国土交通省 海における次世代モビリティに関する産学官協議会立ち上げ 本格化へ

[ 2021/02/11 ]


国土交通省 海のドローン産業を本格化へ 2021年には実証実験も視野に

(参照:(株)セキド 水中スクーター「SUBLUE WHITESHARK MIX」の販売価格を改定)

image from Pixabay

国土交通省が海洋向け次世代モビリティ「海のドローン」の利活用を本格化する方針だ。2020年11月5日には「海における次世代モビリティに関する産学官協議会」を立ち上げ、産学官で意見交換をしている。協議会へは、学識経験者、研究機関、関係団体、自治体、メーカー、行政機関関係者らが参加した。

現在、ドローンといえば、空中で使用するドローンで災害現場や各種調査、探査に活用されているが、海洋国である日本では、沿岸や離島の海洋開発では海のドローンは大きな役割を果たしていくことが予想される。協議会の意見交換会では、離島への物資の運搬、沿岸のインフラ管理や漁業現場に置ける設備の点検や管理などで利活用ができるのではという意見も出たとしている。上手に活用できれば、ドローンによる危険個所の点検などで潜水士の負担も減らすことができる。

競技会では、海洋向け次世代モビリティとして、具体的には小型無人ボート(ASV)や自律型無人潜水機(AUV)、遠隔操作型無人潜水機(ROV)など遠隔操縦を基本とする小型機器を対象としている。

SDGsでも「海や海洋資源の持続可能な開発・利用」を目標のひとつに掲げており、海洋国家である日本が先だって産業としても成り立たせたい考え。「海における次世代モビリティに関する産学官協議会」は2021年3月までに方針等を取りまとめ、2021年度内には実証実験を進めたい方針。


関連する記事

アーカイブス

(株)ビッグカメラ 宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す

(株)ビッグカメラ 富士山地下水で宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す (参照:星野リゾート 「星のや 竹富島」・・・

記事全文

長野県 千曲川の治水対策として川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す

長野県 千曲川緊急治水対策、川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す (参照:ALSOK 相模川でドローンを・・・

記事全文

(株)らしゅえっと 高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売

(株)らしゅえっと 合成添加物不使用の高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売 (参照:アイリスオーヤマ(株) 飲料水事・・・

記事全文

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功 5万倍の速さ (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用が・・・

記事全文

ALSOK 相模川でドローンを使った実証実験 AI判定や河川維持管理など

ALSOK 相模川でドローンを使った河川維持管理の実証実験 災害時の巡視や環境変化の解析など (参照:東京大学やNECネ・・・

記事全文

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」で大型の排水施設の出土を発表

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」東方官衙地区 大型の排水施設が出土 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所・・・

記事全文

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

WOTA(株) 環境省創設「環境スタートアップ事業構想賞」受賞

WOTA(株) 第1回環境スタートアップ大賞「環境スタートアップ事業構想賞」受賞 (参照:WOTA 自律分散型の水循環型・・・

記事全文

秋田県 水の効率化を図った発電 水力発電用新型水車の実証実験をスタート

秋田県 水力発電用新型水車の実証実験をスタート 水量効率化のため (参照:新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験・・・

記事全文

星野リゾート 「星のや 竹富島」で飲料水の自給をスタート

星野リゾート 「星のや 竹富島」で海水淡水化装置を利用した飲料水自給をスタート (参照:(株)星野リゾート 「星のや」ブ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR