環境省、水質調査に新基準追加検討。「透明度」、「下層溶存酸素量」、「大腸菌数」で生態系、生物種多様化維持に配慮

[ 2011/03/01 ]


2011年2月27日までに、環境省では湖沼河川水質環境基準として新たに「透明度」、「下層溶存酸素量」、「大腸菌数」を2013年度より追加するための検討を開始した。この基準値の追加は、従来の公害による水質汚染重視から生態系など生物多様化維持を意識する方向の変換といえるものである。(参考:環境省の河川水質調査 環境基準達成率87.6%で過去最高

Crystal Clear

image from tata_aka_T

現在の水質環境基準は1971年に制定されたものである。当時は、公害問題などにより、工場廃水などの汚染に対する調査に重心がおかれていた。主に指標とされていたものは、水質の有機的汚染状況表す「化学的酸素要求量(COD)」、「生物化学的酸素要求量(BOD)」が代表的なものであった。しかし、現在は各地で水質の安定化が見られている。実際2009年度においては全国の調査対象となった海、湖沼、川の環境基準達成度は87%の高さとなっている。この達成率の高さが今回の基準の見直しに繋がった一因ではないかと考えられる。

今回の追加が予定される新基準は、生物多様化などの生態系に関し考慮した物となる。その新指標として検討されているものが「透明度」、「下層溶存酸素量」、「大腸菌数」である。透明度と下層溶存酸素量は、海、湖沼に適用。大腸菌数は河川と湖沼に適用するという方針である。
つまり、従来の基準をクリアしていたとしても、透明度が低いため、下層の水生植物の光合成に支障があることや、下層の酸素濃度が低いため、そこを生息域とする生物種が減少するなどのケースは、その問題が指摘される可能性が高くなることになる。

今後は単純な水質汚染というだけではなく、その水環境における生態系の維持も水質維持には大切な考え方となっていくであろう。


関連する記事

アーカイブス

(株)ビッグカメラ 宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す

(株)ビッグカメラ 富士山地下水で宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す (参照:星野リゾート 「星のや 竹富島」・・・

記事全文

長野県 千曲川の治水対策として川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す

長野県 千曲川緊急治水対策、川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す (参照:ALSOK 相模川でドローンを・・・

記事全文

(株)らしゅえっと 高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売

(株)らしゅえっと 合成添加物不使用の高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売 (参照:アイリスオーヤマ(株) 飲料水事・・・

記事全文

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功 5万倍の速さ (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用が・・・

記事全文

ALSOK 相模川でドローンを使った実証実験 AI判定や河川維持管理など

ALSOK 相模川でドローンを使った河川維持管理の実証実験 災害時の巡視や環境変化の解析など (参照:東京大学やNECネ・・・

記事全文

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」で大型の排水施設の出土を発表

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」東方官衙地区 大型の排水施設が出土 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所・・・

記事全文

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

WOTA(株) 環境省創設「環境スタートアップ事業構想賞」受賞

WOTA(株) 第1回環境スタートアップ大賞「環境スタートアップ事業構想賞」受賞 (参照:WOTA 自律分散型の水循環型・・・

記事全文

秋田県 水の効率化を図った発電 水力発電用新型水車の実証実験をスタート

秋田県 水力発電用新型水車の実証実験をスタート 水量効率化のため (参照:新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験・・・

記事全文

星野リゾート 「星のや 竹富島」で飲料水の自給をスタート

星野リゾート 「星のや 竹富島」で海水淡水化装置を利用した飲料水自給をスタート (参照:(株)星野リゾート 「星のや」ブ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR