多摩川の水質改善は順調 多摩川のアユ遡上196万尾、昨年の4倍以上に

[ 2010/08/28 ]


2010年3月~6月の最新の調査によると、多摩川のアユ遡上数が昨年の4倍以上になったことが分かった。
多摩川は、山梨県を水源とし、東京都と神奈川県の境を流れる首都圏の一級河川だ。東京都神奈川の境界線でもある。この多摩川の水質改善が順調なことを証明する調査データが入ってきた。多摩川を遡上(そじょう)するアユが、2006年(平成18年)の調査開始以来最高の約196万尾に上ったという。

国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所が行った多摩川の調布取水堰(ぜき)におけるアユ遡上調査によると、その数は196万尾。これは、昨年の4倍以上の数字となる。その原因は「水質の改善」、「産卵時期の気候条件が良かった」ことが理由ではないかと専門家はみている。

調査は、関東地方整備局京浜河川事務所が東京都大田区の調布取水堰で、アユの遡上のピークとなる3月23日~6月13日に行った。2006年(平成18年)の調査は約90万尾、2007年は約140万尾で増加、2008年(平成20年)は約80万尾で激減、2009年(平成21年)は更に約47万尾と年々、減少傾向にあった。

このアユの遡上数の急増については、産卵時期の気象条件がよかったことが上げられる。昨年秋は、雨が多く、川の流れが淀まなかったため、アユが卵を産み付ける砂利が汚れなかったことが、産卵を促したのではという。2007年(平成19年)以降、多摩川のすべての観測地点で、水質の改善がみられることも大きい。観測地点では生物化学的酸素要求量(BOD)が環境基準値内となり、水質が改善も要因としてあげられている。



関連する記事

アーカイブス

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム「再開発ストックヤード見学会」を実施

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム再開発ストックヤード見学会、堆砂対策施設公開 (参照:(株)日立製作所 ダム放流計画の・・・

記事全文

東京大学ほか 海中ロボットによる海氷裏面の全自動計測に成功

東京大学ほか 自立型海中開発 海氷裏面の全自動計測に成功 南極海への調査に (参照:理研 水表面における「フェノール」の・・・

記事全文

熊本 球磨川の治水対策の新ダムが「重力式」になる見通し

熊本 球磨川の治水対策の新ダムが「重力式」になる見通し 「アーチ式」から変更か (参照:長野県 千曲川の治水対策として川・・・

記事全文

(株)ビッグカメラ 宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す

(株)ビッグカメラ 富士山地下水で宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す (参照:星野リゾート 「星のや 竹富島」・・・

記事全文

長野県 千曲川の治水対策として川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す

長野県 千曲川緊急治水対策、川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す (参照:ALSOK 相模川でドローンを・・・

記事全文

(株)らしゅえっと 高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売

(株)らしゅえっと 合成添加物不使用の高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売 (参照:アイリスオーヤマ(株) 飲料水事・・・

記事全文

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功 5万倍の速さ (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用が・・・

記事全文

ALSOK 相模川でドローンを使った実証実験 AI判定や河川維持管理など

ALSOK 相模川でドローンを使った河川維持管理の実証実験 災害時の巡視や環境変化の解析など (参照:東京大学やNECネ・・・

記事全文

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」で大型の排水施設の出土を発表

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」東方官衙地区 大型の排水施設が出土 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所・・・

記事全文

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR