株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

[ 2018/06/29 ]


パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。
(参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響


image from 株式会社クボタのウェブサイト

現在、日本の水道管はダクタイル鋳鉄管と呼ばれる地震に対して強い耐震管が主流となっている。これらを製造しているメーカーに株式会社クボタがある。同社は2010年に従来の製品よりもコスト縮減、施工性向上、長寿命を実現させた新耐震管GENEX管を開発した。

 従来の水道管は30年が更新の目安であり寿命とされていたが、このGENEX管は100年の耐久性が期待できるという。GENEX管の特徴は管外面に耐食塗装が施されていて、これにより地中環境からの影響による腐食を防ぎ、長寿命化を実現させている。
 2013年度の日本の水道管の総延長は約65万キロメートルに達し、地球約16週分の長さにもなる。しかし、水道管路の耐震化率は各自治体の水道事業収益が右肩下がりな事もあり、30パーセント程度と低い。1960年代から70年代にかけて人口の増加とともに布設された水道管がいま、限界に近い状態で利用されており、水道管の更新が急務とされている。

 そのような中、開発されたGENEX管にかかる期待は大きく、全国の各自治体で採用が進んでいる。また、同社は近年これらのパイプ事業を核として中東やヨーロッパ、アメリカにも販売を広め、幅広く採用されグローバルに展開している。


関連する記事

アーカイブス

JR前橋駅 自然環境に優しい駅「エコステ」モデル駅に

JR前橋駅 水をテーマとした自然環境に優しい駅「エコステ」モデル駅へ (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「 [&he・・・

記事全文

栃木県 地下の排水設備を給水に活用、露地野菜栽培を省力化へ

栃木県 露地野菜の栽培に地下排水設備を活用 (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防 [&he・・・

記事全文

FullDepth 2020年5月に水中探査用のドローンを量産予定

FullDepth 水中探査用のドローンを量産、遠隔操作で点検へ (参照:CFD販売(株) 水中ドローンを使用 [&he・・・

記事全文

ヒルトン名古屋 マイボトル、マイカップ持参で飲料水を無料提供

ヒルトン名古屋 ウォーターステーションを設置、マイボトル、マイカップ持参で飲料水を無料提供 (参照:株式会社矢 [&he・・・

記事全文

(株)シーエス研究所 首こり専用のマッサージロボット「アクアエース」発売

(株)シーエス研究所 首こり専用のウォーターベッド型マッサージロボ「アクアエース」発売 (参照:ジョンソンヘル [&he・・・

記事全文

中国電力 治水対策としての事前放流を決定

中国電力 中国四国以西初、民間発電目的のダムで事前放流を決定 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操 [&he・・・

記事全文

美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ます次郎」を特産品化へ

美祢市 日本100名水育ちの養殖ニジマス「ます次郎」を特産品化へ (参照:新潟県佐渡海洋深層水 南蛮エビを生き [&he・・・

記事全文

COOL JAPAN AWARD2019 那須の「水庭」が受賞決定

COOL JAPAN AWARD2019 受賞53作決定。「水庭」の受賞も (参照:(株)バスクリン 森林を整 [&he・・・

記事全文

アリゾナ州立大学 小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見

アリゾナ州立大学 「はやぶさ」が持ち帰った小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見 (参照:NASA探査機OSI [&he・・・

記事全文

メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択

メタウォーター(株)を含む共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択される (参照:大阪市水道局と日 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR