東京大学、大津波が海底生態系に及ぼした影響を潜水調査で解明

[ 2013/06/13 ]


東京大学大気海洋研究所の海洋生態系動態部門底生生物分野、清家弘治助教授、同研究所附属国際沿岸海洋研究センターの沿岸生態分野、白井厚太朗助教授、および博士課程大学院生の小暮ゆきひさ氏の手により、2011年3月に発生した東日本大震災による大津波の海底生態系に対する影響が潜水調査された。
(参照:名古屋港水族館で地震と津波を想定した「水族館津波避難大作戦」開催!!

東大、大津波が海底生態系に及ぼした影響を潜水調査で解明

Image from 東京大学

調査の期間は2010年9月から2012年9月。津波の前後半年間と、1年半後にもう一度、海底環境海底生物を対象に、岩手県の大槌湾船越湾潮下帯の砂泥底それぞれ5地点ずつ、計10地点で実施された。津波の予測が困難であることから、発生前との比較研究は希少である。

津波発生から半年後の調査で、大津波によって海底環境が大きく変化していることが明らかとなった。津波前にはたくさん生息していた貝やウニといった大型の底生生物は、津波後に一部生息を確認できなくなっていた。なお、大津波から受けた影響の度合いは、底生生物の種類によって異なっていた。一部の種は津波後に姿を消したが、大津波前後で生息状況がまったく変化しなかった種もある

1年半後に行われた調査では、大津波後に一度はいなくなった底生生物が再び生息していることが確認することができたという。このことは、海底生態系が津波の衝撃からの回復を既に開始していることを意味している。

津波による海底環境の変化は著しく、波で運ばれてきた砂利で覆われ、水深が2mも浅くなる観測地点もあった。ただし、1年半後、堆積した砂利がなくなり、もとの水深に戻るとともに、津波によって突発的に形成された海底環境(地形や堆積物)は海底が泥に覆われていたことから長くは維持されず、津波前の状況にほぼ戻ったことになる。


関連する記事

アーカイブス

長野県 千曲川の治水対策として川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す

長野県 千曲川緊急治水対策、川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す (参照:ALSOK 相模川でドローンを・・・

記事全文

(株)らしゅえっと 高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売

(株)らしゅえっと 合成添加物不使用の高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売 (参照:アイリスオーヤマ(株) 飲料水事・・・

記事全文

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功 5万倍の速さ (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用が・・・

記事全文

ALSOK 相模川でドローンを使った実証実験 AI判定や河川維持管理など

ALSOK 相模川でドローンを使った河川維持管理の実証実験 災害時の巡視や環境変化の解析など (参照:東京大学やNECネ・・・

記事全文

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」で大型の排水施設の出土を発表

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」東方官衙地区 大型の排水施設が出土 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所・・・

記事全文

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

WOTA(株) 環境省創設「環境スタートアップ事業構想賞」受賞

WOTA(株) 第1回環境スタートアップ大賞「環境スタートアップ事業構想賞」受賞 (参照:WOTA 自律分散型の水循環型・・・

記事全文

秋田県 水の効率化を図った発電 水力発電用新型水車の実証実験をスタート

秋田県 水力発電用新型水車の実証実験をスタート 水量効率化のため (参照:新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験・・・

記事全文

星野リゾート 「星のや 竹富島」で飲料水の自給をスタート

星野リゾート 「星のや 竹富島」で海水淡水化装置を利用した飲料水自給をスタート (参照:(株)星野リゾート 「星のや」ブ・・・

記事全文

西宮市 「給水スポット」設置へ 市役所本庁舎や公民館から

西宮市 「給水スポット」を市役所本庁舎や公民館に設置 プラ製品削減へ (参照:「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR