自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

[ 2018/06/29 ]


茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」
(参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工場に導入、日本水環境学会の技術奨励賞を受賞。


image from 経済月報2014年2月号

近年注目されている再生可能エネルギー。その中でも日本において水資源は豊富なことから適していると言われているのが水力発電である。しかし、既存の水力発電は大規模なダム開発を行い落差を利用した発電施設となり周辺環境への影響が非常に大きい。

 茨城製作所が開発した「Cappa」は川や水路の流れによって発電することから周辺環境への影響を心配することなく設置可能だ。

 通常、ダムによる水力発電は高いところから低いところへ水を落とす際のエネルギーを利用して水車を回転させ、電気エネルギーに変換している。その点、Cappaは川や水路に足場を渡して沈めるだけで発電可能だという。設置環境は水深50センチ以上、幅は1.1〜4.5メートルの川や水路に沈めるだけであり、土木工事は必要なく、製品自体も57キログラムと軽いので大人二人いれば15分ほどで設置ができる。

 発電方法はとてもシンプルであり、装置を水路や川に沈めると水の流れによってプロペラが回り、そのエネルギーが発電機を駆動させ、電気エネルギーに変換している。本体にF1マシンの構造、プロペラに航空機の技術を応用している。これにより水流の速度を上げてより多くのエネルギーを生み出すことを可能にしている。
 自然環境を破壊することなく新しい水力発電の形を実現したCappa。小さな製品であるがとても大きな可能性を秘めている。


関連する記事

アーカイブス

NPO法人はちろうプロジェクト 遊びながら学べる環境カードゲーム完成

NPO法人はちろうプロジェクト 遊びながら学べる環境カードゲーム「はちリバ」完成 (参照:小山市 「土地改良施 [&he・・・

記事全文

(株)チック 水中ドローンのWEBショップ開設 導入や運用、専門スクールも

(株)チック 水中ドローン「BlueROV2」のWEBショップ開設 導入や運用、専門スクールも (参照:CFD [&he・・・

記事全文

DCMホールディングス 水に浸して使う土のう袋を発売

DCMホールディングス 水に浸すと膨らむ土のう袋を発売 (参照: 厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等 [&he・・・

記事全文

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用新配送サービスを開始

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用の新しい配送サービスを開始 (参照:ヒルトン名古屋 [&he・・・

記事全文

アトラスコプコ(株) 東ティモールで「Water for All」プロジェクトを始動

アトラスコプコ(株) 東ティモールで水や衛生環境改善のための「Water for All」プロジェクトを始動 [&he・・・

記事全文

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、本格スタート

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、セネガルで本格導入 (参照:三井住友建設(株) カンボジアでの上水道 [&he・・・

記事全文

未来工業と和仁農園 田んぼで使える自動止水装置を共同開発 

未来工業と和仁農園 田んぼの自動止水装置を共同開発 (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統 [&he・・・

記事全文

サントリー 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結

サントリーホールディングス(株) 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結 (参照:(株)バスクリン 森 [&he・・・

記事全文

産総研 地下水情報が目で見てわかる地図「水文環境図」を更新

産総研 地下水情報が可視化された地図「水文環境図」を更新しWEBで公開 (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能 [&he・・・

記事全文

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け川の調査へ

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け、川のプラごみ調査を開始 (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ま [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR