霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

[ 2018/05/03 ]


霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。
(参照:東京五輪、お台場会場で基準値を超える大腸菌検出、対策を求められる。


image from みやざき観光情報ナビのウェブサイト

4月19日、宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島連山硫黄山が250年ぶりに噴火して以降、周辺の川や麓で水の白濁が確認された。その後、各所で行われた水質検査の結果が報告されている。近くを流れる長江川の上流付近では環境基準の200倍のヒ素が検出され、他6項目でも基準値を超える値が検出された。
長江川の下流で合流する川内川では大量の魚の死骸が見つかっており流域の自治体がその対応に追われているという。

5月2日に、宮崎県は鹿児島県に流れ込む川内川の宮崎側最下流の水質検査で、環境基準の2,4倍のヒ素が検出されたと発表した。宮崎県は、噴火以降長江川で検出された結果との関連を調べている。
現在のところ被害報告はなく、県は対象地域は水道水の利用はないが飲んでも直ちに健康には影響はないレベルという。
ただし引き続き、川の水を農業などで使うと生育に影響が出る可能性があるとして、流域の農家らに注意を呼びかけている。
鹿児島県伊佐市などを流れる川内川にも影響を及ぼす可能性があるとして、宮崎県が鹿児島県に今回の検査データの結果を共有するなどして連携を図っている。
また、長江川とつながる鹿児島県伊佐市の川内川では29日に開かれる予定だったカヌー大会が中止になるなど大型連休のイベントにも影響が出ているという。

硫黄山が先月19日に噴火した時点では、気象庁は噴火警戒レベルを「入山規制」3に引き上げていたが、26日を最後に噴火がなく火山性地震も概ね少ない状態が続いているので、5月1日午後、噴火警戒レベルを「火口周辺規制」の2に引き下げた。


関連する記事

アーカイブス

栃木県 地下の排水設備を給水に活用、露地野菜栽培を省力化へ

栃木県 露地野菜の栽培に地下排水設備を活用 (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防 [&he・・・

記事全文

FullDepth 2020年5月に水中探査用のドローンを量産予定

FullDepth 水中探査用のドローンを量産、遠隔操作で点検へ (参照:CFD販売(株) 水中ドローンを使用 [&he・・・

記事全文

ヒルトン名古屋 マイボトル、マイカップ持参で飲料水を無料提供

ヒルトン名古屋 ウォーターステーションを設置、マイボトル、マイカップ持参で飲料水を無料提供 (参照:株式会社矢 [&he・・・

記事全文

(株)シーエス研究所 首こり専用のマッサージロボット「アクアエース」発売

(株)シーエス研究所 首こり専用のウォーターベッド型マッサージロボ「アクアエース」発売 (参照:ジョンソンヘル [&he・・・

記事全文

中国電力 治水対策としての事前放流を決定

中国電力 中国四国以西初、民間発電目的のダムで事前放流を決定 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操 [&he・・・

記事全文

美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ます次郎」を特産品化へ

美祢市 日本100名水育ちの養殖ニジマス「ます次郎」を特産品化へ (参照:新潟県佐渡海洋深層水 南蛮エビを生き [&he・・・

記事全文

COOL JAPAN AWARD2019 那須の「水庭」が受賞決定

COOL JAPAN AWARD2019 受賞53作決定。「水庭」の受賞も (参照:(株)バスクリン 森林を整 [&he・・・

記事全文

アリゾナ州立大学 小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見

アリゾナ州立大学 「はやぶさ」が持ち帰った小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見 (参照:NASA探査機OSI [&he・・・

記事全文

メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択

メタウォーター(株)を含む共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択される (参照:大阪市水道局と日 [&he・・・

記事全文

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を緩和方向へ見直し

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を見直しへ 基準緩和への動き (参照:浪速工作所と日本スレッド 工業用水を浄化する [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR