滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で

[ 2020/08/04 ]


滋賀県 琵琶湖の低酸素状態、アオコ大量発生の懸念
(参照:阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取った水草をシカのエサに)


image from 滋賀県公式HPより

滋賀県の琵琶湖で、「琵琶湖の深呼吸」と呼ばれる酸素が循環されない状態が2年連続で続くという異例の事態になっている。琵琶湖では、1~2月ごろに表層の水が冷えて低層の水と比重が同じくらいになり、酸素を多く含んだ水と貧酸素の水が混ざり合う。

1年分の酸素が湖底に供給される「全層循環」が理想だが、昨年は湖底の酸素濃度が上がらず、全循環が1979年の観測開始以降、初めて確認できなかった。水中の酸素が少なくなると、水中生物の生存が難しくなるほか、湖底の泥に含まれるリンなどが溶け出し、「アオコ」の大量発生が懸念される。滋賀県はアオコの発生状況を公式ホームページで随時更新。昨年の水中カメラによる調査では、ハゼ科の固有種イサザの死骸が発見されたほか、魚の餌になるヨコエビが全滅している場所もあったという。いますぐ琵琶湖の生物の生態に大きな影響を与えるものではないが、異例事態として対処が急がれる。

2020年は3月に調査が行われ、水深が下がるにつれ酸素濃度が下がり、水深90m付近では1L当たり8.5~9.3mgと低く、全循環完了の目安となる1L当たり10mgには届かなかった。近年続く暖冬で、表層の水温が十分に下がらなかったことが原因ではないかとされている。水が循環しづらくなっているのは琵琶湖だけではなく、世界的にも水環境の大きな問題となっている。


関連する記事

アーカイブス

コカ・コーラシステム 強炭酸水「アイシー・スパーク from カナダドライ」発売

コカ・コーラシステム 強炭酸水「アイシー・スパーク from カナダドライ」5月発売[ 2021/06/22 ]

記事全文

(株)サーフレジェンド 海専門の気象情報サービスにリアルタイム風予報を追加

(株)サーフレジェンド 海の気象情報「マリンウェザー海快晴」に風の新機能追加[ 2021/06/19 ]

記事全文

Apple社 水辺や水中での動作モードの自動切り替えで米特許を取得

Apple社 水辺や水中で動作モードを自動切り替えするスマホ 特許を取得 [ 2021/06/17 ]

記事全文

「From AQUA」 業務用商品「From AQUA リターナブル瓶」2021年4月発売開始

「From AQUA」 「From AQUA リターナブル瓶」発売開始 ホテルや飲食店向け[ 2021/06/14 ]

記事全文

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 6月22日~7月7日まで 

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 東京都昭島市にて[ 2021/06/12 ]

記事全文

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認 治水効果の検証必須[ 2021/06/10 ]

記事全文

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を仲介しフードバンク団体へ寄付 

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を福島県のフードバンク団体へ寄付[ 2021/06/08 ]

記事全文

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船1隻にマイクロプラスチック回収装置を搭載

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船にマイクロプラスチック回収装置搭載 5隻目[ 2021/06/01 ]

記事全文

サントリーホールディングス(株) 水育「出張授業」オンラインでも 参加校募集始まる

サントリーホールディングス(株) 「出張授業」参加校募集始まる オンライン授業導入[ 2021/05/30 ]

記事全文

アンヴァール(株) 海水由来の水酸化マグネシウムの量産に向けた体制を強化へ

アンヴァール(株) 海水を利用した水酸化マグネシウムを量産へ 2021年度内に構築[ 2021/05/26 ]

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR