愛媛県で新酒「桜うづまき にごり酒」の瓶詰作業が開始

[ 2013/09/30 ]


9 月3日、愛媛県で早くも新酒の瓶詰め作業が始まった。いち早くスタートを切ったのは、松山市八反地(はったんじ)にある蔵元「桜うづまき酒造」。(参照:栃木県の蔵元4社が協力し、お得なクーポン券で見学客を募る(9月2日発売)

Image from 愛媛県酒造協同組合ホームページ

八反地は、平安時代ことに弘法大師空海が水不足の地に湧水を授けたとして、古くから言い伝えのある湧水「八反地出水」が有名。現在も住宅地に囲まれながらもこんこんと水が出続けている。桜うづまき酒造は、愛媛県酒造共同組合に参加し「地元の料理に合う美味しい酒づくり」を目指す明治4年からある歴史ある蔵元である。

9月3日は午前8時半から従業員約10名が瓶詰めを開始し、初日で濁り酒を1.8リットル入りの一升瓶を2400本完成させた。約70度もの熱い酒を瓶詰機を使って注入し、次々とラベルを貼りつけてケースの中に詰める作業が延々と続いた。このようにして同社では7月上旬から来年の3月まで、少しずつ同じ酒を出していく。

これは7月上旬からじっくり手掛けた「桜うづまき にごり酒」という。新潟県産の米と高縄山に流れる伏流水を原料としてつくられるこの酒は、フレッシュな口当たりを大切にしている。そのために毎回少ない米で一度につき少しずつ仕込みをして、その都度完成させてから市場に卸すという非常に手間をかけた製法をしている。アルコール度数は16度で、甘口で女性にも飲みやすい仕上がりになっている。


関連する記事

アーカイブス

「From AQUA」 業務用商品「From AQUA リターナブル瓶」2021年4月発売開始

「From AQUA」 「From AQUA リターナブル瓶」発売開始 ホテルや飲食店向け[ 2021/06/14 ]

記事全文

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 6月22日~7月7日まで 

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 東京都昭島市にて[ 2021/06/12 ]

記事全文

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認 治水効果の検証必須[ 2021/06/10 ]

記事全文

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を仲介しフードバンク団体へ寄付 

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を福島県のフードバンク団体へ寄付[ 2021/06/08 ]

記事全文

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船1隻にマイクロプラスチック回収装置を搭載

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船にマイクロプラスチック回収装置搭載 5隻目[ 2021/06/01 ]

記事全文

サントリーホールディングス(株) 水育「出張授業」オンラインでも 参加校募集始まる

サントリーホールディングス(株) 「出張授業」参加校募集始まる オンライン授業導入[ 2021/05/30 ]

記事全文

アンヴァール(株) 海水由来の水酸化マグネシウムの量産に向けた体制を強化へ

アンヴァール(株) 海水を利用した水酸化マグネシウムを量産へ 2021年度内に構築[ 2021/05/26 ]

記事全文

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 大賞は生駒市

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 生駒市が大賞を受賞 (参照:西・・・

記事全文

栗田工業㈱ AIで水処理効率化の新手法 米スタートアップ企業と共同開発

栗田工業㈱ AIで水処理効率化の新手法開発 米スタートアップ企業と共同で (参照:理研 水表面における「フェノール」の光・・・

記事全文

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム「再開発ストックヤード見学会」を実施

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム再開発ストックヤード見学会、堆砂対策施設公開 (参照:(株)日立製作所 ダム放流計画の・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR