全国で水道管の老朽化が進む 全体の6.2%が耐用年数超え

[ 2010/05/12 ]


日本水道協会の調査で、全国の上下水道管の老朽化が進み総延長の6.2%にあたる約38000キロが既に40年の法定耐用年数を過ぎていることが判明した。厚生労働省によると、被害が100世帯以上に上った大規模な漏水事故は埼玉県加須市や宮城県岩沼市など、2008年度までの過去3年間で年20回弱と目立ち始めている。

上下水道が本格的に整備されたのは1970年代。今後一斉に更新をせまられるが、低成長や人口減などによる水需要の低迷で、地方自治体の水道事業経営は苦戦をしいられている。現在、水道管の更新は年間で総延長の約1%しか進んでいない状況。10年後に2割、20年後には4割の水道管が耐用年数を過ぎたまま使われると見られ問題は深刻だ。

水は災害時のライフラインとして非常に重要な役割を担うため、厚生労働省は一定の条件化で最大半分までの費用を国が負担するとしているものの、財政は前年度と同水準をキープするだけでギリギリの状況。事業のスリム化を推進すると共に住民も何らかの負担をしていかなくてはならないという意識が必要になりそうだ。


関連する記事

アーカイブス

「From AQUA」 業務用商品「From AQUA リターナブル瓶」2021年4月発売開始

「From AQUA」 「From AQUA リターナブル瓶」発売開始 ホテルや飲食店向け[ 2021/06/14 ]

記事全文

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 6月22日~7月7日まで 

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 東京都昭島市にて[ 2021/06/12 ]

記事全文

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認 治水効果の検証必須[ 2021/06/10 ]

記事全文

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を仲介しフードバンク団体へ寄付 

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を福島県のフードバンク団体へ寄付[ 2021/06/08 ]

記事全文

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船1隻にマイクロプラスチック回収装置を搭載

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船にマイクロプラスチック回収装置搭載 5隻目[ 2021/06/01 ]

記事全文

サントリーホールディングス(株) 水育「出張授業」オンラインでも 参加校募集始まる

サントリーホールディングス(株) 「出張授業」参加校募集始まる オンライン授業導入[ 2021/05/30 ]

記事全文

アンヴァール(株) 海水由来の水酸化マグネシウムの量産に向けた体制を強化へ

アンヴァール(株) 海水を利用した水酸化マグネシウムを量産へ 2021年度内に構築[ 2021/05/26 ]

記事全文

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 大賞は生駒市

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 生駒市が大賞を受賞 (参照:西・・・

記事全文

栗田工業㈱ AIで水処理効率化の新手法 米スタートアップ企業と共同開発

栗田工業㈱ AIで水処理効率化の新手法開発 米スタートアップ企業と共同で (参照:理研 水表面における「フェノール」の光・・・

記事全文

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム「再開発ストックヤード見学会」を実施

三峰川総合開発工事事務所 美和ダム再開発ストックヤード見学会、堆砂対策施設公開 (参照:(株)日立製作所 ダム放流計画の・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR