宮崎大学とJICA、インドで地下水ヒ素汚染対策

[ 2010/05/27 ]


バングラディシュやインド、中国などアジア広域で確認されている地下水のヒ素汚染問題で、宮崎大学JICA(ジャイカ)が行ってきたインドでのウッタールプラデシュ州バライチ県におけるヒ素汚染の研究及び対策活動の報告が、宮崎市で開催された「第2回国際シンポジウム 地下水砒素汚染による健康被害とその対策-インドでのプロジェクトをアジアへ広げる-」にて行われました。

インド地下水のヒ素汚染対策

2008年6月から2010年5月19日まで、JICAの草の根技術協力事業として「インド・ウッタールプラデシュ州における地下水砒素汚染の総合対策」を実施。プロジェクトのモデルとしてバライチ県のネワダ村とチェトラ村が選ばれました。ウッタールプラデシュ州は2003年に地下水のヒ素汚染が明らかになり、州政府や国際機関が実態を調査してきました。この地域は州政府と国際機関が進める代替水源から水を供給する計画の実施が困難な地域と分かり、宮崎大学がJICAに提案し、プロジェクトが実施されました。

対象地域には約1700人の人々が暮らしています。住民はヒ素に関する知識がほとんどないため、宮崎大学は、村人による「砒素対策委員会」を設立、子供にもわかりやすいようにと紙芝居を作るなど工夫をこらした啓蒙活動を行ってきました。また実際にヒ素中毒症状の見られる患者64人に対しては個別に健康管理を行いました。
ヒ素を含まない水を確保するため、代替水源として砂ろ過槽ヒ素除去装置を計13基の井戸に設置し、現在住民の全てが飲み水代替水源からとっています。

プロジェクトマネージャーの横田漠宮崎大学名誉教授は、バライチ県を中心にヒ素汚染対策をひろげ、ヒ素中毒を診断できる医師の育成を行っていきたいと話しました。

ヒ素は自然界に存在する物質で、過剰に摂取すると悪性腫瘍・砒素角化症・色素沈着など人体に重大な健康被害をもたらします。
南アジアと東アジアでは、地下水がヒ素に汚染された地域で約6,000万人が生活しており、灌漑(かんがい)用水や飲料水として利用されています。



関連する記事

アーカイブス

「From AQUA」 業務用商品「From AQUA リターナブル瓶」2021年4月発売開始

「From AQUA」 「From AQUA リターナブル瓶」発売開始 ホテルや飲食店向け[ 2021/06/14 ]

記事全文

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 6月22日~7月7日まで 

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 東京都昭島市にて[ 2021/06/12 ]

記事全文

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認 治水効果の検証必須[ 2021/06/10 ]

記事全文

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を仲介しフードバンク団体へ寄付 

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を福島県のフードバンク団体へ寄付[ 2021/06/08 ]

記事全文

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船1隻にマイクロプラスチック回収装置を搭載

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船にマイクロプラスチック回収装置搭載 5隻目[ 2021/06/01 ]

記事全文

サントリーホールディングス(株) 水育「出張授業」オンラインでも 参加校募集始まる

サントリーホールディングス(株) 「出張授業」参加校募集始まる オンライン授業導入[ 2021/05/30 ]

記事全文

アンヴァール(株) 海水由来の水酸化マグネシウムの量産に向けた体制を強化へ

アンヴァール(株) 海水を利用した水酸化マグネシウムを量産へ 2021年度内に構築[ 2021/05/26 ]

記事全文

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 大賞は生駒市

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 生駒市が大賞を受賞 (参照:西・・・

記事全文

栗田工業㈱ AIで水処理効率化の新手法 米スタートアップ企業と共同開発

栗田工業㈱ AIで水処理効率化の新手法開発 米スタートアップ企業と共同で (参照:理研 水表面における「フェノール」の光・・・

記事全文

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム「再開発ストックヤード見学会」を実施

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム再開発ストックヤード見学会、堆砂対策施設公開 (参照:(株)日立製作所 ダム放流計画の・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR