリー化の取り組みに対して、サービスを提供することが決まっている
今後はこの取り組みを皮切りに、水源開発、浄水から排水までの一連の水処理分野において、両社の知見を組み合わせたサービス提供をすることで、食品工場の水処理におけるスマートファクトリー化を推進していくとしている。
スカイディスクは現在、工場関連の技術やノウハウを持つ企業と相次ぎ連携している。
注力してきた設備保全以外でも実用化を進め、総合的な工場向けサービスを目指す。


関連する記事

アーカイブス

長野県 諏訪湖の貧酸素水のメカニズム解明に向け本格始動

長野県 諏訪湖の貧酸素水、メカニズム解明へ計測開始 (参照:滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で)

記事全文

(株)クボタ 水環境事業で新体制 上水から下水までトータルにサービス提供

(株)クボタ 水環境事業で新体制 市場環境の変化に対応 上水から下水までトータルに (参照:厚木市 雨水貯留型 [&he・・・

記事全文

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 1年で全分解

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 微生物の力で全分解可能 (参照:開成町 全国初「ネット・ゼロ・ [&he・・・

記事全文

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 店内に給水機を設置

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 7/1店内給水機での給水サービススタート (参照: コカ・コーラシス [&he・・・

記事全文

(株)オーシン 水に濡らして気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」が好調

(株)オーシン 気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」好調 新型の予約を受付 (参照:サンコー(株) 水の循 [&he・・・

記事全文

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成 新しい浸水対策を模索 (参照:大阪府 治水用の地下神殿「寝屋川北部地 [&he・・・

記事全文

ニッコー(株) 業界No.1省エネ性能の一般家庭用小型浄化槽「水創り王」を発売

ニッコー(株) 2020年6月、省エネ性能抜群の一般家庭用小型浄化槽を発売 (参照:(株)日本トリム 電解水透 [&he・・・

記事全文

文化庁 京都の近代化に貢献した「琵琶湖疏水」を日本遺産に認定

文化庁 京都~滋賀間の「琵琶湖疏水」を日本遺産に認定 (参照:国土交通省 ダム貯水の事前放流についてのガイドラ [&he・・・

記事全文

国土交通省と経済産業省 マンション等の浸水対策ガイドラインを発表

国土交通省と経済産業省 建築物における電気設備の浸水対策ガイドラインを発表 (参照:国土交通省 熊本の記録的な [&he・・・

記事全文

長野県の地ビール「伊勢滝の風」 村酒販店活性化委員会が湧き水を採水

長野県の地ビール「伊勢滝の風」 村酒販店活性化委員会が湧き水を採水 伊勢滝付近で (参照:神奈川県中井町 「丹 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR