20代半数が「節水せず」と回答 三大都市圏調査 -若い世代ほど節水意識が低い-

[ 2010/09/02 ]


2010年7月31日、食品メーカー「ミツカン」の水に関わる生活意識調査 水道水の評価とイメージ =東京・大阪・中京圏=」の調査結果を発表した。その調査の結果、三大都市圏に住む20代の約半数は家庭で節水しておらず、若い世代ほど節水意識が低いことが分かった。


ミツカン 水に関わる生活意識調査 水道水の評価とイメージ =東京・大阪・中京圏=



調査は2010年6月、東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)、中京圏(岐阜、愛知、三重)、大阪圏(京都、大阪、兵庫)の20代から60代の男女を対象にインターネットで実施。1500人から回答を得た。

家庭での水の使い方の調査結果では、「節水していない」と回答した人の割合は20代が50.3%で最高。30代が41.7・%。40~60代は32・0~34・7%と、いずれも平均の38・2%を下回った。30代以下で「節水している(「多少節水」+「かなり節水」)」がつまり、節水を意識している人たちが、減少することが見て取れる。若い世代ほど、「湯水のように使う」ということわざに忠実のようだ。

地震などが起きた場合の飲料水(保存水)を準備について全体の46.3%が「何もしていない」と答えている。災害に対する危機意識が必ずしも高くない現状も浮かんだ。この調査は、「インターネット利用者」ということで、情報リテラシーにおいてフィルターのかかる調査である。災害時の飲料水準備に関しては、8月30日にお伝えした 震災対策に関する調査結果」で、食料とあわせても38.8%にしかならないという調査結果もある。つまり、60%以上が準備をしていないのだ。むしろ、この調査では高めに出ている可能性もあるだろう。

一方、節水方法(複数回答)は「歯磨き中に水を出しっぱなしにしない」が75.7%で最多。続いて、「シャワーの水はこまめに止める」(55.5%)、「風呂の湯を洗濯や掃除に使い回す」(54.2%)などであった。


関連する記事

アーカイブス

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム「再開発ストックヤード見学会」を実施

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム再開発ストックヤード見学会、堆砂対策施設公開 (参照:(株)日立製作所 ダム放流計画の・・・

記事全文

東京大学ほか 海中ロボットによる海氷裏面の全自動計測に成功

東京大学ほか 自立型海中開発 海氷裏面の全自動計測に成功 南極海への調査に (参照:理研 水表面における「フェノール」の・・・

記事全文

熊本 球磨川の治水対策の新ダムが「重力式」になる見通し

熊本 球磨川の治水対策の新ダムが「重力式」になる見通し 「アーチ式」から変更か (参照:長野県 千曲川の治水対策として川・・・

記事全文

(株)ビッグカメラ 宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す

(株)ビッグカメラ 富士山地下水で宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す (参照:星野リゾート 「星のや 竹富島」・・・

記事全文

長野県 千曲川の治水対策として川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す

長野県 千曲川緊急治水対策、川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す (参照:ALSOK 相模川でドローンを・・・

記事全文

(株)らしゅえっと 高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売

(株)らしゅえっと 合成添加物不使用の高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売 (参照:アイリスオーヤマ(株) 飲料水事・・・

記事全文

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功 5万倍の速さ (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用が・・・

記事全文

ALSOK 相模川でドローンを使った実証実験 AI判定や河川維持管理など

ALSOK 相模川でドローンを使った河川維持管理の実証実験 災害時の巡視や環境変化の解析など (参照:東京大学やNECネ・・・

記事全文

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」で大型の排水施設の出土を発表

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」東方官衙地区 大型の排水施設が出土 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所・・・

記事全文

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR