水の有効利用と食糧危機を救う技術『アクアポニックス』

[ 2018/10/05 ]


古くからの歴史を持つ技術が人類を水環境問題や食糧危機から救う可能性を秘めている。
(参照:野菜の育て方を変える。話題の水耕栽培ガジェット、「foop」。


image from 新電力ネットのウェブサイト

日本国内では人口減少に歯止めがかからないが、世界的に見れば人口は日々増加し食料危機が大きな問題となっている。そこで現在注目されている技術が「アクアポニックス」である。アクアポニックスとは魚の養殖と水耕栽培を組み合わせたシステムである。魚の排泄物が含まれた水槽の水を水耕栽培に与え食物の生育に活用している。食物の根が魚の排泄物(栄養分)を吸収して、水を浄化する。そして、浄化された水が再び水槽へと戻っていくというシステムである。

 アクアポニックスのルーツは古く、およそ1000年前に遡る。諸説あるが、最も古い事例は、現在のメキシコ地域、低地に住んでいたマヤ族が行っていた河の表面につくった”いかだ”上で植物を育てる農法がルーツと考えられている。植物の栽培場所は、浅い湖に浮かんだ島。運河や周辺の都市から栄養豊富な水が流れこみ、それを灌漑に利用していた。また、東南アジアでもタイやインドネシアでは、魚を用いた水田栽培が行われていた。
 その後、多くの改良が重ねられ米国において1990年代初頭に、ミズーリ州の農家が水槽にティラピアを泳がせ、そこから流れる栄養豊富な水を利用して、砂利を敷いた循環型の水槽で、ハーブや野菜を育てることに成功した。

水資源に乏しいバングラデシュや発展途上国のバルバドスにおいても盛んに利用されており、バルバドスでは家庭でのアクアポニックスシステム設置の促進が行われ、輸入食品への依存度を減らし食料危機への対策を図っている
 アクアポニックスは養殖した魚と水耕栽培で育てた野菜を一度で二度味わえることが最大の魅力である。また他の養殖技術に比べて、栄養豊富な汚水をシステム外に排出せずに循環させるため、環境に与える影響を大幅に減らすことができることからも今後の広まりに期待がかかっている。


関連する記事

アーカイブス

コカ・コーラシステム 強炭酸水「アイシー・スパーク from カナダドライ」発売

コカ・コーラシステム 強炭酸水「アイシー・スパーク from カナダドライ」5月発売[ 2021/06/22 ]

記事全文

(株)サーフレジェンド 海専門の気象情報サービスにリアルタイム風予報を追加

(株)サーフレジェンド 海の気象情報「マリンウェザー海快晴」に風の新機能追加[ 2021/06/19 ]

記事全文

Apple社 水辺や水中での動作モードの自動切り替えで米特許を取得

Apple社 水辺や水中で動作モードを自動切り替えするスマホ 特許を取得 [ 2021/06/17 ]

記事全文

「From AQUA」 業務用商品「From AQUA リターナブル瓶」2021年4月発売開始

「From AQUA」 「From AQUA リターナブル瓶」発売開始 ホテルや飲食店向け[ 2021/06/14 ]

記事全文

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 6月22日~7月7日まで 

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 東京都昭島市にて[ 2021/06/12 ]

記事全文

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認 治水効果の検証必須[ 2021/06/10 ]

記事全文

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を仲介しフードバンク団体へ寄付 

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を福島県のフードバンク団体へ寄付[ 2021/06/08 ]

記事全文

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船1隻にマイクロプラスチック回収装置を搭載

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船にマイクロプラスチック回収装置搭載 5隻目[ 2021/06/01 ]

記事全文

サントリーホールディングス(株) 水育「出張授業」オンラインでも 参加校募集始まる

サントリーホールディングス(株) 「出張授業」参加校募集始まる オンライン授業導入[ 2021/05/30 ]

記事全文

アンヴァール(株) 海水由来の水酸化マグネシウムの量産に向けた体制を強化へ

アンヴァール(株) 海水を利用した水酸化マグネシウムを量産へ 2021年度内に構築[ 2021/05/26 ]

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR