近畿地方整備局 天ヶ瀬ダムのトンネル工事完了で国内最大級の放流設備へ

[ 2020/10/03 ]


近畿地方整備局 天ヶ瀬ダムのトンネル貫通、国内最大級の放流設備が完成へ
(参照:国土交通省 ダム貯水の事前放流についてのガイドライン制定)


image from 近畿地方整備局 淀川ダム統合管理事務所のウェブサイト

2020年7月22日、京都府宇治市で事業中の天ヶ瀬ダム再開発のトンネル工事(延長617m)が貫通したことを、国土交通省近畿地方整備局琵琶湖河川事務所が発表した。天ヶ瀬ダム再開発事業は、流入部・ゲート室部・導流部・減勢池部・吐口部で工事が進んでおり、延長617m、高さ26m最大トンネル径23mという、国内最大級の水路トンネルが完成する予定。今回貫通したのはダム湖の水深40mから水を引き入れる流入部で、今後はゲート設備や構造物の整備を行うことになる。

天ヶ瀬ダム再開発事業は、天ヶ瀬ダムの左岸側に放流設備を作り、ダムの放流能力を高めることが目的とされている。放流能力が高まると、ダム下流の河川の洪水調整機能の増強や、水力発電の能力増強、水道用水の安定確保などが見込まれる。事業は2013年からトンネル本体工事がスタート。2021年度末の完成を目指している。流入部本体工事は、大成建設株式会社が担当した。

宇治川は1953(昭和28)年に、台風による大雨で堤防が決壊。宇治市や枚方市(大阪府)に甚大に被害をもたらし、1955(昭和30)年から天ヶ瀬ダムの建設工事がスタートした。1964年には天ヶ瀬ダムが完成したが、翌年には再び台風により被害を受けることとなる。当時からダム機能の強化の必要性が議論されていた。


関連する記事

アーカイブス

(株)ビッグカメラ 宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す

(株)ビッグカメラ 富士山地下水で宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す (参照:星野リゾート 「星のや 竹富島」・・・

記事全文

長野県 千曲川の治水対策として川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す

長野県 千曲川緊急治水対策、川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す (参照:ALSOK 相模川でドローンを・・・

記事全文

(株)らしゅえっと 高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売

(株)らしゅえっと 合成添加物不使用の高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売 (参照:アイリスオーヤマ(株) 飲料水事・・・

記事全文

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功 5万倍の速さ (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用が・・・

記事全文

ALSOK 相模川でドローンを使った実証実験 AI判定や河川維持管理など

ALSOK 相模川でドローンを使った河川維持管理の実証実験 災害時の巡視や環境変化の解析など (参照:東京大学やNECネ・・・

記事全文

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」で大型の排水施設の出土を発表

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」東方官衙地区 大型の排水施設が出土 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所・・・

記事全文

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

WOTA(株) 環境省創設「環境スタートアップ事業構想賞」受賞

WOTA(株) 第1回環境スタートアップ大賞「環境スタートアップ事業構想賞」受賞 (参照:WOTA 自律分散型の水循環型・・・

記事全文

秋田県 水の効率化を図った発電 水力発電用新型水車の実証実験をスタート

秋田県 水力発電用新型水車の実証実験をスタート 水量効率化のため (参照:新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験・・・

記事全文

星野リゾート 「星のや 竹富島」で飲料水の自給をスタート

星野リゾート 「星のや 竹富島」で海水淡水化装置を利用した飲料水自給をスタート (参照:(株)星野リゾート 「星のや」ブ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR