岐阜県 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成

[ 2019/01/02 ]


岐阜県関市 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成、稼働
(参照:関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2024年6月から一般開放へ)


image from Pixaby

2018年12月5日、岐阜県関市板取で、小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成、稼働した。板取川清流発電所は、板取川支流である岩本谷川の農業用水「岩本用水」の落差を利用して発電タービンを回し、電力を生み出すというもの。落差は24.4mあり、最大出力は52kWにのぼる。年間発電量は43.1万kWになる見込みで、これは一般家庭120世帯分の使用電力量に相当する。施設の管理主体は関市になるが、実際の運営は地元の自治体が担い、板取川清流発電所で発電した電力は電力会社に売ることになる。

5日に開かれた板取川清流発電所の通電式には、尾関健治市長や尾藤義昭県議会議長、地元の関係者ら約30人が出席、完成を祝った。農業用水を活用した売電目的での小水力発電施設の完成は、関市市内で初となる。施設完成までの事業費は国が半額を負担し、県と市が残りの半分を折半した形となり、かかった総事業費は約3億900万円だった。

小水力発電は河川の水流を貯めることなく利用でき、これまで使われていなかったエネルギーを有効活用するシステム。河川や周辺の環境を変えることなくエネルギーを生み出すことができる、環境配慮型の電力設備だ。年間・昼夜を問わず発電できるというメリットがある一方で、法的な規制や申請に関わる手続きが煩雑というデメリットもある。日本での認知度はまだまだ低く、経済性が認められれば、取り入れる自治体が増える可能性がある。


関連する記事

アーカイブス

「From AQUA」 業務用商品「From AQUA リターナブル瓶」2021年4月発売開始

「From AQUA」 「From AQUA リターナブル瓶」発売開始 ホテルや飲食店向け[ 2021/06/14 ]

記事全文

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 6月22日~7月7日まで 

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 東京都昭島市にて[ 2021/06/12 ]

記事全文

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認 治水効果の検証必須[ 2021/06/10 ]

記事全文

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を仲介しフードバンク団体へ寄付 

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を福島県のフードバンク団体へ寄付[ 2021/06/08 ]

記事全文

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船1隻にマイクロプラスチック回収装置を搭載

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船にマイクロプラスチック回収装置搭載 5隻目[ 2021/06/01 ]

記事全文

サントリーホールディングス(株) 水育「出張授業」オンラインでも 参加校募集始まる

サントリーホールディングス(株) 「出張授業」参加校募集始まる オンライン授業導入[ 2021/05/30 ]

記事全文

アンヴァール(株) 海水由来の水酸化マグネシウムの量産に向けた体制を強化へ

アンヴァール(株) 海水を利用した水酸化マグネシウムを量産へ 2021年度内に構築[ 2021/05/26 ]

記事全文

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 大賞は生駒市

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 生駒市が大賞を受賞 (参照:西・・・

記事全文

栗田工業㈱ AIで水処理効率化の新手法 米スタートアップ企業と共同開発

栗田工業㈱ AIで水処理効率化の新手法開発 米スタートアップ企業と共同で (参照:理研 水表面における「フェノール」の光・・・

記事全文

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム「再開発ストックヤード見学会」を実施

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム再開発ストックヤード見学会、堆砂対策施設公開 (参照:(株)日立製作所 ダム放流計画の・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR