地下水は、規制から積極活用へ転換 国土交通省、非常用の水源や企業誘致に活用へマニュアル作り

[ 2010/08/21 ]



地下水は、規制から積極活用へ転換する。国土交通省は地下水を「水源」として活用するための研究を開始する。地下水は、利用を規制していたこの半世紀ほどの間に十分たまってきたという判断からだ。

国土交通省は今夏から、5~10カ所程度の監視井戸を対象に取水と地盤沈下の関係などを調査する。地盤沈下が問題となっていた関東平野、濃尾平野、筑後・佐賀平野などが対象だ。調査結果を元に、2年間の予定で、「地下水の管理基準」を作る。地盤沈下への注意を行い、地下水を管理、活用する方法をまとめ、全国の自治体へ配布する予定だ。

これは、渇水に悩む自治体には朗報だ。自治体や企業が一定の規模の地下水利用できるならば、非常用の水源、工場用水への利用など、様々な展開が可能だ。

「地下水量が増えてきた」

国土交通省によると、地下水の過剰取水て、1950年代以降、各地で地盤沈下が頻発した。そのため、行政は井戸の深さや断面積で制限するなどして取水を規制。地下水のくみ上げ量は現在、全盛期の3分の1程度に減少している。その結果、徐々に地盤沈下の問題は沈静化。更に、地下水の水位は上昇。東京では地下水の揚水規制が明らかに効果を上げている。1960年代に比べ地下水位が約20m回復した。国土交通省水資源政策課の担当者は、半世紀で地下水は元に戻った状態とコメントしている。

ただ地域差という問題がある。現実に、地盤沈下が現在進行中という地域もある。規制解除の対象は、地盤沈下が沈静化している地域や地下水を使用していない自治体だ。つまりは、このような自治体に地下水の利用を提案するのが目的だ。

日本の地下水総量は約13兆トンと推定。「地下水盆」という、地下水の自然タンクが全国主要なもので63箇所。関東平野や新潟平野などだ。しかし現在、かつての規制のため、国内使用の地下水は年間約120億トンであり、水の使用量全体の1割程度にすぎない。今後は有効な地下水の利用方法を模索していくことになるであろう。


関連する記事

アーカイブス

長野県 千曲川の治水対策として川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す

長野県 千曲川緊急治水対策、川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す (参照:ALSOK 相模川でドローンを・・・

記事全文

(株)らしゅえっと 高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売

(株)らしゅえっと 合成添加物不使用の高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売 (参照:アイリスオーヤマ(株) 飲料水事・・・

記事全文

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功 5万倍の速さ (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用が・・・

記事全文

ALSOK 相模川でドローンを使った実証実験 AI判定や河川維持管理など

ALSOK 相模川でドローンを使った河川維持管理の実証実験 災害時の巡視や環境変化の解析など (参照:東京大学やNECネ・・・

記事全文

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」で大型の排水施設の出土を発表

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」東方官衙地区 大型の排水施設が出土 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所・・・

記事全文

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

WOTA(株) 環境省創設「環境スタートアップ事業構想賞」受賞

WOTA(株) 第1回環境スタートアップ大賞「環境スタートアップ事業構想賞」受賞 (参照:WOTA 自律分散型の水循環型・・・

記事全文

秋田県 水の効率化を図った発電 水力発電用新型水車の実証実験をスタート

秋田県 水力発電用新型水車の実証実験をスタート 水量効率化のため (参照:新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験・・・

記事全文

星野リゾート 「星のや 竹富島」で飲料水の自給をスタート

星野リゾート 「星のや 竹富島」で海水淡水化装置を利用した飲料水自給をスタート (参照:(株)星野リゾート 「星のや」ブ・・・

記事全文

西宮市 「給水スポット」設置へ 市役所本庁舎や公民館から

西宮市 「給水スポット」を市役所本庁舎や公民館に設置 プラ製品削減へ (参照:「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR