宮城県漁協組合 原発処理水の海洋放出に反対 要望書を提出、風評被害の拡大を懸念

[ 2020/08/14 ]


宮城県漁協組合 原発処理水の海洋放出に反対 風評被害拡大懸念で要望書を提出
(参照:日本水産・弓ヶ浜水産・日立造船 地下水を活用したマサバの陸上養殖実証試験をスタート)


image from 宮城県漁業組合HPより

2020年6月15日、宮城県漁協組合は東京電力福島第1原子力発電所の汚染処理水の処分について、村井県知事に要望書を提出。要望書には、汚染処理水を海洋放出しないよう、国に求めることを促す内容を記した。

原発の汚染水は、専用装置で処理して有害物質を取り除くことが基本だが、現在の技術では専用装置を用いても法茶性物質のトリチウムが残ることが分かっている。国際的には、トリチウムの濃度を基準値以下になるよう薄めて海洋放出し、汚染水を処理することが認められているが、地元漁業者からは反発の声が高まっている。日本の汚染水処理方法は未決定だが、国際基準を満たして海洋放出することを検討している。

宮城県では主要水産物であるホヤが、東日本大震災以来、韓国による禁輸措置が続いており、水産経済に大きな打撃を受けている。日本政府も2015年に科学的根拠のない差別的な措置だとしてWTO(世界貿易機関)に提訴したが、日本側の敗訴となった。漁業関係者はこれ以上風評被害を大きくしないためにも、原子力発電所の汚染処理水の海洋放出を断固反対していくという。宮城県村井知事も、海洋放出による宮城県の漁業への影響が大きいとし、県民代表として国に要望書を提出し漁業関係者の声として届けるとしている。


関連する記事

アーカイブス

「From AQUA」 業務用商品「From AQUA リターナブル瓶」2021年4月発売開始

「From AQUA」 「From AQUA リターナブル瓶」発売開始 ホテルや飲食店向け[ 2021/06/14 ]

記事全文

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 6月22日~7月7日まで 

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 東京都昭島市にて[ 2021/06/12 ]

記事全文

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認 治水効果の検証必須[ 2021/06/10 ]

記事全文

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を仲介しフードバンク団体へ寄付 

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を福島県のフードバンク団体へ寄付[ 2021/06/08 ]

記事全文

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船1隻にマイクロプラスチック回収装置を搭載

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船にマイクロプラスチック回収装置搭載 5隻目[ 2021/06/01 ]

記事全文

サントリーホールディングス(株) 水育「出張授業」オンラインでも 参加校募集始まる

サントリーホールディングス(株) 「出張授業」参加校募集始まる オンライン授業導入[ 2021/05/30 ]

記事全文

アンヴァール(株) 海水由来の水酸化マグネシウムの量産に向けた体制を強化へ

アンヴァール(株) 海水を利用した水酸化マグネシウムを量産へ 2021年度内に構築[ 2021/05/26 ]

記事全文

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 大賞は生駒市

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 生駒市が大賞を受賞 (参照:西・・・

記事全文

栗田工業㈱ AIで水処理効率化の新手法 米スタートアップ企業と共同開発

栗田工業㈱ AIで水処理効率化の新手法開発 米スタートアップ企業と共同で (参照:理研 水表面における「フェノール」の光・・・

記事全文

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム「再開発ストックヤード見学会」を実施

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム再開発ストックヤード見学会、堆砂対策施設公開 (参照:(株)日立製作所 ダム放流計画の・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR