福島第一原発事故-9月下旬には高濃度放射性汚染水の流出を回避、今後のシステム稼働率90%が条件

[ 2011/06/30 ]


2011年6月29日、東京電力福島第一原発高濃度放射性汚染水に関し、9月下旬には、高濃度放射性汚染水の流出を回避できるとの見解を発表した。2号機、3号機のタービン建屋に溜まった高濃度放射性汚染水は、現在より1メートル水位を下げる見通しだ。ただし、今後のシステム稼働率90%が条件となる。
(参考:福島第一原発事故-循環注水冷却に向け不安定な稼働状況、今回は配管の微細な穴から漏水

東京電力

Image from 東京電力

東京電力の発表によると、現在滞留している放射性汚染水は12万2100トンとなり、5月末時点から比べると1万6千トンの増加となった。6月中旬の時点で推定されていた11万トンより1万トン多い。今後は7月5日まで80%の稼働率で浄化処理を行い、7月5日以降は90%の稼働率達成を目標としている。

この稼働率90%を前提として、9月下旬には3万4000トンの高濃度放射性汚染水が処理可能となる。これにより、タービン建屋の水位を1メートル下げるという見通しが達成されることになる。このためには、トラブルが相次いでいる「循環注水冷却」、「汚染水処理システム」の順調な稼働が大前提となる。

現在までにいくつものトラブルが発生し、稼働停止が相次いでいた中、もうトラブルは出尽くしたと判断したのであろうか。これだけ大規模なシステムで多くのトラブルで稼働中断が続く中、今後の稼働率90%はかなりハードルが高いと思える。7月5日から9月下旬までを80日とすると、メンテナンスを含め延べ8日間の停止しか許されないことになる。


関連する記事

アーカイブス

(株)ビッグカメラ 宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す

(株)ビッグカメラ 富士山地下水で宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す (参照:星野リゾート 「星のや 竹富島」・・・

記事全文

長野県 千曲川の治水対策として川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す

長野県 千曲川緊急治水対策、川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す (参照:ALSOK 相模川でドローンを・・・

記事全文

(株)らしゅえっと 高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売

(株)らしゅえっと 合成添加物不使用の高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売 (参照:アイリスオーヤマ(株) 飲料水事・・・

記事全文

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功 5万倍の速さ (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用が・・・

記事全文

ALSOK 相模川でドローンを使った実証実験 AI判定や河川維持管理など

ALSOK 相模川でドローンを使った河川維持管理の実証実験 災害時の巡視や環境変化の解析など (参照:東京大学やNECネ・・・

記事全文

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」で大型の排水施設の出土を発表

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」東方官衙地区 大型の排水施設が出土 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所・・・

記事全文

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

WOTA(株) 環境省創設「環境スタートアップ事業構想賞」受賞

WOTA(株) 第1回環境スタートアップ大賞「環境スタートアップ事業構想賞」受賞 (参照:WOTA 自律分散型の水循環型・・・

記事全文

秋田県 水の効率化を図った発電 水力発電用新型水車の実証実験をスタート

秋田県 水力発電用新型水車の実証実験をスタート 水量効率化のため (参照:新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験・・・

記事全文

星野リゾート 「星のや 竹富島」で飲料水の自給をスタート

星野リゾート 「星のや 竹富島」で海水淡水化装置を利用した飲料水自給をスタート (参照:(株)星野リゾート 「星のや」ブ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR