東京水道サービス、自治体から水道管漏水検査など受託

[ 2010/09/12 ]


2010年9月下旬から、東京都の第三セクター、東京水道サービス水道管漏水調査業務について、他の自治体からの受託に乗り出す。受託業務の内容は、「独自開発の漏水発見器貸出」、「技術者派遣」となる。この受託業務の目的は、他地域の水道経営改善支援、自社収益の拡大だ。

東京水道サービスによると、自治体範囲を超え、漏水調査などを委託することは、珍しいという。

今回の委託業務の目玉である、小型の漏水発見器は東芝などと共同で開発したものだ。水道使用量の調査員に携帯させることで、 周辺20メートル程度の漏水の可能性のある場所を検出することが可能。漏水の可能性があれば、技術者3~5人により漏水している場所を見つける。

都市部では戸別訪問で了承を得るなど、過去の手法による調査が困難となってきており、漏水の発見が難しくなっている。

東京水道サービスの方式であれば、「水道使用量検査」と、「漏水有無」を同時に調べることが可能。専門技術者は漏水の可能性があった場合のみ派遣すればよい。同社によると、この方法は従来に比べ、半分程度の費用で漏水調査ができるという。

東京水道サービスは既に、埼玉県春日部市群馬県高崎市から漏水調査を一括受注。千葉県流山市からは、水道の水質や水量の調査を受注。今後は更に他の自治体へとサービスを拡大する方針だ。

今後、全国の自治体において、経験を持つ技術者が大量に退職することも、東京水道サービスの事業には追い風となる。

同社が他自治体への営業に乗り出す背景には、東京都の水道の漏水率が3%という世界でもトップレベルの数字を支える高い技術力の存在もある。


関連する記事

アーカイブス

(株)ビッグカメラ 宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す

(株)ビッグカメラ 富士山地下水で宅配水事業へ参入発表 2022年稼働を目指す (参照:星野リゾート 「星のや 竹富島」・・・

記事全文

長野県 千曲川の治水対策として川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す

長野県 千曲川緊急治水対策、川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す (参照:ALSOK 相模川でドローンを・・・

記事全文

(株)らしゅえっと 高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売

(株)らしゅえっと 合成添加物不使用の高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売 (参照:アイリスオーヤマ(株) 飲料水事・・・

記事全文

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功 5万倍の速さ (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用が・・・

記事全文

ALSOK 相模川でドローンを使った実証実験 AI判定や河川維持管理など

ALSOK 相模川でドローンを使った河川維持管理の実証実験 災害時の巡視や環境変化の解析など (参照:東京大学やNECネ・・・

記事全文

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」で大型の排水施設の出土を発表

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」東方官衙地区 大型の排水施設が出土 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所・・・

記事全文

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

WOTA(株) 環境省創設「環境スタートアップ事業構想賞」受賞

WOTA(株) 第1回環境スタートアップ大賞「環境スタートアップ事業構想賞」受賞 (参照:WOTA 自律分散型の水循環型・・・

記事全文

秋田県 水の効率化を図った発電 水力発電用新型水車の実証実験をスタート

秋田県 水力発電用新型水車の実証実験をスタート 水量効率化のため (参照:新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験・・・

記事全文

星野リゾート 「星のや 竹富島」で飲料水の自給をスタート

星野リゾート 「星のや 竹富島」で海水淡水化装置を利用した飲料水自給をスタート (参照:(株)星野リゾート 「星のや」ブ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR