みんな試合中はトイレを我慢?富山市の調査でハーフタイム、試合終了後に配水量急増 

[ 2010/06/16 ]


6月14日深夜~15日にかけて行われたW杯『日本vsカメルーン』において、試合のハーフタイム中と試合終了後、富山市内の水道の配水量が急増していたことが明らかになった。富山市上下水道局では「試合中にトイレや入浴を控える人が多かったのでは」との見解を示している。

流杉浄水場の調査結果によると、本田が先制ゴールを入れた14日午後11時40分頃には約1250立方メートルまで配水量が減少したが、ハーフタイムに入った午後11時50分頃には約1500立方メートルに達し、先制点時から約20%増えたという。その後は配水量が徐々に減少していったが、先制点を守りぬいて勝利を飾った15日午前1時頃にも、配水量が約700立方メートルから約900立方メートルと再び約30%急増したそうだ。同じような現象は過去のW杯やWBCの時などにも見られたという。

同市では、19日のオランダ戦は土曜日午後20時半とゴールデンタイムにキックオフであることに加え、日本が初戦に勝利したことで注目が集まり、更に配水量が増えると予想。しかしながら「浄水場設備は、日本代表の守備のように丈夫なので問題はない」としており、特に気にせず応援に集中して構わないようだ。


関連する記事

アーカイブス

(株)ビッグカメラ 宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す

(株)ビッグカメラ 富士山地下水で宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す (参照:星野リゾート 「星のや 竹富島」・・・

記事全文

長野県 千曲川の治水対策として川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す

長野県 千曲川緊急治水対策、川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す (参照:ALSOK 相模川でドローンを・・・

記事全文

(株)らしゅえっと 高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売

(株)らしゅえっと 合成添加物不使用の高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売 (参照:アイリスオーヤマ(株) 飲料水事・・・

記事全文

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功 5万倍の速さ (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用が・・・

記事全文

ALSOK 相模川でドローンを使った実証実験 AI判定や河川維持管理など

ALSOK 相模川でドローンを使った河川維持管理の実証実験 災害時の巡視や環境変化の解析など (参照:東京大学やNECネ・・・

記事全文

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」で大型の排水施設の出土を発表

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」東方官衙地区 大型の排水施設が出土 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所・・・

記事全文

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

WOTA(株) 環境省創設「環境スタートアップ事業構想賞」受賞

WOTA(株) 第1回環境スタートアップ大賞「環境スタートアップ事業構想賞」受賞 (参照:WOTA 自律分散型の水循環型・・・

記事全文

秋田県 水の効率化を図った発電 水力発電用新型水車の実証実験をスタート

秋田県 水力発電用新型水車の実証実験をスタート 水量効率化のため (参照:新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験・・・

記事全文

星野リゾート 「星のや 竹富島」で飲料水の自給をスタート

星野リゾート 「星のや 竹富島」で海水淡水化装置を利用した飲料水自給をスタート (参照:(株)星野リゾート 「星のや」ブ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR