福島第一原発事故-放射性汚染水除去装置の本格試運転が延期、原因は十数か所の水漏れ

[ 2011/06/11 ]


2011年6月10日、福島第一原発にでは同日実施される予定であった放射性汚染水浄化装置の本格試運転が延期となった。原因は、弁や配管接続部など十数か所の水漏れを発見したためである。これにより6月15日に予定している本格稼働がずれ込む可能性が出てきている。
福島第一原発事故-高濃度放射性汚染水処理工程で生成される高濃度放射性廃棄物1億ベクレル/立法センチ、最終処分までの道筋「報告書に記載なし」

東京電力image from 東京電力

東京電力の発表では、15日には放射性汚染水浄化装置の本格稼働に入る予定である。しかし、この水漏れの対応に手間取ってしまうと、15日の本格稼働がずれ込み、それによって放射性汚染水が再び海に流出してしまう危険性がある。放射性汚染水の海洋流出は、関係省庁地元漁協周辺各国も厳しい目で見ており、とても許されるような状況ではない。

また、3号機の原子炉建屋内では確認されていなかった新たな放射性汚染水の6400トンの滞留が発見されている。この放射性汚染水周辺の空間放射線量は水面近くが1時間あたり51ミリシーベルト、最も高いところで同100ミリシーベルトになる。今後は放射線を遮蔽する作業に入るとしている。

更に、現場作業員2人が被ばく限度値の2.5倍となる600ミリシーベルト以上の被ばくをしていることも明らかとなった。この件については、厚生労働省が東京電力に対し是正勧告を出している。

作業の予定を遅らせれば、放射性汚染水は海に流れ出てしまう危険性がある。しかし、強引に作業の遅れを取り戻そうとすれば、それは現場の人たちの大きな負担となるであろう。現場ではまさに綱渡り状態となっているのではないだろうか。これから梅雨に入り、雨量も計算にいれる必要があるあはずだ。大量の降雨は、放射性汚染水の水量を増やすことになる。現状はかなり厳しいものとなっていると推測できる。


関連する記事

アーカイブス

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム「再開発ストックヤード見学会」を実施

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム再開発ストックヤード見学会、堆砂対策施設公開 (参照:(株)日立製作所 ダム放流計画の・・・

記事全文

東京大学ほか 海中ロボットによる海氷裏面の全自動計測に成功

東京大学ほか 自立型海中開発 海氷裏面の全自動計測に成功 南極海への調査に (参照:理研 水表面における「フェノール」の・・・

記事全文

熊本 球磨川の治水対策の新ダムが「重力式」になる見通し

熊本 球磨川の治水対策の新ダムが「重力式」になる見通し 「アーチ式」から変更か (参照:長野県 千曲川の治水対策として川・・・

記事全文

(株)ビッグカメラ 宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す

(株)ビッグカメラ 富士山地下水で宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す (参照:星野リゾート 「星のや 竹富島」・・・

記事全文

長野県 千曲川の治水対策として川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す

長野県 千曲川緊急治水対策、川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す (参照:ALSOK 相模川でドローンを・・・

記事全文

(株)らしゅえっと 高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売

(株)らしゅえっと 合成添加物不使用の高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売 (参照:アイリスオーヤマ(株) 飲料水事・・・

記事全文

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功 5万倍の速さ (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用が・・・

記事全文

ALSOK 相模川でドローンを使った実証実験 AI判定や河川維持管理など

ALSOK 相模川でドローンを使った河川維持管理の実証実験 災害時の巡視や環境変化の解析など (参照:東京大学やNECネ・・・

記事全文

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」で大型の排水施設の出土を発表

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」東方官衙地区 大型の排水施設が出土 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所・・・

記事全文

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR