アレバ社製品の20倍の能力!放射線汚染水処理粉末の開発-金沢大学、太田教授が実験成果を確認

[ 2011/05/23 ]


2011年5月22日、アレバ社製、放射性物質除去装置20倍という能力を持つ、放射線汚染水処理粉末の開発に成功したとの報道があった。開発したのは金沢大学太田富久教授クマケン工業の共同研究チーム。現段階では研究段階の実験成果であるが、実用化に成功すれば、毎時1000トンの放射線汚染水の処理が可能になる。
(参考:物質・材料機構が放射線汚染水処理の新材料を開発-半減期30年の放射性セシウムを長期間にわたり固化

water

Image from 金沢大学

太田教授の研究チームが開発した粉末は、ゼオライトという吸着剤や金属凝集作用のある化学物質を組み合わせたものである。汚染土壌用の浄化剤をベースとしたもので、水中の放射性物質を取り込み沈殿する。

放射性ではないヨウ素セシウムストロンチウムを使い実験。1~10PPMの水溶液で確認したところ、はぼ100%の除去が可能であることが分かった。放射性物質の場合であっても、その効果には変わりはないという。

既に、同教授らは、大規模処理システムの設計を完了。政府、東京電力に対し提案を行っていくとしている。しかし、福島第一原発事故の現場では既にアレバ社の装置による放射線物質除去装置の設置作業は開始しており、6月中の稼働を目指している状況である。

この粉末は素晴らしいものかもしれないが、今の状況では将来の20倍よりも、20分の1でも確実に稼働できるもので対処せざるを得ないであろう。実験室の結果と現実の運用結果が大きく異なるなどということは、いくらでも実例を挙げることができる

しかし、この放射線汚染水処理粉末の効果が実用段階でも実証されば、海洋放射線汚染に対する切り札になる可能性はあるのではないだろうか。


関連する記事

アーカイブス

(株)ビッグカメラ 宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す

(株)ビッグカメラ 富士山地下水で宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す (参照:星野リゾート 「星のや 竹富島」・・・

記事全文

長野県 千曲川の治水対策として川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す

長野県 千曲川緊急治水対策、川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す (参照:ALSOK 相模川でドローンを・・・

記事全文

(株)らしゅえっと 高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売

(株)らしゅえっと 合成添加物不使用の高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売 (参照:アイリスオーヤマ(株) 飲料水事・・・

記事全文

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功 5万倍の速さ (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用が・・・

記事全文

ALSOK 相模川でドローンを使った実証実験 AI判定や河川維持管理など

ALSOK 相模川でドローンを使った河川維持管理の実証実験 災害時の巡視や環境変化の解析など (参照:東京大学やNECネ・・・

記事全文

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」で大型の排水施設の出土を発表

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」東方官衙地区 大型の排水施設が出土 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所・・・

記事全文

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

WOTA(株) 環境省創設「環境スタートアップ事業構想賞」受賞

WOTA(株) 第1回環境スタートアップ大賞「環境スタートアップ事業構想賞」受賞 (参照:WOTA 自律分散型の水循環型・・・

記事全文

秋田県 水の効率化を図った発電 水力発電用新型水車の実証実験をスタート

秋田県 水力発電用新型水車の実証実験をスタート 水量効率化のため (参照:新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験・・・

記事全文

星野リゾート 「星のや 竹富島」で飲料水の自給をスタート

星野リゾート 「星のや 竹富島」で海水淡水化装置を利用した飲料水自給をスタート (参照:(株)星野リゾート 「星のや」ブ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR