水ingと積水化学が水ビジネスに関する業務提携を発表-複合委託案件の受注、営業活動、遂行を共同化

[ 2011/06/11 ]


2011年6月10日、水ing株式会社積水化学工業株式会社水ビジネスの関する業務提携を行うことを発表した。この提携は水ビジネスにおける国内外の複合委託案件に対し、両社が共同し、受注、営業活動、案件の遂行を行うものとしている。
(参考:パテント・リザルト 「上下水道管の漏水防止・補修技術」特許総合力のランキングの企業調査結果を発表 トップは積水化学工業、続いてクボタシーアイ、東亜グラウト工業

水ingと積水化学image from 水ing積水化学

今回の提携は水ingの培ってきた水処理事業における上下水道施設の設計、建設、運用、メンテナンスに関するノウハウと、積水化学の持つ上下水道管に対する調査、診断、設計、製品、施工維持管理のノウハウを融合することになる。これにより、両社の長所を合わせ水ビジネス市場における優位を強固なものとし、国内外で水ビジネスを大きく展開させることを目標としている。

日本国内では、施設の老朽化、人材の世代交代による人材確保が困難となったなどの理由により、自治体単独の上下水道サービスを維持することが困難となっている。このことが、広域連合や、上下水道事業のアウトソーシング化につながっている。また、海外でも新興国では上下水道の整備が急がれる中、資金、人材の不足がその足枷となっている面がある。

このような状況を俯瞰(ふかん)すると、今後は国内外とも水ビジネスにおけるPPPの動きが活性化すると考えられる。一方で海外市場においては、水メジャーといわれる巨大企業が、水ビジネスに関する包括的なサービスを提供するビジネスを展開している。両社は、この水ビジネスの市場において、競争力を発揮し、水メジャーに対抗できる包括的な受注が可能となる体制を確立し、現地のパートナーの確保を目指していく。両社は、2011年5月より共同営業・共同受注を開始している。また、2016年度には、両社合算で売上高500億円以上を目標としている。


関連する記事

アーカイブス

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム「再開発ストックヤード見学会」を実施

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム再開発ストックヤード見学会、堆砂対策施設公開 (参照:(株)日立製作所 ダム放流計画の・・・

記事全文

東京大学ほか 海中ロボットによる海氷裏面の全自動計測に成功

東京大学ほか 自立型海中開発 海氷裏面の全自動計測に成功 南極海への調査に (参照:理研 水表面における「フェノール」の・・・

記事全文

熊本 球磨川の治水対策の新ダムが「重力式」になる見通し

熊本 球磨川の治水対策の新ダムが「重力式」になる見通し 「アーチ式」から変更か (参照:長野県 千曲川の治水対策として川・・・

記事全文

(株)ビッグカメラ 宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す

(株)ビッグカメラ 富士山地下水で宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す (参照:星野リゾート 「星のや 竹富島」・・・

記事全文

長野県 千曲川の治水対策として川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す

長野県 千曲川緊急治水対策、川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す (参照:ALSOK 相模川でドローンを・・・

記事全文

(株)らしゅえっと 高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売

(株)らしゅえっと 合成添加物不使用の高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売 (参照:アイリスオーヤマ(株) 飲料水事・・・

記事全文

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功 5万倍の速さ (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用が・・・

記事全文

ALSOK 相模川でドローンを使った実証実験 AI判定や河川維持管理など

ALSOK 相模川でドローンを使った河川維持管理の実証実験 災害時の巡視や環境変化の解析など (参照:東京大学やNECネ・・・

記事全文

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」で大型の排水施設の出土を発表

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」東方官衙地区 大型の排水施設が出土 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所・・・

記事全文

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR