WHO 飲料水の微小プラ問題は浄化装置除去、影響なしと発表

[ 2019/10/09 ]


WHO 飲料水の微小プラ問題、影響なしと発表
(参照:ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用新配送サービスを開始)


image from Pixabay

2019年8月22日 世界保健機関(WHO)は、マイクロプラスチック問題について、上下水道の浄化装置が作用している飲料水では及ぼす影響が少ないと発表した。上下水道の処理施設では、浄化装置に使用するろ過膜の孔の大きさがマイクロプラスチックよりも小さく、病原菌や化学物質も除去することが可能であるため、現時点では、マイクロプラスチックによる健康に与える影響の心配は少ないという。世界保健機関(WHO)が受け取った報告書によると、マイクロプラスチックの大きさが150マイクロメートルより大きければ、体内に取り込まれることはないとのこと。

一方で、発展途上国では衛生的に適切な上下水施設が整っていない地域も多く、途上国のお多くは水源がマイクロプラスチックで高濃度に汚染されているのではないかという内容を指摘している。衛生的な上下水施設は、飲料用水だけでなく医療等の福祉にも大きく関わるため、途上国での施設の整備に早急な対処が求められる。

現状では上下水道の処理施設が整っている多くの国と地域では、健康への影響は考えられないとしているが、マイクロプラスチックをどの程度摂取すれば健康被害が出るのかという点は不明瞭な状況にある。世界保健機関(WHO)もマイクロプラスチックについてはさらなる研究が必要だとしている。


関連する記事

アーカイブス

「From AQUA」 業務用商品「From AQUA リターナブル瓶」2021年4月発売開始

「From AQUA」 「From AQUA リターナブル瓶」発売開始 ホテルや飲食店向け[ 2021/06/14 ]

記事全文

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 6月22日~7月7日まで 

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 東京都昭島市にて[ 2021/06/12 ]

記事全文

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認 治水効果の検証必須[ 2021/06/10 ]

記事全文

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を仲介しフードバンク団体へ寄付 

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を福島県のフードバンク団体へ寄付[ 2021/06/08 ]

記事全文

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船1隻にマイクロプラスチック回収装置を搭載

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船にマイクロプラスチック回収装置搭載 5隻目[ 2021/06/01 ]

記事全文

サントリーホールディングス(株) 水育「出張授業」オンラインでも 参加校募集始まる

サントリーホールディングス(株) 「出張授業」参加校募集始まる オンライン授業導入[ 2021/05/30 ]

記事全文

アンヴァール(株) 海水由来の水酸化マグネシウムの量産に向けた体制を強化へ

アンヴァール(株) 海水を利用した水酸化マグネシウムを量産へ 2021年度内に構築[ 2021/05/26 ]

記事全文

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 大賞は生駒市

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 生駒市が大賞を受賞 (参照:西・・・

記事全文

栗田工業㈱ AIで水処理効率化の新手法 米スタートアップ企業と共同開発

栗田工業㈱ AIで水処理効率化の新手法開発 米スタートアップ企業と共同で (参照:理研 水表面における「フェノール」の光・・・

記事全文

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム「再開発ストックヤード見学会」を実施

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム再開発ストックヤード見学会、堆砂対策施設公開 (参照:(株)日立製作所 ダム放流計画の・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR