埼玉県 海外水ビジネス進出に向け「ウォータービジネスメンバーズ埼玉(仮称)」を発足、中国などアジア市場進出を目指す

[ 2011/02/17 ]


2011年2月15日、埼玉県は、今年度中に「ウォータービジネスメンバーズ埼玉(仮称)」を組織する計画であることを表明。同組織は、海外水ビジネス進出に向け、官民連携を強化するもので、県内の水ビジネスに関心の高い企業を中心に構成する計画となっている。組織の立ち上げ時期は、6月に県が開催する「水ビジネスフォーラム」以降となる予定である。

夜の大宮
Image from norio.nakayama

現在、水ビジネス分野では東京大阪横浜北九州などが先行している自治体であり、既に官民連携による海外市場への展開を行っている。埼玉県は、同組織を発足させ、まずはリスクの低いコンサルタント業務から展開していく方針である。
同県では、2010年8月に「水ビジネス海外展開研究会」を県庁内に組織し、海外水ビジネス参入に向け、検討を行ってきた。今回のウォータービジネスメンバーズ埼玉構想は、この検討会のまとめた報告書ににより明らかとなったものだ。

世界的水不足が進む中、特に深刻な水資源不足が危惧されている中国を中心としたアジア市場に狙いを定めている。河川水の利用、下水処理水の再利用などの技術を生かし、経営立案などの業務の売込みを行う計画である。

同県は、卸売りベースの給水人口、施設能力、年間層配水量など、水道事業において日本一の規模を誇り、下水処理も全国屈指の規模である。更に、下水汚泥リサイクルなどのノウハウも保有し、新興国へ水ビジネスを展開するために十分な技術を持つと考えられる。

また、既に滋賀県神奈川県が誘致に名乗りを上げている下水道ハブに関しても誘致を検討すべく、活動を本格化させる。全国でも有数の規模をもつ自治体が水ビジネスへの取り組むに大きく動くことは、国内の他の自治体の動向へも影響を与えるとみられる。


関連する記事

アーカイブス

(株)ビッグカメラ 宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す

(株)ビッグカメラ 富士山地下水で宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す (参照:星野リゾート 「星のや 竹富島」・・・

記事全文

長野県 千曲川の治水対策として川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す

長野県 千曲川緊急治水対策、川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す (参照:ALSOK 相模川でドローンを・・・

記事全文

(株)らしゅえっと 高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売

(株)らしゅえっと 合成添加物不使用の高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売 (参照:アイリスオーヤマ(株) 飲料水事・・・

記事全文

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功 5万倍の速さ (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用が・・・

記事全文

ALSOK 相模川でドローンを使った実証実験 AI判定や河川維持管理など

ALSOK 相模川でドローンを使った河川維持管理の実証実験 災害時の巡視や環境変化の解析など (参照:東京大学やNECネ・・・

記事全文

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」で大型の排水施設の出土を発表

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」東方官衙地区 大型の排水施設が出土 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所・・・

記事全文

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

WOTA(株) 環境省創設「環境スタートアップ事業構想賞」受賞

WOTA(株) 第1回環境スタートアップ大賞「環境スタートアップ事業構想賞」受賞 (参照:WOTA 自律分散型の水循環型・・・

記事全文

秋田県 水の効率化を図った発電 水力発電用新型水車の実証実験をスタート

秋田県 水力発電用新型水車の実証実験をスタート 水量効率化のため (参照:新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験・・・

記事全文

星野リゾート 「星のや 竹富島」で飲料水の自給をスタート

星野リゾート 「星のや 竹富島」で海水淡水化装置を利用した飲料水自給をスタート (参照:(株)星野リゾート 「星のや」ブ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR