パテント・リザルト、バラスト水処理技術、特許総合力のランキングの企業調査結果を発表 トップは三井造船、続いて日立製作所、三菱重工業

[ 2010/12/20 ]


2010年12月21日、企業の経営データ分析、調査会社である株式会社パテント・リザルトから、バラスト水処理技術について、国内の特許総合力調査の結果が発表された。バラスと水とは船が出港する際に、安定を保つためにその港から船体に取水し、それを到着した先の港で排水するものだ。現在、このバラスト水による環境汚染が国際的な問題となっている。

船の航行によるバラスト水の移動は、システムは外来生物種をバラスト水とともに持ち込むことで、入港先の生態系バランスを崩してしまうことが問題となっている。このような問題を受け、国際海事機関(IMO)は「バラスト水管理条約」を採択しており、条約批准国の船舶については、バラスト水処理装置の搭載が義務付けらるようになっている。この条約による動きは、船舶会社、ろ過膜技術を持つ企業などにとり大きなビジネスチャンスと考えられている。(参考:双日子会社、双日マリンアンドエンジニアリングが船舶用バラスト水処理装置販売を本格展開株式会社モノベエンジニアリング 船舶バラスト水の浄化用、バネ式フィルターの開発に成功)尚、本調査結果のデータは同社から販売される。

今回の同社の調査では、同社の独自評価方法である「パテントスコア」をベースとして、特許の質と量から総合的に見た評価を実施。その結果、トップに、三井造船、2位が日立製作所、3位が三菱重工業となった。
トップのた三井造船は、特許出願の時期は出遅れがあったものの、その数が圧倒的である。出願件数は同順位で2位のJFEエンジニアリングの約2倍となっている。これは、三井造船がバラスト水処理技術に対し積極的な特許戦略をとっていることが考えられる。この取り組みは同社がIMOの基本承認を早期に受けている要因の一つであると考察できる。


関連する記事

アーカイブス

コカ・コーラシステム 強炭酸水「アイシー・スパーク from カナダドライ」発売

コカ・コーラシステム 強炭酸水「アイシー・スパーク from カナダドライ」5月発売[ 2021/06/22 ]

記事全文

(株)サーフレジェンド 海専門の気象情報サービスにリアルタイム風予報を追加

(株)サーフレジェンド 海の気象情報「マリンウェザー海快晴」に風の新機能追加[ 2021/06/19 ]

記事全文

Apple社 水辺や水中での動作モードの自動切り替えで米特許を取得

Apple社 水辺や水中で動作モードを自動切り替えするスマホ 特許を取得 [ 2021/06/17 ]

記事全文

「From AQUA」 業務用商品「From AQUA リターナブル瓶」2021年4月発売開始

「From AQUA」 「From AQUA リターナブル瓶」発売開始 ホテルや飲食店向け[ 2021/06/14 ]

記事全文

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 6月22日~7月7日まで 

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 東京都昭島市にて[ 2021/06/12 ]

記事全文

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認 治水効果の検証必須[ 2021/06/10 ]

記事全文

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を仲介しフードバンク団体へ寄付 

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を福島県のフードバンク団体へ寄付[ 2021/06/08 ]

記事全文

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船1隻にマイクロプラスチック回収装置を搭載

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船にマイクロプラスチック回収装置搭載 5隻目[ 2021/06/01 ]

記事全文

サントリーホールディングス(株) 水育「出張授業」オンラインでも 参加校募集始まる

サントリーホールディングス(株) 「出張授業」参加校募集始まる オンライン授業導入[ 2021/05/30 ]

記事全文

アンヴァール(株) 海水由来の水酸化マグネシウムの量産に向けた体制を強化へ

アンヴァール(株) 海水を利用した水酸化マグネシウムを量産へ 2021年度内に構築[ 2021/05/26 ]

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR