日東電工、滋賀事務所において今後5年以内に、「循環型グリーン工場」を目指す

[ 2018/04/27 ]


日東電工、滋賀事務所において自社逆浸透膜技術を活用し、今後5年以内に「循環型グリーン工場」を目指す
(参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工場に導入、日本水環境学会の技術奨励賞を受賞。)


image from 日東電工のウェブサイト

4月11日日東電工株式会社は環境に配慮した「循環型グリーン工場」に向けた取り組みに関して発表した。逆浸透膜製造工場でもある滋賀事務所において、その技術を活用し、今後5年以内に「循環型グリーン工場」目指すと発表した。

同社は滋賀事務所で製造されている圧力をかけて排水から純粋な水だけを取り出せる「逆浸透膜」を使った装置を導入し、その逆浸透膜製造工程でできる排水・廃液を製造工程で再び利用させるという。この滋賀工場では電子産業向けの超純水装置や排水処理に使う膜製品を製造している。その膜製品を作る工程には1日あたり2500トンという大量の水が必要とされる。この工場排水の再利用により水の使用料を約5分の1に抑える節水型工場の実証実験を2019年度から行い、新しく開発した「膜製品」の効果を検証する。排水・廃液を効率よく濃縮するための技術検証を行い、製品開発を行っていく。成果が確認できれば、アジアを中心に販売していく計画もある。
インド、中国などの新興国では、では産業排水による水質汚染が深刻化して近年排水の規制が高まっておりアジアのニーズが高まっているということも背景にある。

同社は今後5年間で逆浸透膜技術とその他の水処理技術を融合させて、水の排水利用率を50%
から90%に向上させて、同時に廃液の再利用を進めていくという。
目指す「循環型グリーン工場」の達成により環境負荷の低減をはかり、今回の実証実験に使用する新製品を国内外で進む排水・廃液ゼロ化(ZeroLiquidDischarge)の動きへ提案していき、水資源の再利用化の促進に貢献していきたいという姿勢だ。


関連する記事

アーカイブス

株式会社日立製作所が2018年10月よりIoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを提供開始

株式会社日立製作所は、IoTを活用した上下水道事業を支援するクラウドサービス「O&M支援デジタルソリ [&he・・・

記事全文

IWA世界会議が東京で開催される。

国際水協会(IWA:International Water Association)東京世界会議が9月16日か [&he・・・

記事全文

アメリカ中西部穀倉地帯におけるの水源の危機

アメリカでは1970年代から中西部穀倉地帯と呼ばれている地域におけるオガララ帯水層の水位低下が指摘されている。 [&he・・・

記事全文

バーチャルウォーターを考える

今日食べた食物を作るためにどれくらいの水が使われているか考えたことはあるだろうか (参照:プラスチックごみもC [&he・・・

記事全文

日本の名水百選

日本各地にある平成の名水選を紹介する。 (参照:静岡・三島の源兵衛川が世界水遺産に登録。)[ 2018/09/10 ]

記事全文

日本水フォーラムがはじめた水検定

水に関して知識に自信のある方受けてみませんか? (参照:東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル)

記事全文

水道の検診にもスマートメーター

水道スマートメーターの活用に向けて開発・研究が動き始めている。 (参照:株式会社クボタ、次世代の水道管を開発)

記事全文

荒瀬ダム国内初のダム撤去

国内初の本格的なダムの撤去となった熊本県八代市坂本町の県営荒瀬ダムの工事が終わった。 (参照:八ッ場ダム 費用 [&he・・・

記事全文

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR