インド 大雨や洪水の対策に日本の首都圏外郭放水路の導入を検討

[ 2019/11/14 ]


インド・ムンバイ市 大雨や洪水等災害対策に日本の首都圏外郭放水路の導入を検討
(参照:三井住友建設(株) カンボジアでの上水道拡張整備工事を落成)


image from 写真AC

インドのムンバイ市政府が、大雨や洪水等の災害対策として、日本の首都圏外郭放水路を参考にした水路の導入を検討していることが分かった。9月9日に関係会議に提案されたことをタイムズ・オブ・インディア紙が報じている。

ムンバイ市政府は、北部にあるビハール湖とトゥルシー湖の周辺にタンクとなる大型地下施設の建設を検討している。毎年モンスーンの時期には、ビハール湖とトゥルシー湖に大量の雨水が流れ込み、流出河川の氾濫が起きている。流出河川であるミティ川はムンバイを縦断しており、河川の氾濫だけにとどまらず、建造物の倒壊による人的被害、道路の冠水により市街地の交通まひなど、人的・経済的にも被害が大きい。

同時に、インドではモンスーンの時期に先1年分の飲料水や農業用水の確保が必要とされ、水インフラの構築は長年の重要課題となっている。今回ムンバイ市政府が検討している日本の首都圏外郭放水路は、洪水時に東京や埼玉での複数の河川の水の一部を水量に余裕のある江戸川へ流すというもので、地下放水路としての規模は世界最大級とされている。

大規模な地下施設の整備だけでなく、付随する各種設備を含めた管理システムなどの整備も必要となる。課題は残されているが、完成すれば、ムンバイ市の災害被害を抑えられる対策として期待されている。


関連する記事

アーカイブス

「From AQUA」 業務用商品「From AQUA リターナブル瓶」2021年4月発売開始

「From AQUA」 「From AQUA リターナブル瓶」発売開始 ホテルや飲食店向け[ 2021/06/14 ]

記事全文

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 6月22日~7月7日まで 

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 東京都昭島市にて[ 2021/06/12 ]

記事全文

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認 治水効果の検証必須[ 2021/06/10 ]

記事全文

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を仲介しフードバンク団体へ寄付 

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を福島県のフードバンク団体へ寄付[ 2021/06/08 ]

記事全文

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船1隻にマイクロプラスチック回収装置を搭載

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船にマイクロプラスチック回収装置搭載 5隻目[ 2021/06/01 ]

記事全文

サントリーホールディングス(株) 水育「出張授業」オンラインでも 参加校募集始まる

サントリーホールディングス(株) 「出張授業」参加校募集始まる オンライン授業導入[ 2021/05/30 ]

記事全文

アンヴァール(株) 海水由来の水酸化マグネシウムの量産に向けた体制を強化へ

アンヴァール(株) 海水を利用した水酸化マグネシウムを量産へ 2021年度内に構築[ 2021/05/26 ]

記事全文

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 大賞は生駒市

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 生駒市が大賞を受賞 (参照:西・・・

記事全文

栗田工業㈱ AIで水処理効率化の新手法 米スタートアップ企業と共同開発

栗田工業㈱ AIで水処理効率化の新手法開発 米スタートアップ企業と共同で (参照:理研 水表面における「フェノール」の光・・・

記事全文

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム「再開発ストックヤード見学会」を実施

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム再開発ストックヤード見学会、堆砂対策施設公開 (参照:(株)日立製作所 ダム放流計画の・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR