秋田県 水の効率化を図った発電 水力発電用新型水車の実証実験をスタート

[ 2021/04/11 ]


秋田県 水力発電用新型水車の実証実験をスタート 水量効率化のため

(参照:新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験 地下水節約のため)

秋田県早稲田大学東北小水力発電株式会社は、水力発電用の新しい水車の実証実験を2021年1月18日からスタートさせていることを明らかにした。秋田県と早稲田大学、東北小水力発電株式会社は、2017年に事業協定を結び、水量を減らして効率的に発電する方法について共同開発に取り組んでいる。事業費は約2億7500万円で、秋田県がその3分の1を担い、残りは国が補助している。

今回実証実験で使用されることとなった新型の水車では、水の圧力と速度を羽根車に作用させる「ランナー」部分の形状、水車を通過した後に水の出口となる箇所の形状、振動やぶれを抑えるなど、さまざまな内容が改良された。

新型水車による実証実験は、秋田県仙北市の秋田県鎧畑(ヨロイバタ)発電所にて行われ、発電水量は最大毎秒0.122㎥。従来はその約30%の水量が必要であったが、新型水力発電用水車では15%程度の水でも効率的に運転できるという。実証実験に使う水車では最大出力が、一般家庭の40世代分の1日使用料と同レベルの49kW。実証実験では、落下速度の変化への対応や、季節で変わるダムの流量や水位へどの程度対応できるかが試される。約1年程度実験した上で、2021年度中に製品化することを目指すとしている。


関連する記事

アーカイブス

(株)サーフレジェンド 海専門の気象情報サービスにリアルタイム風予報を追加

(株)サーフレジェンド 海の気象情報「マリンウェザー海快晴」に風の新機能追加[ 2021/06/19 ]

記事全文

Apple社 水辺や水中での動作モードの自動切り替えで米特許を取得

Apple社 水辺や水中で動作モードを自動切り替えするスマホ 特許を取得 [ 2021/06/17 ]

記事全文

「From AQUA」 業務用商品「From AQUA リターナブル瓶」2021年4月発売開始

「From AQUA」 「From AQUA リターナブル瓶」発売開始 ホテルや飲食店向け[ 2021/06/14 ]

記事全文

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 6月22日~7月7日まで 

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 東京都昭島市にて[ 2021/06/12 ]

記事全文

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認 治水効果の検証必須[ 2021/06/10 ]

記事全文

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を仲介しフードバンク団体へ寄付 

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を福島県のフードバンク団体へ寄付[ 2021/06/08 ]

記事全文

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船1隻にマイクロプラスチック回収装置を搭載

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船にマイクロプラスチック回収装置搭載 5隻目[ 2021/06/01 ]

記事全文

サントリーホールディングス(株) 水育「出張授業」オンラインでも 参加校募集始まる

サントリーホールディングス(株) 「出張授業」参加校募集始まる オンライン授業導入[ 2021/05/30 ]

記事全文

アンヴァール(株) 海水由来の水酸化マグネシウムの量産に向けた体制を強化へ

アンヴァール(株) 海水を利用した水酸化マグネシウムを量産へ 2021年度内に構築[ 2021/05/26 ]

記事全文

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 大賞は生駒市

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 生駒市が大賞を受賞 (参照:西・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR