カメルーンで再び湖水爆発の恐れ

[ 2013/07/25 ]


2013年7月17日、東海大学大場武教授らはアフリカのカメルーンで再び湖水爆発の恐れがあるとの調査結果を発表した。(参照:サントリー水育「出張授業」9月~12月実施分の募集開始!!)

Image from 東海大学理学部化学科 大場武研究室ホームページ

 

中部アフリカに位置するカメルーン共和国では1984年にマヌーン湖が、そして1986年8月21日にはニオス湖が湖水爆発を起こし、ニオス湖の近隣の村落住民約1,800人と家畜3,500頭が犠牲となった。しかし現在、湖のCO2濃度の高い水が水深の浅い領域に広がっており、このまま放置すれば湖水爆発の恐れもあると大場教授は指摘している。また、同時に日本の政府開発援助によってCO2を強制排出するポンプの設置にも乗り出している。

湖水爆発は火山湖から二酸化炭素が流れ出ることで周辺の生物に危害を加える可能性があるが、前回の湖水爆発では炭酸飲料入りの瓶を振ったときのようにCO2が一気に噴出する状況が起こったと見られている。

 


関連する記事

アーカイブス

「From AQUA」 業務用商品「From AQUA リターナブル瓶」2021年4月発売開始

「From AQUA」 「From AQUA リターナブル瓶」発売開始 ホテルや飲食店向け[ 2021/06/14 ]

記事全文

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 6月22日~7月7日まで 

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 東京都昭島市にて[ 2021/06/12 ]

記事全文

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認 治水効果の検証必須[ 2021/06/10 ]

記事全文

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を仲介しフードバンク団体へ寄付 

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を福島県のフードバンク団体へ寄付[ 2021/06/08 ]

記事全文

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船1隻にマイクロプラスチック回収装置を搭載

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船にマイクロプラスチック回収装置搭載 5隻目[ 2021/06/01 ]

記事全文

サントリーホールディングス(株) 水育「出張授業」オンラインでも 参加校募集始まる

サントリーホールディングス(株) 「出張授業」参加校募集始まる オンライン授業導入[ 2021/05/30 ]

記事全文

アンヴァール(株) 海水由来の水酸化マグネシウムの量産に向けた体制を強化へ

アンヴァール(株) 海水を利用した水酸化マグネシウムを量産へ 2021年度内に構築[ 2021/05/26 ]

記事全文

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 大賞は生駒市

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 生駒市が大賞を受賞 (参照:西・・・

記事全文

栗田工業㈱ AIで水処理効率化の新手法 米スタートアップ企業と共同開発

栗田工業㈱ AIで水処理効率化の新手法開発 米スタートアップ企業と共同で (参照:理研 水表面における「フェノール」の光・・・

記事全文

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム「再開発ストックヤード見学会」を実施

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム再開発ストックヤード見学会、堆砂対策施設公開 (参照:(株)日立製作所 ダム放流計画の・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR