ビヨンセがユニセフ(国連児童基金)とパートナーシップを組み、アフリカ、ブルンジに安全できれいな水を提供。

[ 2017/07/13 ]


米国出身の世界的歌手、ビヨンセがユニセフと組んでアフリカ、ブルンジに安全な水と衛生環境を提供した。
(参照:イオンワンパーセントクラブ ミャンマーとカンボジアの水事情改善へ25,536,584円の募金を贈呈


image from africanewsのウェブサイト

米国出身で世界的なポップシンガーであるビヨンセは、ユニセフ(国連児童基金)とのパートナーシップの元、アフリカのブルンジの子供達のために安全できれいな水を提供するプロジェクトを開始した。「BEYGOOD4BURUNGI(ビーグッドフォーブルンジ)」と呼ばれるこのプロジェクトは、特に飲料水の環境整備が脆弱と言われる東アフリカの内陸国ブルンジに暮らす人々のため、井戸を建設し、衛生教育を与え、飲料水と衛生設備を与えようというものだ。

ブルンジに暮らす5人に2人は、きれいな水を手に入れることが出来ない状況だという。水や衛生環境に起因する病気が、子供達も含め人々の死因につながっている。ブルンジが直面している水不足は、そのまま子供達の健康の危機ともつながる。ユニセフによると、12人に1人の子供達が5歳になる前に亡くなっている。

ビヨンセは「安全な水へのアクセスは、基本的な人権。子供達にきれいで安全な水を提供することは、彼らの命を守るだけではなく、健康と教育、そして明るい未来を提供することにつながる」とコメントしている。

現在ブルンジの200万人以上の人々が、井戸を探し、水を汲むために長い道のりを歩き、子供達は学校に行く機会を無くし、特に女の子がその仕事を強いられ、その道のりで危険にさらされているという。

米国ユニセフのキャリル・スターン会長は「このユニークなパートナーシップは、ブルンジや他の世界の子供達にきれいな水を提供するために、ユニセフの長年に渡る専門性と、社会変革を引き起こすことの出来るエンターテイメント業界の影響力の融合が形になったものだ。」とコメントした。


関連する記事

アーカイブス

長野県 千曲川の治水対策として川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す

長野県 千曲川緊急治水対策、川幅拡張に着手 2027年度プロジェクト完成を目指す (参照:ALSOK 相模川でドローンを・・・

記事全文

(株)らしゅえっと 高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売

(株)らしゅえっと 合成添加物不使用の高機能酸化水使用のマウスウォッシュを発売 (参照:アイリスオーヤマ(株) 飲料水事・・・

記事全文

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功

理研 水表面における「フェノール」の光化学反応の直接観察に成功 5万倍の速さ (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用が・・・

記事全文

ALSOK 相模川でドローンを使った実証実験 AI判定や河川維持管理など

ALSOK 相模川でドローンを使った河川維持管理の実証実験 災害時の巡視や環境変化の解析など (参照:東京大学やNECネ・・・

記事全文

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」で大型の排水施設の出土を発表

奈良文化財研究所 世界遺産「平城京跡」東方官衙地区 大型の排水施設が出土 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所・・・

記事全文

アイリスオーヤマ 人気商品「リンサークリーナー」の新型を発売 水の連続噴射が可能に

アイリスオーヤマ(株) 新型リンサークリーナー発売 水の連続噴射が可能に (参照:株式会社Gloture スマホで管理で・・・

記事全文

WOTA(株) 環境省創設「環境スタートアップ事業構想賞」受賞

WOTA(株) 第1回環境スタートアップ大賞「環境スタートアップ事業構想賞」受賞 (参照:WOTA 自律分散型の水循環型・・・

記事全文

秋田県 水の効率化を図った発電 水力発電用新型水車の実証実験をスタート

秋田県 水力発電用新型水車の実証実験をスタート 水量効率化のため (参照:新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験・・・

記事全文

星野リゾート 「星のや 竹富島」で飲料水の自給をスタート

星野リゾート 「星のや 竹富島」で海水淡水化装置を利用した飲料水自給をスタート (参照:(株)星野リゾート 「星のや」ブ・・・

記事全文

西宮市 「給水スポット」設置へ 市役所本庁舎や公民館から

西宮市 「給水スポット」を市役所本庁舎や公民館に設置 プラ製品削減へ (参照:「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR