日立製作所 中国水ビジネス参入本格化-国内では水道管理サービス企業の第一環境と業務提携

[ 2011/03/17 ]


日立製作所水ビジネス参入の動きが活発化している。2011年3月7日、同社は、中国四川省成都市下水道浄化システムを納入を行った。国内では3月10日に、水道管理サービス企業の第一環境と業務提携および出資について発表した。この動きは、海外水メジャーが得意とし、日本企業の弱点といわれていた運用メンテナンスなどのサービス部門の強化を狙っているとも考えられる。
(参考:日立プラントテクノロジー、中国西部大手水ビジネス企業グループ興蓉集団と事業協定 水ビジネスのグローバル化加速

日立製作所image from 日立製作所

今回、日立製作所が納入した案件は日本のメーカーが、中国市場において、運用、メンテナンスを含む本格的な水ビジネスに参入する初の事例となる。同社としては2025年までに100兆円を超えるといわれる水ビジネス市場において大きな位置占める中国市場へ進出するために、事業力の強化を計画している。その動きの一環が、第一環境との業務提携および出資の動きではないかと思われる。

水ビジネスにおける日本企業の強みは、キーデバイスであるろ過幕技術水処理技術などである。これらの分野は世界のトップといわれる。また、プラント建設などのハード面でも海外水メジャーと伍していくことは可能である。しかし、運用メンテナンスを含む水ビジネスにおけるサービス提供において、企業側にはノウハウが欠如していることが日本の最大の問題といわれてきた。現在その問題は、官民連携などにより、徐々に体制を作りつつあるが、海外水メジャーの牙城は高い。

実際に2025年までに膨れ上がるといわれる水ビジネス市場においても、キーデバイス部門は1兆円プラント建設は10兆円その残り約90億円が運用、メンテナンスを含むサービスの提供になるといわれている。今後日本企業、または官民連合組織が、海外水メジャーに対抗し、水ビジネス市場にどこまで食い込んでいけるか、今後の動きを見守って行くとともに、日本勢がんばれと声援を送りたい。


関連する記事

アーカイブス

長野県 千曲川の治水対策として川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す

長野県 千曲川緊急治水対策、川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す (参照:ALSOK 相模川でドローンを・・・

記事全文

(株)らしゅえっと 高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売

(株)らしゅえっと 合成添加物不使用の高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売 (参照:アイリスオーヤマ(株) 飲料水事・・・

記事全文

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功 5万倍の速さ (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用が・・・

記事全文

ALSOK 相模川でドローンを使った実証実験 AI判定や河川維持管理など

ALSOK 相模川でドローンを使った河川維持管理の実証実験 災害時の巡視や環境変化の解析など (参照:東京大学やNECネ・・・

記事全文

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」で大型の排水施設の出土を発表

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」東方官衙地区 大型の排水施設が出土 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所・・・

記事全文

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

WOTA(株) 環境省創設「環境スタートアップ事業構想賞」受賞

WOTA(株) 第1回環境スタートアップ大賞「環境スタートアップ事業構想賞」受賞 (参照:WOTA 自律分散型の水循環型・・・

記事全文

秋田県 水の効率化を図った発電 水力発電用新型水車の実証実験をスタート

秋田県 水力発電用新型水車の実証実験をスタート 水量効率化のため (参照:新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験・・・

記事全文

星野リゾート 「星のや 竹富島」で飲料水の自給をスタート

星野リゾート 「星のや 竹富島」で海水淡水化装置を利用した飲料水自給をスタート (参照:(株)星野リゾート 「星のや」ブ・・・

記事全文

西宮市 「給水スポット」設置へ 市役所本庁舎や公民館から

西宮市 「給水スポット」を市役所本庁舎や公民館に設置 プラ製品削減へ (参照:「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR